最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
全身美容脱毛1回分100円+QUOカードプレゼント!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

子供でも脱毛して大丈夫?子供の脱毛が当たり前の時代に!


「脱毛は大人になってからするもの」という考えが根付いていたムダ毛処理。
ママ世代では、子供の頃にムダ毛が気になりつつも我慢してきた方が多いと思います。
学生時代は自己処理をし、大人になってからサロンに行った方がほとんどでしょう。

実は、今の子供たちは成長が早く、ムダ毛に悩み始める時期も早まっているようです。
成長が早ければ身だしなみに敏感になってくるのは当然です。

そして、ママ世代はそもそも子供時代にエステ脱毛できるような環境はありませんでした。
十数年前の脱毛は、費用も高く、技術も今と比べ物にならないくらい劣っていました。

もちろん、痛みもひどく大人でも懸念するくらいです。
しかし、今では技術も進み子供でも脱毛できる方法は増えてきました。

とはいえ、子供の脱毛はまだ認知度が低いため、わからないことだらけですよね?
・何歳からできる?
・脱毛してもいい部位は?
・体には影響がないのか?

自分の体より大事と言っても過言ではないくらい大切な子供の体。
疑問や不安の声がたくさんあがるのもよくわかります。
今回は、子供の脱毛について詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

子供が脱毛する前に知っておくべき心得


子供の脱毛には、さまざまな疑問点がありますよね。
不安なまま脱毛に踏み切るのは難しいと思います。
そこでさっそく、子供が脱毛をする前に知っておきたいことを見ていきましょう!

子供が抱えるムダ毛の悩み

大人が考えているより、子供のムダ毛に関する悩みは根深いものです。

・毛深い事がコンプレックスでプールの授業が嫌だ
・習い事(バレエ)など露出をする機会が多い
・肌の見える服を着たがらない

このように、ムダ毛にコンプレックスを抱えている子供は多いです。

そして恥ずかしくて相談できず、毛深いことが原因でいじめにあってしまう例もあります。

子供が小さな胸を痛める前に、親がそれとなく気づいてあげることが大切です。

だいたい小学校3年生くらいが、産毛が濃くなってきてムダ毛を気にし始めるお年頃。

まずは、一緒に脱毛に取り組んだり、ムダ毛処理をしやすい環境を作ってあげましょう。
子供から脱毛の話がでても、「大人になってからね」など誤魔化してきた方。

どこが気になるのかなど、子供と脱毛について向き合ってみてください。
そして、こっそり親のカミソリで自分勝手な処理をさせないように注意しましょう。

スポンサーリンク

ママとして譲れない子供脱毛の3つのポイント

まず、脱毛を実践する上で痛みがないというのは絶対条件です。
その他にも子供の体や将来的な事を考えて以下の条件も譲れないでしょう。

1.肌を傷めず、体に影響のないもの
2.手間がかからないこと
3.将来的に濃い毛が再発にしくい

子供はもちろん、大人にもできるだけ金銭的な負担は少ない方がよいですよね。
でもコストがかからないからと言って、無理矢理毛を抜いたりするのは厳禁!
正しい子供の脱毛方法を知って、ムダ毛に悩まされない肌にしてあげるのが理想です。

子供は脱毛してもよいの?

脱毛の技術は高くなったとはいえ、子供の脱毛は不安がありますよね?
そもそも、「子供が脱毛NG」と以前より言われていた理由は以下の2点が主となります。

1.子供の皮膚は大人より傷つきやすく敏感
2.毛周期が定まっていないから効果が出にくい

たしかに子供の皮膚は大人より薄くなっています。
そのため、火傷や炎症のトラブルもあるため、脱毛は避けられてきました。

また、脱毛は「毛の生え変わるサイクル」を元に行います。
この周期が安定していないと、脱毛効果がでにくい懸念があるからです。

しかし、この不安点を払拭する脱毛方法ができました。
では、どのような方法で子供脱毛できるのか紹介していきましょう。

エステでキッズ・子供脱毛をする!


「子供をエステ脱毛に行かすなんて不安…」と思うかもしれません。
でも、今はそんな不安は一切ありません。

なんと3歳からできるキッズ・子供のために開発された脱毛機械があるのです。
痛みなし・肌ダメージ0なので敏感なお子様の肌でも安心して脱毛ができます。

ただ、先ほど懸念で挙げられていた「毛周期」についても疑問が残ると思います。
たしかに、毛周期は子供のうちは安定しません。

大人の脱毛であれば、毛根へアプローチするため、高温が必要になります。
そして人によっては痛みがあったり、肌に熱を持ちやすくなったりします。

その一方、子供の脱毛は発毛因子(毛の種)を消滅させる脱毛方法なのです。
脱毛というよりは、「発毛予防」という言い方がしっくりくるでしょう。
高温ではないので、痛みなく、肌の弱いお子様でも安心して受けることができます。

子供脱毛が人気!おすすめエステサロン2選

それでは子供にもおすすめの脱毛ができるエステをご紹介します!

3歳からOK!子供脱毛の代名詞「ディオーネ」


「3歳からできる脱毛」と謳っているだけあって、低刺激で痛みがないのが特徴。
その名も「ハイパースキン脱毛」
このハイパースキン脱毛は、開発者が当時小学生の娘の悩みに応えて開発したようです。

通常の脱毛は、毛が生える成長期に向けて毛根に高熱を与えアプローチしていきます。
一方、ディオーネでは毛が生えていない休止期にお肌の中にある毛の種にアタック!
そうすることで毛が生えてこないように抑制する最新の脱毛方法なのです。

また、脱毛は2か月に1回のペースで通うのですが、ディオーネは月1で通います。
その分早く効果が表れやすくなります。

そして、お子さんの体験の時に、ママも一緒に体験することができるのです。
もちろん先にママだけ試してみることもできます。
しかも、フェイスエステのようにパック付き、VIOもOKです。

試すのであれば、より敏感なところを選択してみるとよいかもしれません。
痛みは本当にないのか、自分の肌で確かめることができるのは安心ですね。

ハイパースキン脱毛のお値段

子供が気になるムダ毛の代表的な部位は、ひじ下・ひざ下・鼻の下の3つです。
どれも夏は服では隠せない部分になります。
部分的な脱毛か、将来的な事を考え全身脱毛を選択する2パターンが利用者で多いです。

それぞれの料金は以下になります。

鼻下 12回 24,000円
ひじ下 12回 60,000円
ひざ下 12回 72,000円

小学3年生以下は10%OFFになるため、少しお得に脱毛ができます。
また、全身脱毛は年齢によって費用が異なります

3歳 12回 180,000円
4歳 12回 200,000円
5歳 12回 220,000円
6歳 12回 240,000円
7歳 12回 260,000円
8歳 12回 280,000円
9歳 12回 300,000円
10歳 12回 320,000円
11歳 12回 340,000円
12~15歳 12回 360,000円

年齢ごとに料金が違うのは、体の大きさが年齢によって変わってくるからです。
小さい頃から脱毛をしておけば、中学生より倍以上お得になるのですね。

また、最初のお試し体験はママと一緒に1回7,560円です。
子供が怖がらないか見たり、慣らすためにも最初はまずお試しを受けてみましょう。

予約の取りやすさと回数券システム

申込後、「この月は忙しくていけなかった」という場合でも保証期間つきなので安心です。
12回コースなら3年間、6回コースなら1年間となっています。

忙しくていけなかったという人も勝手に1回分消化されることはありません。
そういう人にとっては、月額制のサロンより損がないかもしれません。

また、予約は比較的取りやすくなっています。
他のサロンより来店頻度が高いので、キャパも余裕をもって確保されています。

>>ディオーネ公式サイト

7歳からOK!脱毛を知り尽くした「エピレ」


エピレは、大手エステサロンTBCがプロデュースする脱毛専門エステサロンです。
脱毛は7歳から可能です。
大人が使用する脱毛器と違い子供用に独自開発されたもの。

方法は光を照射することもよって、毛根にダメージを与えていくフラッシュ脱毛です。
フラッシュ脱毛は刺激が強いイメージですが、この脱毛器ではその心配はありません。
子供用にお肌に優しく、肌にダメージを与えないようコラーゲンサポートをしていきます。

痛みもなく、大人が痛いと感じやすいVIOもほのかに熱いといった程度。
これなら小学生にも安心して施術できます。

エピレキッズ脱毛のお値段

エピレの最大の魅力は、お財布に優しいお値段で脱毛ができること。
大人と同様に初回お試し(ファーストプラン)のキャンペーンを利用することも可能です。

そのお試し価格が破格なのです!
両脇6回500円・19箇所のうち2箇所を選択で500円というキャンペーンをやっています。

まさかのワンコインで脱毛が試せるのはかなりお得になります。
ワキに関しては、6回もすればかなり薄くなるため、500円で完了することも。

では、人気3部位の値段を見ていきましょう。

鼻下 12回 26,300円
ひじ下 12回 49,800円
ひざ下 12回 49,800円

ディオーネと比較すると、鼻下以外は1万円以上安く受けられます。
全身脱毛をする場合は、年齢問わず7歳以上であれば12回34,4700円です。

エピレは全身脱毛専門店ではないため、全身をするならかなり割高になります。
気になる部分だけをピンポインとで脱毛したい場合はエピレが断然お得!
>>エピレキッズ脱毛公式ページ

3歳~16歳スタート!年齢別子供脱毛ができるサロン比較

ディオーネとエピレ以外にも、子供脱毛ができるサロンはいくつかあります。
しかし、各サロンによってスタート年齢が異なります。
小中学生が受けられる脱毛サロンは他にどこがあるのか紹介します。

・脱毛ラボ
・ミュゼプラチナム
・ジェイエステティック

この有名な3サロンも 16歳以下から脱毛ができるサロンなのです。
では、それぞれにどのような違いがあるのか比較をしてみましょう。

ディオーネ エピレ 脱毛ラボ ミュゼ ジェイエステ
可能

年齢

3歳~ 7歳~ 12歳~ 初潮後~ 15歳~
ひざ下 72,000円

(12回)

49,800円

(12回)

71,760円

(12回)

54,720円

(12回)

49,140円

(12回)

鼻下 24,000円

(12回)

26,300円

(12回)

なし 28,800円

(12回)

なし
ひじ下 60,000円

(12回)

49,800円

(12回)

77,500円

(12回)

18,000円

(6回)

50,544円

(12回)

全身 180,000円~

(12回)

34,4700円

(12回)

109,760円

(6回)

190,291円

(6回)

97,200円

(40回)

痛み 無痛 ほぼ無痛 輪ゴムを弾いたくらい 輪ゴムを弾いたくらい ほぼ無痛
肌悩み対応 アトピー

敏感肌OK

肌トラブル

脱毛不可

肌トラブル

脱毛不可

肌トラブル

脱毛不可

肌トラブル

脱毛不可

ディオーネとエピレ以外は、12歳以上の中学生以上が対象となる脱毛方法になります。
中学生になるとムダ毛が気になる箇所が増えてくる傾向にあります。
もし、複数施術したい場合には、全身脱毛をチョイスした方がお得になることも。

また、全身脱毛の場合は月額制の支払方法を設けているサロンもあります。
例えば、ジェイエステはボーナス払いを含め、月々3,300円~から24回の分割も可能

全身脱毛で有名な脱毛ラボは、1,990円~の48箇所プランもあります。
このように分割で支払うことができれば、家計にも負担がかかりません。

脱毛ラボの特徴


脱毛ラボは、12歳からと年齢設定がされています。
ただ、12歳になっていても生理がまだ来ていなければ受けることができません。

脱毛ラボは、脱毛サロンで初めて月額定額制の全身脱毛プランを開始しました。
月々1,990円~の分割もでき、効果がなければ全額返金の制度もあります。

ただ、全身脱毛がメインのサロンのため、部分になると割高に…
全身脱毛を安くしたいのであれば、おすすめのサロンです。
>>脱毛ラボ公式サイト

ミュゼプラチナムの特徴


ミュゼの場合、脱毛可能年齢は具体的に設定されていません。
ポイントは、正常な生理がきているか否かの判断になります。
生理が来ていないと、ホルモンバランスが整っておらず効果的な脱毛ができないからです。

使用するマシンは、大人と同じため、多少の痛みと肌への負担のリスクが伴うでしょう。
CMでもおなじみですが、ワキ脱毛は○○円でできるので、魅力的です。
ポイントだけの脱毛をするならよいでしょう。

>>ミュゼ公式サイト

ジェイエステティックの特徴


脱毛可能年齢は15歳からと、中学3年生~高校生向け以上が対象となります。

ジェイエステでは、痛みが感じにくい自社開発の冷光マシンを使用しています。
ヒアルロン酸のトリートメントでたっぷり保湿をするので、お肌への負担を最小限に。

また1回だけ、無料で脱毛を体験できるサービス付き。
無料で事前に、痛みや肌への影響をチェックできるサロンは実は珍しいのです。

>>ジェイエステ公式サイト

子供脱毛なら安全にできることを最重視

ディオーネ以外は、メラニン色素に反応して毛根にアプローチしていく光脱毛です。
子供用にマシンを改良するなど工夫はありますが、痛みは完全にゼロとは言えません。

ディオーネの脱毛は38度の人肌で照射するため、火傷や痛みの心配はほとんどないでしょう。
事実、子供も大人も含め、今までに火傷の報告は1件もありません。
自分自身であれば、多少のリスクはあっても料金重視と思いがちだと思います。

しかし、子供脱毛は肌トラブルリスクの低い方法を選ぶことが大切ではないでしょうか。
年齢や肌質によっては何も問題ないことも多いですが、慎重にサロンを選びましょう。

クリニックで子供脱毛はできる?

「クリニックであれば、脱毛で皮膚トラブルがあっても安心」と思うかもしれません。

しかし、ほとんどの美容クリニックでは16歳以上からしか治療ができません
そして、クリニックでの脱毛は医療レーザー脱毛となりサロン以上に出力が高いです。

よって、毛根を破壊しやすく早く効果が期待できる反面、痛みが伴います。
全く痛みを伴わない治療はレーザー脱毛の理論上不可能のようです。
大人でも痛いと感じる痛みに、小中学生が耐えるのは難しいのではないかと思います。

麻酔により痛みを抑えられますが、全く痛みが消えるわけではありません。
そして麻酔をすることによる刺激症状も考慮する必要があります。
大人と同様、効果的な治療には火傷などのリスクがあることを忘れてはいけません。

自宅で手軽に子供脱毛したい!


サロンに通わせるのはちょっと…と躊躇してしまうこともあると思います。
そんな方は自宅で子供と一緒にムダ毛処理をしてみましょう。
ただ、ママがやっている自己処理をそのまま教えるのはちょっと待った!

子供は、皮膚が薄く傷つきやすいので、肌トラブルを招くことになってしまうかも。
では、正しいムダ毛処理方法とどんな手段があるのかご紹介します。

カミソリ

まず、大人がよくやっている入浴時のカミソリ処理は絶対ダメです!
この方法は、ボディソープで滑りよく、楽にできるから定番化しているかもしれません。
実は、お風呂で毛穴が開き、角質を無駄に削ってしまい肌に負担がかかりやすいのです。

カミソリを浴室に放置しているのであれば、なおNGです。
細菌が繁殖しやすく、肌の削れた部分から細菌が入りやすくなり炎症などの原因に…

カミソリを使用するタイミングは、お風呂上がりの清潔な肌の時にしましょう。
まず剃る前に、シェービング用のジェルやクリームを塗り、お肌を保護しましょう。

処理をした後は、保湿ケアを忘れないようにしてあげてください。
生えてくるスピードも大人ほど早くはないため、毎日の処理は避けたほうがベターです。

また、ダメージを極力減らすためにも安全刃がついているものを選びましょう。

電気シェーバー

手軽にでき、カミソリより肌に負担がかかりにくいのが電気シェーバーです。
ボディ用フェイス用とタイプは多様にありますが、顔用のシェーバーがおすすめです。
広範囲を処理する場合は多少時間はかかりますが、一番肌にやさしいです。

また、誤って肌を切ってしまったりなど、ケガをする心配もありません。
脱毛サロンでも前処理に顔そり用の電気シェーバーを使用しています。
肌に優しいとは言っても、負担はゼロではないので保湿はしっかりと。

おすすめの電気シェーバー「パナソニック フェリエ」

フェリエは、顔の産毛処理用に使用されている女性用電気シェーバー。
0.1mmと、とても薄い刃でできていて、子供でも肌を傷つけず利用できるのが特徴です。

刃は産毛用と眉毛用の2種類が付属されています。
子供のムダ毛の処理に使用するときには、産毛用を使用することをおすすめします。

肌に負担をかけないのに、根元からしっかりと剃ることができると評判です。
膝小僧などの丸みをおびた部分もケガの心配がないので安心ですね。

>>パナソニック フェリエの詳細はこちらから

抑毛ジェル・ローション

一番肌に負担がかからず、体への影響もないムダ毛ケアです。
「抑毛」とは、文字通り毛の発生を抑えることができる脱毛方法です。
お肌に塗るだけで徐々に毛を薄くしていきます。

メリットは、痛みが全くなく、肌を傷つけないこと。
使用方法も、ただ塗るだけなのでとても簡単にケアができます。

デメリットは、今は生えている毛をなくす即効性はありません
また、抑毛ローションは続けて使用しないと効果が持続しないため、継続が必要。

今すぐ見えている毛をなくしたい人は、他の方法と併用して使用すればよいでしょう。
お肌に優しい成分が入っているので、普段のお肌ケアにプラスしてもよいかもしれません。

おすすめの抑毛ジェル・ローション「NEWコントロールジェルME」

抑毛ローションは、ドラックストアなど市販ではほとんど販売されていません。
ほとんどがネット販売となり、その中でも大人気なのが「NEWコントロールジェルME」

45万本突破の大人気商品です。
天然植物成分が原料なので、鼻下や眉間など、気になる顔のうぶ毛にも安心して使えます。
痛み・刺激・香りもなく、完全無添加なので、万が一口の中に入っても大丈夫なほど。

60日間のお試し期間があるので、まずは購入して実際に抑毛効果があるか試せます。
全額返金保証付きの抑毛ローションは、NEWコントロールジェルMEだけです。

>>NEWコントロールジェルMEの詳細はこちらから

家庭用脱毛器

サロンと同じくらいの効果を自宅でやりたいなら家庭用脱毛器
自宅での処理方法の中では一番お値段がかかりますが、男女問わず家族全員で使えます。

そう考えると、長期的に見ればお得かもしれません。
使い続けると毛が薄くなり、抑毛クリームより早く効果が期待できます。

子供が家庭用脱毛器を使用するときには、必ず大人が付きそってください。
光脱毛などは、照射部分をのぞき込みボタンを押してしまうと失明の恐れがあります。
まさかと思う事をするのが子供なのです。

また、サロンと同じくらいの出力があるため、照射前後のクーリングは必須です。
フラッシュは、黒い部分に反応するのでホクロや濃い目のあざは要注意。
絆創膏をはってカバーするなど、脱毛時には他の方法より気を付けることが沢山あります。

そのためか、子供への使用は推奨していないメーカーが多い理由なのかもしれません。
しかし、家庭用脱毛器を子供に使用して効果があったというクチコミは多々あります。
使用する場合は、必ず保護者が行うというのが注意点とコツです。

おすすめの家庭用脱毛器「ケノン」

ケノンは家庭用脱毛器の中で断トツにコスパがよいと言われているアイテムです。
レベルは1~10の10段階で、出力を調整できます。

高いほど、効果が早く期待できますが、レベル10ともなると大人でも痛みを感じるほど。
子供には必ずレベル1から使用するようにしましょう。

また、肌への負担をより減らすためには6連射モードに設定するとよいでしょう。
パワーが分散され、肌への直接的な刺激を減らすことができます。

ただ、夏場に使用するときには注意です。
子供はプールや外で遊ぶため、がっつり日焼けをする可能性がありますよね?

ケノンはフラッシュ脱毛のため、色素が濃くなれば痛みを感じやすくなります。
日焼けしすぎてしまった場合は、使用を避けたほうが望ましいでしょう。

>>ケノンの詳細記事はこちら

子供と話合って脱毛ライフをスタートさせよう


いかがでしたか?
「まだ子供だからムダ毛処理なんて早すぎる」と考えているママも多いかもしれません。
でも、そのムダ毛があることでいじめに繋がったり、引っ込み思案になってしまったりと深刻な問題につながりかねないのです。

子供がもしムダ毛で悩んでいれば、親として安全な方法で対処してあげるべきでしょう。

自分から脱毛したいと言う子もいれば、親に言えない子もいると思います。
年頃になってきたら、まずは子供と話し合ってみましょう。
悩んでいれば、それだけで心が軽くなるかもしれません。

そして、子供の意見を尊重して、ベストな対処法を選択してみて下さい!
きれいになっていく肌を子供とママと一緒に楽しみながら脱毛できたらベストですね。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

中学生の脇毛処理でベストな方法は?ワキ毛で悩む娘へのアドバイス!

中学生に入ると、第二次性徴期が始まって脇毛が生えてくるようになります。 とくに女の子はそんな体の変化に戸惑って、人知れず脇毛に悩んでいるかもしれません。 そんな女の子をもつお母さんも、どんな風に対処したらいいのか考えてし …

続きを読む

親子で読みたい中学生の脱毛事情!サロンでの脱毛も一般的かも?

中学生でも悩みのタネになってしまうムダ毛。 ムダ毛があったり、毛が濃かったりするだけでも同級生からからかわれることが、いじめの原因になってしまうこともあるそうです。 そのため、近年では中学生の頃から脱毛を行っている女性が …

続きを読む

早く始めれば後悔しない!脱毛は学生のうちが絶対お得

女性なら遅かれ早かれ、誰でもムダ毛に悩まされるものです。 とくに成長期の中学生から高校生のころには、生え始めたムダ毛にコンプレックスを持つ人も少なくないはずです。 学生の皆さん、脱毛を始めるなら今ですよ! なぜなら学生の …

続きを読む

高校生でも脱毛したい!おすすめの脱毛サロンを徹底比較!

「夏服になるとワキの毛がチクチクになっていないか…」 「スカートで生足も見えるし…」 「何度自己処理してもすぐに生えてくる…」 そんな学生時代のムダ毛の悩みはつきませんよね? ムダ毛処理というと、カミソリや毛抜きで自己処 …

続きを読む