【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。
お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。

見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすいOラインは脱毛してしまうメリットが多くあります。
とはいえ、デリケートな部分のOライン脱毛は痛みや恥ずかしさなどが気になりますよね。

今回はOライン脱毛について施術から料金まで徹底解説します。

Oラインの範囲はお尻の穴まわり


Oライン脱毛の範囲は、お尻の穴周辺です。

ふだんは意識をしない部分ですが、じつはOラインにムダ毛のない女性はいません。
お尻まわりは目視ができず、手が届きづらい部分のため、自己処理すらせずにムダ毛を生やしっぱなしの女性は多いのです。

Oラインのムダ毛は不衛生の原因!

お尻の穴周辺にムダ毛があると、排泄物や経血などが付着してしまい不衛生です。
ムダ毛が蒸れをまねいたり、付着したままの汚れが雑菌の繁殖につながってデリケートゾーンのトラブルを起こしやすくなります。

Oラインの自己処理は危険!

Oラインの自己処理はリスクが高いため、オススメできません。
お尻まわりは見えにくく・手が届きづらいため、カミソリなどの自己処理で皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

Oラインは排泄物や蒸れで不衛生になりやすい部分です。
傷口から雑菌が入り込み、トラブルを悪化させやすいデメリットがあるため自己処理は避けてください。

脱毛テープ・除毛クリームはダメージが大きすぎる

Oラインは粘膜部分が近く、とてもデリケートです。
ほかの部位よりもダメージを受けやすいので、刺激の強い脱毛テープや除毛クリームによる自己処理は控えてください。

脱毛テープや除毛クリームの刺激で痛みを感じたり、肌トラブルをおこす恐れがあります。
肌にダメージが蓄積されて、黒ずみを悪化させるケースがあるため行わないようにしましょう。

Oライン脱毛はメリットが盛りだくさん


Oラインのムダ毛処理は、脱毛がオススメです。
不衛生になりやすく、ムダ毛がデリケートゾーンのトラブルにつながってしまうOラインは脱毛のメリットが多い部分です。

まずはOライン脱毛のメリットをチェックしましょう。

陰部のにおい・かゆみトラブルが減る

脱毛はOラインのにおい・かゆみトラブルを軽減します。
Oラインにムダ毛がなくなると、お尻の穴や割れ目周辺を清潔に保てるためです。

お尻周辺にムダ毛があると蒸れや汗で肌がかぶれてしまい、かゆみを感じやすくなります。
ムダ毛に付着した経血やおりもの、排泄物が原因で臭いやすくなるため、Oラインは清潔を維持しづらい部分なのです。
Oライン脱毛でにおい・かゆみトラブルの原因を取り除けるというわけです。

下着から毛がはみ出さなくなる

Oライン脱毛でショーツや水着からムダ毛がはみ出る心配がなくなります。

ムダ毛がなくなるので、露出の多いTバックなど大胆なショーツを履きこなせます。
お洒落の幅が広がり、Oラインの見た目もよくなるため、いざという時に自信がもて「ムダ毛が恥ずかしい」という心配がなくなります。

お手入れが楽になる

脱毛をすると自己処理が必要なくなるため、カミソリで肌を傷つける心配がありません。
ムダ毛がなくなるとOラインの汚れをふき取りやすくなるため、日ごろのお手入れが楽です。

Oラインは衛生面を意識しても経血や排泄物などで清潔が維持しづらい部分です。
脱毛で汚れがムダ毛に付着しなくなるため、簡単なお手入れで衛生面を保てるというわけです。

男性から喜ばれる

Oラインの脱毛は、男性から喜ばれます。
じつは、ほとんどの男性がOラインのムダ毛を気にしています。
女性のOラインにムダ毛があると「萎えてしまう」という男性は多いのです。

男性はOラインのムダ毛に我慢している!?

デリケートな部分のため、「本当は処理してほしいけど伝えられない」という男性は少なくありません。
見た目が不潔に感じられたり、陰部の臭いを女性に指摘できずにいる男性は多いのです。

処理をしない限り、女性のOラインにはムダ毛が生えています。
「何も言ってこないから大丈夫」ではなく、男性はパートナーである女性を大切におもうほど、Oラインのムダ毛を我慢しているかもしれないわけです。

Oライン脱毛のデメリットは痛みと恥ずかしさ


Oラインのムダ毛はなくしてしまうに限りますが、脱毛をためらってしまうデメリットが「痛み」と「恥ずかしさ」です。
とはいえ、Oライン脱毛のデメリットは「脱毛方法の選択」や「慣れ」で克服できるものです。

Oライン脱毛の痛みは軽減できる

デリケートゾーンの脱毛は少なからず痛みがあります。
Oラインは皮膚が薄く敏感なため、他の部位より痛みを感じやすいのです。

とはいえ脱毛の痛みは選択するマシンや出力でおさえられるため、我慢できないほどツライというケースはありません。

サロンのOライン脱毛は痛みが少ない

サロンの脱毛は照射の出力が低いため、そもそも痛みを感じづらくなっています。
痛みがツライときはさらに出力を下げて対応してくれるため、我慢できるの範囲で無理なく施術を続けられます。

クリニックのOライン脱毛は麻酔が使える

サロンの脱毛に比べて照射の出力が高い医療レーザーは、痛みを感じやすくなっています。

とはいえ、クリニックの脱毛は医療行為にあたり、麻酔を使えます。
麻酔の使用で、「医療レーザー脱毛の痛み」は回避できるわけです。

Oライン脱毛の恥ずかしさは数回で慣れる

脱毛のためとはいえ、ほとんどの女性がスタッフにお尻を見られる恥ずかしさを感じています。
しかしOライン脱毛の恥ずかしさは、「初めのうちだけ」です。

回数を重ねるごとに「慣れてしまう」という女性がほとんどで、「脱毛のために」と割り切れます。
Oラインは範囲が狭く、施術の時間も10分程度なので、脱毛を始めてから恥ずかしさで中断するという女性はいません。

体勢は「うつ伏せ」か「四つん這い」

Oライン脱毛の体勢は「うつ伏せ」か「四つん這い」でおこないます。
サロン・クリニックによって異なるものの、恥ずかしいポーズをとらされるという心配はありません。
照射時に少しお尻を広げられるものの、数分で終わるため我慢できる範囲でしょう。

格好は専用ショーツとガウンタオル姿

Oライン脱毛の格好は専用ショーツに着替えて、ガウンタオルを巻きます。
照射時にショーツをおろしたり、ずらして脱毛をおこないます。
施術中ずっと下半身が裸のままではないので、恥ずかしいのは照射する数分間だけです。

濡れる・おならが出たら恥ずかしい?

Oライン脱毛中に濡れてしまったり、おならが出てしまうかもしれないと不安に感じる女性は多いものです。
おりものやおならは生理現象なので「仕方がない」です。

施術スタッフは脱毛のプロなので、濡れてしまったりおならが出てしまっても気にしません。
また、衛生面に配慮し、マスクとゴム手袋を着用しているため、臭いやおりものに気づかれる心配はありません。
照射時はジェルを使用するため、たとえ濡れてしまってもバレないでしょう。

Oライン脱毛によくある後悔とは?

Oライン脱毛でよく聞かれる失敗談・後悔はずばり「早く始めれば良かった」という点です。

普段は人目につかないため、Oライン脱毛を後回しにする女性は多いのです。
また、恥ずかしさや痛みに抵抗があって申し込めずにいる少なくありません。

とはいえ、恥ずかしさや痛みは脱毛を始めてみると「思ったほどではなかった」と拍子抜けするレベルです。
脱毛はすぐに完了するものではなく、時間がかかるため、「早く始めておけばよかった!」と後悔してしまう女性がいるというわけです。

Oライン脱毛に必要な回数・期間は?

Oライン脱毛を完了させるために必要な回数・期間は以下のとおりです。

回数 期間 照射頻度
サロン 12~16回 2年~3年 2ヶ月に1回
クリニック 5~8回 1年半~2年 3ヶ月に1回

サロンとクリニックでは脱毛器の出力が違うため、完了の目安回数・期間が異なります。
脱毛による肌ダメージをおさえるため、照射の頻度は2~3ヶ月に1回のペースです。

サロンとクリニックはどちらがオススメ?

少ない回数・短い期間で終わらせたい場合は、クリニックがオススメです。
サロンにくらべて脱毛器の出力が高いため、1回の効果が高いのです。

とはいえ、威力が強いため、医療脱毛は痛みを感じやすくなるデメリットがあります。

いっぽうで敏感肌や痛みに弱いひとは出力の低いサロン脱毛を選んでみるとよいでしょう。

クリニックにくらべて1回の脱毛効果は低くなり時間がかかるものの、痛みや肌ダメージをおさえて施術できます。

効果重視ならクリニック・コスパ重視ならサロンがオススメ!

脱毛サロンは料金が安いというメリットがあります。
料金的な負担を減らしてOラインを脱毛したいひとはサロンがオススメです。

いっぽうで「早く効果を感じたい」というひとはクリニックがオススメです。

じぶんの重視するポイントを踏まえて、Oライン脱毛を選んでみてください。

【サロン・クリニック】オススメのOライン脱毛を紹介


じっさいにOライン脱毛がオススメのサロン・クリニックを紹介します。

オススメのOライン脱毛を選ぶポイント

オススメを選んだポイントは、以下の2つです。

  • VIO脱毛セットがお得
  • シェービング補助サービスがある

くわしく見ていきましょう。

VIO脱毛セットがお得

Oライン脱毛は単体よりもVIO脱毛セットがオススメです。

V・IラインとOラインはムダ毛が繋がっている部分のため、つなぎ目が不自然になってしまったという失敗談は多いのです。
つなぎ目が不自然になってからVIラインの脱毛を追加すると料金が割高になってしまったり、完了までに時間がかかるため、初めからセットがお得というわけです。

シェービング補助サービスがある

Oラインは自己処理が危険な部分のため、シェービングサービスがあるサロン・クリニックがオススメです。

事前処理で皮膚を傷つけてしまうと脱毛の施術自体が受けられなくなるケースがあるため、Oラインのシェービングはプロにお任せしましょう。

Oライン脱毛がオススメのサロン

Oライン脱毛がオススメのサロンを見ていきます。

業界最安値ならミュゼ


ミュゼはダントツでコスパがよい脱毛サロンです。

Oライン脱毛(8回)
  • レギュラープラン:36,000円 → アプリDL18,000円
  • デイプラン:30,000円 → アプリDL15,000円
VIO脱毛セット(4回)
  • レギュラープラン:72,000円 → アプリDL36,000円
  • デイプラン:60,000円 → アプリDL30,000円

料金プランは好きな時に予約ができるレギュラープランと、平日12時から18時までのあいだで予約ができるデイプランの2つがあります。

ミュゼが初めてのひとは公式アプリをDLするとコースが半額で契約できます。

12,000円以上の契約で回数無制限の「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が無料特典としてついてきます。

また、ミュゼは手が届きづらいOラインのシェービングを無料で手伝ってくれます。

【キャンペーン】Oライン脱毛のお試し体験がワンコイン以下!

ミュゼは毎回お得な料金で脱毛がお試しできるキャンペーンを実施しています。

2017年8月は300円で両ワキ+Vライン脱毛完了コースと好きな2ヵ所をお試し体験できます。

脱毛自体が初めてのひとや、VIO脱毛の恥ずかしさや痛みを試してみたいはキャンペーンを活用してみるとよいでしょう。

ミュゼプラチナム公式サイト

納得いくまで脱毛し放題なら銀座カラー

銀座カラーは脱毛し放題プランがお得なサロンです。

Oライン脱毛 スペシャルキャンペーン(年6回)
  • 8回14,070円
  • 脱毛し放題25,192円
通常価格(年8回)
  • 8回21,000円
  • 脱毛し放題37,600円
VIO脱毛セット スペシャルキャンペーン(年6回)
  • 脱毛し放題151,152円
通常価格(年8回)
  • 脱毛し放題225,600円

1年間に脱毛できる回数で料金が「スペシャルキャンペーン」と「通常価格」に分かれています。

銀座カラーは半永久的に脱毛し続けられるため、回数制のプランよりお得です。
サロンは永久脱毛ではないため、一度完了してもムダ毛が全く生えなくなるわけではありません。

回数を気にせず、納得いくまでOライン脱毛をしたいひとは銀座カラーがオススメです。
銀座カラーは電気シェーバーを持参すると無料でシェービングをおこなってくれます。

銀座カラー公式サイト

Oライン脱毛がオススメのクリニック

つぎにOライン脱毛がオススメのクリニックをみていきます。

効果重視ならアリシアクリニック

アリシアは「脱毛効果が高い」と評判のクリニックです。
「5回の施術で満足できた」という口コミがあり、少ない回数でOライン脱毛を終えたいひとにオススメです。

Oライン脱毛
  • 5回27,500円
  • 8回39,600円
  • 脱毛し放題52,800円
VIO脱毛セット ビューティ
  • 5回61,900円
  • 8回92,880円
  • 脱毛し放題118,800円
スムース
  • 5回85,900円
  • 8回123,760円
  • 脱毛し放題165,000円

アリシアは医療レーザーでは珍しい脱毛し放題のプランがあります。

VIO脱毛セットは照射範囲で「ビューティー」と「スムース」に分かれています。

デリケートゾーンのムダ毛を少しも残したくないひとはスムースを選ぶとよいでしょう。

医療脱毛の痛みが少ない!

アリシアは医療レーザーのなかでも痛みの少ないライトシェアデュエットという脱毛器を使用しています。
また、無料でテスト照射してもらえるので契約前に痛みの程度を試せる安心感があります。

アリシアクリニック公式サイト

リゼクリニックは色黒・黒ずみがひどい人にオススメ!

リゼは脱毛のトラブルや悩みについての保証が充実したクリニックです。

肌トラブルをおこした際の薬が無料だったり、照射で毛が濃くなる「硬毛化」がおこったときに無料で1年間再照射してもらえます。
また照射漏れがあった場合は4週間以内の連絡で再照射してもらえるメリットがあります。

Oライン脱毛 5回:39,800円
VIO脱毛セット 5回:99,800円

リゼは3種類の脱毛器を使用しています。

「痛みをおさえたい」「色黒が気になる」など、悩みに合わせて脱毛マシンを使い分けています。

ジェントルYAGと呼ばれる脱毛器は色黒なひとや、黒ずみがひどいひとでも照射可能なマシーンです。
リゼはOライン脱毛のリスクや不安を減らして施術したいひとにオススメでしょう。

リゼクリニック公式サイト

自宅でOラインをセルフ脱毛できる?

自宅でOライン脱毛をする方法は、大きく分けて2種類あります。

  • 家庭用脱毛器
  • ブラジリアンワックス

セルフ脱毛は肌トラブルをおこしやすいため、細心の注意をはらっておこなう必要があります。

自宅で脱毛できる手軽さはあるものの、肌ダメージでかえって見た目が汚くなるケースもあるため十分に検討してからおこないましょう。

家庭用脱毛器ケノンはサロンと同等の効果がある

家庭用脱毛器のなかでも人気のケノンは、サロンの光脱毛と同等の効果が期待できます。

フラッシュの出力を10段階で切り替えられるため、痛みに合わせてレベルを調節できるメリットがあります。
また、美顔カートリッジは黒ずみケアによいフォトフェイシャル効果があるため、脱毛と美肌ケアを同時におこなえます。

メーカーはOライン脱毛を非推奨

いっぽう、セルフでフラッシュ照射をおこなうのは難しいというデメリットがあります。
とくにOラインは目視できない部分のため、メーカー側も使用を推奨していません。

ケノンによるセルフ脱毛は慣れやコツが必要です。

「自宅で光脱毛できる!」と安易に考えすぎないようにしましょう。

ケノン公式サイト

ブラジリアンワックスは即効でムダ毛をツルツルにする

ブラジリアンワックスは海外で主流なVIO脱毛の方法です。
ワックス剤を塗り、一気に剥がすとムダ毛が処理できます。

即効でムダ毛が処理でき、毛根から引き抜くため仕上がりもキレイというメリットがあります。

肌ダメージが大きすぎる

即効性や仕上がりのキレイさが魅力のブラジリアンワックスですが、無理やり毛を引き抜くため肌へのダメージが大きすぎます。

赤みやヒリヒリとした痛みを感じるケースがあり、ブラジリアンワックスによる処理を繰り返していると皮膚が刺激を受けて黒ずみや肌トラブルにつながります。

脱毛ができるわけではない

ブラジリアンワックスはセルフ脱毛法として有名ですが、じっさいにサロンやクリニックでおこなわれる脱毛とは別物です。
抜いて処理をしているだけなので、2~3週間ほどで新たなムダ毛が生えてきてしまいます。

自己処理に比べて効果の持続期間は長いものの、ムダ毛を生えなくする方法ではないので注意しましょう。

Oライン脱毛はセルフよりプロ脱毛がオススメ!

Oラインは自分での処理が難しいため、プロにお任せして脱毛するのがオススメです。

セルフ脱毛でトラブルをおこしてしまった後では、黒ずみや傷跡でプロの施術を断られてしまう恐れがあります。

Oラインはデリケートな部分のため、安易にセルフ脱毛で済まそうと考えないようにしましょう。

Oライン脱毛でよくある疑問


さいごに、Oライン脱毛でよくある疑問をチェックしましょう。

黒ずみがあってもOライン脱毛できる?

一般的な黒ずみであれば、問題なくOライン脱毛できます。
Oラインは摩擦や体重による圧迫で黒ずみやすい部分です。

ある程度の黒ずみは出力の調整で対応できるため、カウンセリングで相談してみるとよいでしょう。

いっぽうで、ひどい黒ずみがある場合は施術を断られるケースがあります。
黒ずみがムダ毛と同じほどの濃さでは、フラッシュやレーザーが皮膚全体に反応してしまう恐れがあります。

痔があってもOライン脱毛できる?

痔を患っている場合はOライン脱毛ができません。
施術によって痔が悪化してしまったり、皮膚がダメージを受けやすいためです。

Oラインは施術範囲が狭いため、いぼ痔の部分を避けて脱毛するのが難しいのです。

まずは痔の治療に専念してください。

Oライン脱毛後はチクチクがある?

Oライン脱毛後にチクチクに悩まされるケースがあります。

脱毛2週間後あたりにムダ毛が伸びてきたり、下着との摩擦が原因です。

チクチクが原因でかゆみに悩まされる場合があるため、対策として通気性のよいゆったりとしたショーツを身に着けてみてください。
脱毛を重ねるうちに毛が薄くなるため、次第にチクチクを感じられなくなります。

チクチクに悩まされるのは最初の数回だけと考えておきましょう。

男性もOライン脱毛できる?

じつは、Oラインはメンズ脱毛のなかで特に人気の部位です。
Oラインのムダ毛は不衛生だったり、邪魔と感じる男性が多いのです。

とはいえメンズ脱毛を取り扱っていないサロン・クリニックがあります。

また、一般的な脱毛サロンやクリニックは施術スタッフが女性なのでハードルを感じる男性は少なくありません。
恥ずかしさや抵抗がある場合は、スタッフ全員が男性というメンズ専用脱毛サロン・クリニックを選んでみてください。

Oラインにムダ毛は不要!脱毛のプロに任せよう

Oライン脱毛について解説してきましたが、いかがでしたか?
「もっと早くにOライン脱毛をしておけばよかった」と後悔するひとは多いのです。

Oライン脱毛は見た目に限らず、衛生面からメリットが多くあります。

デメリットとしてあげられる「痛み」や「恥ずかしさ」は我慢できないほどツライものではなく、慣れてしまうひとがほとんどです。

自己処理でトラブルを起こしてしまう前に、ぜひOライン脱毛を検討してみてください。

【12月最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初回無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

Iラインのムダ毛処理を後回しにしていませんか? 普段は気にならないIラインですが、いざというときに彼氏からは丸見えの部分です。 Iラインの自己処理は難しく黒ずみを悪化させてしまうため、脱毛がオススメです。 とはいえ、Iラ …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む

ぶつぶつの原因は脱毛?ぶつぶつ肌の原因と改善方法を解説!

ムダ毛を脱毛したあとに、「肌がぶつぶつになった!」という経験はないでしょうか。 せっかくムダ毛がなくなったのに、肌がブツブツしているとお世辞にもキレイな肌とは言えないですよね。 そこで、脱毛後や自己処理後に起こる肌のぶつ …

続きを読む

妊娠中の脱毛がNGの理由を調査!胎児への影響・リスクは?

サロンやクリニックでの脱毛はムダ毛の自己処理を軽減できて、とても便利です。 しかし、1年~3年程度かけて脱毛する人もいるくらい、時間もかかります。 そのため、女性の中には「もしその間に妊娠してしまったら・・・」という悩み …

続きを読む