Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

Iラインのムダ毛処理を後回しにしていませんか?
普段は気にならないIラインですが、いざというときに彼氏からは丸見えの部分です。

Iラインの自己処理は難しく黒ずみを悪化させてしまうため、脱毛がオススメです。
とはいえ、Iライン脱毛の痛みや恥ずかしさなどに不安を感じてしまう女性は多いでしょう。

そこで今回は、Iライン脱毛について徹底解説します。

「範囲はどこまで?」
「濡れたらどうしよう…」

という疑問をひとつずつ解消していきましょう。

Iラインを脱毛したほうがよい理由


Iラインはデリケートな部分のため、自己処理を繰り返すと黒ずみや肌トラブルをまねきやすく、プロによる脱毛がオススメです。
まずは、Iライン脱毛がよい理由を紹介します。

Iライン脱毛のメリット

Iライン脱毛のメリットは、「見た目」と「衛生面」の2つに分けられます。

ムダ毛がはみ出さなくなる

Iライン脱毛はショーツからムダ毛がはみ出さなくなるメリットがあります。
ムダ毛を気にせず、好きな水着やショーツを選べるため、お洒落のためにIライン脱毛をする女性は多いのです。

また、いざという時にパートナーからIラインを見られても恥ずかしくないメリットがあります。
Iライン部分のムダ毛に「萎えてしまう」という男性意見は多いのです。
自己処理は黒ずみをまねいてしまうため、脱毛してしまうのがオススメというわけです。

衛生的でかゆみや臭いを軽減できる

Iライン脱毛をすると蒸れにくくなり、デリケートゾーンを衛生的に保てるメリットがあります。
ムダ毛がなくなり陰部の通気性がよくなるため、蒸れやかぶれによるかゆみを軽減できます。

蒸れやすい環境は雑菌を繁殖させやすいため、臭いトラブルをまねきます。
また、ムダ毛におりものや経血、汗などが付着して臭いが強まるケースがあります。

Iラインを清潔に保てるため、「生理が楽になった」という女性は多いのです。
経血がムダ毛についたり、ナプキンで蒸れる不快感が減るため、快適に過ごせるというわけです。

そのほかに、Iライン脱毛で雑菌の繁殖しやすい環境が改善されるため、膀胱炎や細菌性の炎症を予防できるメリットがあります。

Iライン脱毛すると感度が良くなる?

Iライン脱毛をして「感じやすくなった」「濡れやすくなった」という意見があります。
ムダ毛がなくなるため、肌に触れる刺激を感じやすくなるためです。

ショーツの擦れで濡れてしまい困るという意見があるものの、肌にやさしい素材の下着で軽減できます。
感度が良くなり、パートナーとのスキンシップが深まるという女性は多くいます。

大半の男性がIライン脱毛に賛成!

男性の多くは「Iラインのムダ毛は不要」と考えています。
いざという時に、Iラインのムダ毛が未処理の状態で「萎えてしまう」と感じてしまうためです。

Iラインにムダ毛があるために「臭いがきつい」と感じられるケースがあります。
見た目的にもキレイとは言えないため、盛り上がっていた気持ちが冷めてしまうように感じられるのでしょう。

Iライン脱毛を嫌がる男性もいる?

いっぽう、なかにはデリケートゾーンのムダ毛を処理している女性を嫌がる男性がいます。
とくにVラインが人工的に整えられていると「遊んでいそう」「夜の仕事をしていそう」とネガティブにとらえてしまう男性は少なくありません。

とはいえ、IラインはVラインのように脱毛で形を整えたり、明らかにデザインをする部分ではないため、嫌がる男性は少数といえます。
どうしても反応が気になる場合は、事前にパートナーの男性と相談してみるとよいでしょう。

Iラインの脱毛にデメリットはナシ!?


基本的にIラインを脱毛をするデメリットはありません。
Iラインのムダ毛は蒸れや臭いトラブルをまねく原因のため、なくしてしまったほうがよいためです。
自己処理は黒ずみや皮膚を傷つける恐れがあるため、オススメできません。

Iラインの見た目をよくしたり、衛生的に保つためには脱毛がオススメと言えます。

とはいえ、Iライン脱毛で「後悔した」「失敗した」と感じるケースがあります。
Iライン脱毛で後悔しないために、考えられるデメリットをみておきましょう。

VIOの形がおかしくなった

Iライン部分のムダ毛はV・Oラインと連続しているため、一部だけ脱毛をして「不自然になった」と後悔するケースがあります。
境目がはっきりと分かれてしまったり、割れ目が見えるほど下はツルツルなのにトライアングルは剛毛…というアンバランスな見た目に「失敗した」と恥ずかしくなる女性がいます。

VIO脱毛セットメニューで形を整える

Iラインにムダ毛を残したくない場合は、VIO脱毛をセットでおこないましょう。
事前カウンセリングで「境目が不自然にならないように脱毛したい」とリクエストできるものの、一部だけの脱毛に違和感を覚える女性は多いのです。

後悔してから単体で追加契約をすると料金が高くなるため、初めからお得に設定されているVIO脱毛セットメニューを検討してみてください。

痛すぎて施術が怖くなった

Iライン脱毛は痛みを感じやすいため、施術が怖くなってしまう女性がいます。
デリケートゾーンは皮膚が薄く敏感なため、他の部位に比べて痛みが強いのです。

効果が高い脱毛器ほど強い痛みを伴います。
不安なひとは効果よりも痛みの少なさを重視してIライン脱毛を選びましょう。

Iライン脱毛の痛みは軽減できる

Iライン脱毛の痛みが強い場合は、施術中に脱毛器の出力を下げて和らげられます。
また、なかには「痛みの少ない施術」を売りにしているサロンがあるため、なるべく痛みをおさえてIラインを脱毛する方法はいくらでもあります。

出力の高い医療レーザーを使用するクリニックの脱毛は、サロンにくらべて激しい痛みが伴うものの麻酔が使用できます。
ひたすら痛みに耐えて施術を受けなければいけないわけではないので、痛み対策を柔軟に取り入れてみるとよいでしょう。

Iライン脱毛の範囲はアソコの割れ目部分

Iラインの脱毛範囲が「どこまで?」と気になる女性は多いでしょう。

ずばり、Iライン脱毛の範囲はアソコの割れ目部分です。
陰部の両サイドで、ショーツにおさまる範囲が一般的です。

おもに大陰唇と呼ばれる粘膜部分より外側のIライン全体を脱毛します。
アソコの割れ目周辺からOラインにかけてが、Iライン脱毛の範囲というわけです。

粘膜部分はほぼ照射できない

基本的に、Iラインの粘膜部分は脱毛できません。
粘膜部分は非常にデリケートなため、照射による火傷やトラブルを未然に防ぐためです。

ほとんどのサロンは、脱毛範囲を「粘膜部分を除いたIライン全体」としています。

クリニックは粘膜部分まで脱毛できる?

粘膜ギリギリまでIライン脱毛をしたい場合は、クリニックがオススメです。
クリニックの脱毛は医療行為にあたるため、安全に配慮しながら粘膜近くまでしっかり施術できます。

とはいえ、粘膜部分まで施術できるクリニックはごく一部です。
基本は「粘膜部分の照射はできない」と考えておきましょう。
効果的に粘膜近くまで脱毛したいひとは、クリニックの施術を検討してみてください。

サロンで粘膜部分を脱毛できる?

ごく一部ですが、粘膜部分に含まれる小陰唇まで照射できる脱毛サロンがあります。
とはいえ、トラブルを起こさないために出力が低く設定されており、効果が感じづらくなります。

出力が低いため、痛みを少なく脱毛できますが、時間がかかるデメリットがあります。
痛みを少なく粘膜近くまで脱毛したいひとはサロンの施術を検討してみてください。

Iライン脱毛は恥ずかしい?


Iライン脱毛に恥ずかしさを感じてしまう女性は多いものです。
確かにIラインを見られる恥ずかしさはあるものの、実際に脱毛してみると

「思ったほど恥ずかしくなかった」
「慣れてしまった」

と感じる女性がほとんどです。

また、施術スタッフは脱毛のプロです。
女性の恥ずかしさや不安を理解しているので、気持ちに配慮して施術がおこなわれます。
「スタッフがどう思っているのか?」と気にしたり、恥ずかしく思う必要はないわけです。

施術時の格好・体勢は?

Iライン脱毛は、施術前に専用の紙ショーツに着替えます。
施術前は紙ショーツの上からガウンタオルを巻いた状態です。

照射するときは、ガウンと紙ショーツを脱ぎます。
施術時間は10分程度なので、紙ショーツを脱いでる時間はわずかです。

片足ずつ開き、横に倒した状態で照射を行うため、Iラインが丸見えになる体勢はとりません。
サロンやクリニックによって多少の違いはあるものの、「紙ショーツを脱いで片側ずつ照射する」が基本です。

おりもので濡れる?

施術中におりもので濡れてしまう女性は多いものです。
たとえ濡れてしまっても生理現象なので、スタッフは気にしていません。

そもそも施術時はジェルを使用しているため、おりものに気づかれないケースがほとんどです。
また、衛生面に配慮してスタッフはゴム手袋を着用しているため、濡れてもバレる心配はないでしょう。

施術で感じる?

Iラインに触れられるため、「感じてしまったらどうしよう」と心配になるかもしれません。
実際にIライン脱毛をしてみると「緊張や痛みで感じる余裕がなかった」という女性がほとんどです。

Iラインの脱毛は少なからず痛みがあるため、「感じてしまう」という不安は取り越し苦労で終わるひとが多いでしょう。

臭いが気になる?

スタッフはマスクを着用しているので、「臭かったらどうしよう」と気にし過ぎる必要はないでしょう。
そもそも、デリケートゾーンが無臭のひとはいません
Iラインのにおいは少なからず誰にでもあるものです。

スタッフが気にしていないとはいえ、どうしても臭いが気になる場合は事前にウェットティッシュで拭っておくなどケアしておきましょう。

オススメのIライン脱毛はサロン?クリニック?


Iライン脱毛をするうえで、サロンとクリニックはそれぞれにメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
サロン
  • 料金が安い
  • 痛くない
  • 効果が低い
  • 完了が遅い
クリニック
  • 効果が高い
  • 完了が早い
  • 料金が高い
  • 痛みが強い

「痛みが不安」「料金をおさえたい」ひとは、サロンがオススメです。
いっぽうで、「効果重視」「早くIライン脱毛を完了させたい」ひとは、クリニックがオススメです。

Iライン脱毛の痛みはどれくらい?

Iライン脱毛は、他の部位に比べて痛みが強くなります。
とはいえ、サロンの場合は「ほとんど痛みの心配がない」「我慢できる程度」と言われています。

サロン脱毛の痛み 輪ゴムで軽く弾かれる程度
クリニック脱毛の痛み 衝撃的・強い痛み

クリニックの医療レーザーは激しい痛みがあります。
痛みが不安なひとは、サロンでのIライン脱毛がオススメでしょう。

とはいえ、クリニックの脱毛は麻酔で痛みに対処できます。
別途料金が発生するものの、医療レーザーの痛みを和らげられます。

また、サロン・クリニックともに回数を重ねるごとに毛が薄くなるため、痛みが少なくなっていきます。
脱毛はムダ毛に反応するため、徐々に痛みが減っていくわけです。

Iライン脱毛に必要な回数・期間は?

Iライン脱毛に必要な回数・期間はサロンとクリニックで異なります。

回数 期間
サロン 12~18回 2年~3年
クリニック 5~8回 1年~2年

クリニックの回数・期間は、サロンとくらべておよそ半分です。

基本的に照射頻度は2~3ヵ月に1回です。
サロンは2ヶ月に1回のペースで施術をおこないます。
クリニックの場合は1度の出力が高いため、肌をしっかり休めるために3ヶ月に1回ペースの施術が多くなります。

Iライン脱毛がオススメのサロン

料金や痛みをおさえてIライン脱毛をしたい場合は、サロンがオススメです。
とくにコスパ面が良く、痛みが少ないオススメのサロンを紹介します。

ミュゼのIライン脱毛は最安値で痛くない


「とにかく安くIライン脱毛をしたい」
「とにかく痛くないIライン脱毛がしたい」

そんなひとにオススメしたいのが、ミュゼプラチナムです。
ミュゼの脱毛器はS.S.C方式と呼ばれ、とくに痛みを感じづらいメリットがあります。

Iライン脱毛(8回) レギュラープラン 36,000円 → アプリDL18,000円
デイプラン 30,000円 → アプリDL15,000円
VIO脱毛セット(4回) レギュラープラン 72,000円 → アプリDL36,000円
デイプラン 60,000円 → アプリDL30,000円

ミュゼは好きな時に予約ができるレギュラープランと、平日12時~18時の間で予約ができるデイプランの2つがあります。
初めての契約で公式アプリをDLするとコース料金が半額になるため、業界最安値でIライン脱毛できます。

また12,000円以上の契約をすると回数無制限で「両ワキ」「Vライン」を脱毛できる美容脱毛完了コースが無料プレゼントされます。

ミュゼは300円でお試し体験できる!

ミュゼは毎回お得な料金で脱毛が試せるキャンペーンを実施しています。

2017年8月のキャンペーンでは、300円で好きな2ヵ所を選んで脱毛できます。
また、両ワキとVラインは脱毛し放題コースがついてくるため、実質300円で好きなだけ脱毛できるわけです。

脱毛自体が初めてで、効果や痛みを試してみたいひとはミュゼのキャンペーンを活用してみてください。

ミュゼプラチナム公式サイト

銀座カラーは脱毛し放題がおトク!

銀座カラーは「脱毛し放題」がお得なサロンです。
サロンの脱毛は完了までに回数が必要なため、初めから脱毛し放題メニューを選択しておくと追加の料金が気にならないメリットがあります。

Iライン脱毛(回数無制限) スペシャルキャンペーン 25,192円
通常価格 37,600円
VIO脱毛セット(回数無制限) スペシャルキャンペーン 151,152円(月額5,200円)
通常価格 225,600円(月額7,200円)

銀座カラーは年間最大6回通えるスペシャルキャンペーンと、年間最大8回通える通常価格の2つに分かれています。

年間に通える回数が2回多い通常価格プランのほうが早く脱毛を完了できますが、回数に違いがあるわけではないのでスペシャルキャンペーンがお得です。

銀座カラー公式サイト

Iライン脱毛がオススメのクリニック

少しでも早くIライン脱毛を完了させたいひとや、粘膜ギリギリまで脱毛したいひとはクリニックがオススメです。
「効果が高い」「粘膜ギリギリまで照射OK」のクリニックを紹介します。

【粘膜もOK】アリシアはレーザー治療が脱毛し放題!

アリシアは「効果が高い」「粘膜照射がOK」のクリニックです。

料金設定がリーズナブルで、医療レーザーが脱毛し放題というメリットがあります。

5回 8回 脱毛し放題
Iライン脱毛 ビューティ 27,500円 39,600円 52,800円
スムース 41,250円 59,400円 79,200円
VIO脱毛セット ビューティ 61,900円 92,880円 118,800円
スムース 85,900円 123,760円 165,000円

アリシアはヘアをキレイに整えることを目的とした「ビューティ」と、ツルツルの状態になるのを目的とした「スムース」でコースが分かれています。

スムースは粘膜部分まで脱毛できるため、「ムダ毛を残したくない!」「徹底的に脱毛したい!」ひとにオススメです。

また、アリシアは医療レーザーのなかでも痛みを感じづらい「ライトシェアデュエット」というマシーンを導入しています。

無料でテスト照射を行っているため、「痛みが心配だけど医療レーザーを試してみたい!」というひとにオススメでしょう。

アリシアクリニック公式サイト

湘南美容外科は医療脱毛が最安値で受けられる

湘南美容外科

湘南美容外科はリーズナブルな価格で医療脱毛ができるクリニックです。

部位や肌質に合わせて3種類の脱毛マシーンを選べるため、安全性に配慮して効果の高い施術をおこなえます。

Iライン脱毛 1回 6,070円
6回 28,750円
9回 39,280円
VIO脱毛セット 1回 14,580円
6回 60,750円
9回 82,620円

湘南美容外科はパック契約をしなくても1回から脱毛できるメリットがあります。

無駄なく必要な回数だけでIライン脱毛を完了できるので、クリニックのなかでとくにコスパが優れているというわけです。

湘南美容外科公式サイト

自宅でIライン脱毛できる?

サロンやクリニックでの施術に抵抗があり、「セルフでIライン脱毛したい!」と考える女性がいるでしょう。

たしかに、自宅でIライン脱毛をする方法はあります。
とはいえIラインは自分での処理が難しいため、プロによる脱毛にくらべて肌トラブルのリスクが高くなります。

トラブルを避けて、セルフで満足のいくIライン脱毛をするためには、自己責任で細心の注意をはらっておこなうようにしましょう。

オススメのセルフ脱毛は家庭用脱毛器

自宅で脱毛する場合は、家庭用脱毛器がオススメです。
サロンと同等の脱毛効果があるため、Iラインのムダ毛をキレイに処理できます。

いっぽうで、ほとんどのメーカーはIラインへの照射を推奨していません。
間違って粘膜部分に照射してしまったり、トラブルにつながりかねないためです。

とはいえ、Iラインはひとに施術されるのが恥ずかしい部分なので、家庭用脱毛器で処理したいと考える女性は多いものです。
安全面に十分配慮して使用することで、サロンと同じ仕上がりが期待できるでしょう。

家庭用脱毛器はケノンがオススメ!

ケノンは家庭用脱毛器のなかで、とくに人気の商品です。
サロンと同様の光脱毛ができます。

ケノンは出力を10段階で切り替えられるため、痛みに合わせて調節できるメリットがあります。

照射面積やフラッシュの強さが違う4種類のカートリッジを使い分けることで、Iラインに限らず全身の部位を細やかに脱毛できます。

ただしデリケートな部分のため、メーカーはIラインへの使用を推奨していません。

とはいえ脱毛効果がサロンと同等のため、自己責任でおこなっている人が多いというのが実情です。
自己判断で照射できるもののトラブルを避けるために、粘膜部分へは使わないようにしてください。

ケノンでIラインの黒ずみケアができる!?

ケノンの美顔カートリッジは、エステでおこなわれるフォトフェイシャルと同等の効果があります。
デリケートゾーンの黒ずみケアに使えるため、脱毛と黒ずみケアがケノン1台でおこなえるというわけです。

ケノン公式サイト

ブラジリアンワックスで脱毛できる?

ブラジリアンワックスは、VIO部分のセルフ脱毛として有名な方法です。
とはいえ、サロンやクリニックでおこなう脱毛とは異なり、数週間でムダ毛が生えてきてしまう方法です。

ワックスは皮膚へのダメージが大きすぎる

ブラジリアンワックスはワックス剤で毛を抜き取るため、即効で脱毛できるうえに仕上がりが美しいメリットがあります。
いっぽうで、ワックスを使ったセルフ脱毛は無理にムダ毛を引き抜くため痛みが強く、肌ダメージが残る方法です。

痛みが苦手なひとや肌が弱いひとは、ブラジリアンワックスをオススメできません。

ブラジリアンワックスは緊急用の処理方法と考える

ブラジリアンワックスは2~3週間ほどで毛が伸びてきます。
自己処理にくらべるとツルツルの期間が長いものの、繰り返すほど肌へのダメージを蓄積させてしまいます。

ブラジリアンワックスによるIラインのムダ毛処理は頻繁におこなうのではなく、緊急用の方法として考えておくとよいでしょう。

Iラインに除毛クリームの使用は危険

脱毛クリームや除毛クリームによるIラインの自己処理は火傷のような炎症をおこす恐れがあり大変危険です。
薬でムダ毛を溶かす方法のため、デリケートゾーンへの刺激が強すぎるためです。

アルカリ性の成分は皮膚への刺激が強く、デリケートゾーンを清潔に保つはたらきをする善玉菌まで弱めてしまいます。
皮膚トラブルに限らず、カンジダ膣炎といった病気を発症させる原因のため、除毛クリームは使わないようにしましょう。

Iラインの自己処理は危険!

Iライン部分の自己処理は、皮膚を傷つけるリスクや黒ずみを悪化させる恐れがあるため控えるようにしましょう。
女性器に近くデリケートなため、自己処理でトラブルをおこしやすいのです。

出血の恐れがあるカミソリや、毛穴を炎症させて細菌を侵入させてしまう恐れのある毛抜き処理はおこなわないでください。
Iラインのムダ毛が気になる場合は、セルフ脱毛をおこなうか、プロにお任せするようにしましょう。

Iライン脱毛の事前処理方法


Iラインの自己処理は危険であるものの、Iライン脱毛は事前処理が必要です。

施術前にあらかじめムダ毛を処理しておかなければならないため、肌への負担をおさえた方法で自己処理しておきます。

事前処理はハサミと電気シェーバーでおこなう

じぶんで事前処理をおこなう場合は、ハサミと電気シェーバーを使いましょう。

ハサミでムダ毛を短くカットしてから、電気シェーバーで剃っていきます。
電気シェーバーは皮膚を傷つける心配がなく、肌への負担が少ないため事前処理方法としてオススメです。

直接見づらいときは鏡を使って剃り残しのないように処理してください。

自己処理が不十分で毛が残っているとトラブルを避けるために施術を行ってもらえないケースがあります。

プロにシェービングをお願いする

じぶんでの事前処理が心配だったり、どこまで処理してよいか分からない場合は、シェービングサービスを利用しましょう。
サロンやクリニックによって料金やサービスが異なるものの、シェービング補助を受けてから施術できます。

契約したコースによって無料になるケースや、別途料金が発生するケースがあります。
そもそもシェービングサービスを行っていないサロンやクリニックがあるため、事前にチェックしておきましょう。

Iライン脱毛でよくある疑問


さいごに、Iライン脱毛についてよくある疑問をまとめて解説します。

毛が抜けない?

Iライン脱毛は照射後2週間程度で徐々に毛が抜け始めます。
照射後すぐに毛が抜け始めるわけではないので、全体的に毛が抜けないときはしばらく様子をみてみましょう。

いっぽう、2週間過ぎても毛が抜けない場合や、一部分だけ抜けないときは照射漏れをおこしている可能性があります。
照射漏れの自己判断は難しいため諦めてしまうひとが多いものの、「一部分だけ毛が抜けていない」という状況をスタッフに伝えると再照射をしてもらえるケースがあります。

また、初回の照射時は痛みやトラブルをおさえるため、出力を下げておこないます。
2回目以降は出力を上げるため、効果が出やすくなるでしょう。

黒ずみがあっても大丈夫?

一般的な黒ずみであれば、問題なくIライン脱毛できます。
Iラインは黒ずみやすい部分のため、出力を下げるなどして対応できます。

黒ずみが毛と同じくらいの濃さであるほど酷い場合は、安全面から施術を断られてしまうケースがあります。
カウンセリング時に色見本を参考にしながら施術できるかどうか判断してもらえるので、不安な場合は相談してみるとよいでしょう。

脱毛後にかゆみやチクチクがある?

Iライン脱毛後は伸びてきた毛でチクチクしたり、かゆみを感じるケースがあります。
施術後1週間程度はかゆみを感じやすいため、蒸れないように対策したり、飲酒や運動で体温を上げないようにして過ごしてみてください。

とはいえ、脱毛後にかゆみやチクチクを感じるのは1~3回目の施術までです。
回数を重ねるごとに毛が薄くなっていくため、チクチクやかゆみに悩まされなくなります。

性病があると脱毛できない?

性病がある場合は、Iライン脱毛ができません。
施術を通して感染が拡大する恐れがあるためです。

性病にかかっている期間は体の免疫力が落ちているためトラブルをおこしやすくなっています。
また、性病に限らず服薬中は施術ができません。

性病は放置をすると不妊の原因になるため、治療に専念してください。

妊娠・生理中は脱毛できない?

妊娠中・生理中はIライン脱毛ができません。
ホルモンバランスが乱れやすい時期のため、脱毛によるトラブルを起こしやすくなっています。

妊婦や胎児に悪影響を与える心配はないものの、妊娠中は脱毛の効果が感じづらくなります。
生理中は肌が敏感になるほかに、経血など衛生的な問題があるため施術日を変更するようにしてください。

男性のIラインも脱毛できる?

男性のIライン脱毛をできるサロン・クリニックは限られています。
サロンやクリニックによっては、女性のIライン脱毛しか取り扱っていないためです。

メンズIラインの範囲は、玉や竿部分です。
脱毛サロン・クリニックの施術スタッフは女性がほとんどです。

女性スタッフに施術されるのが恥ずかしい場合は、メンズ専用の脱毛サロン・クリニックがオススメです。

メンズ専用のIライン脱毛はスタッフが全員男性のため、デリケートな悩みを相談しやすいでしょう。
とはいえ、メンズ専用でも女性スタッフが在中しているサロン・クリニックがあるため、事前にチェックしてみてください。

後悔する前にIライン脱毛を完了させよう

Iライン脱毛について解説してきましたが、いかがでしたか?
デリケートゾーンのなかでも、Iラインのムダ毛は衛生面や見た目からなくしたほうがよい部分です。

Iラインの自己処理は難しく、黒ずみを悪化させてしまう前に脱毛してしまうのがオススメです。
セルフでIライン脱毛する場合はトラブルを起こさないように注意してください。

痛みや料金、効果でオススメのIライン脱毛は変わります。
自分のニーズに合わせて、ぴったりのIライン脱毛を検討してみてください。

【12月最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初回無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。 お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。 見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすい …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む

ぶつぶつの原因は脱毛?ぶつぶつ肌の原因と改善方法を解説!

ムダ毛を脱毛したあとに、「肌がぶつぶつになった!」という経験はないでしょうか。 せっかくムダ毛がなくなったのに、肌がブツブツしているとお世辞にもキレイな肌とは言えないですよね。 そこで、脱毛後や自己処理後に起こる肌のぶつ …

続きを読む

妊娠中の脱毛がNGの理由を調査!胎児への影響・リスクは?

サロンやクリニックでの脱毛はムダ毛の自己処理を軽減できて、とても便利です。 しかし、1年~3年程度かけて脱毛する人もいるくらい、時間もかかります。 そのため、女性の中には「もしその間に妊娠してしまったら・・・」という悩み …

続きを読む