VIOの自己処理をキレイにする方法は?形・やり方を画像で解説!


VIOのムダ毛は濃く太く、肌は粘膜に近く、雑菌も繁殖しやすい箇所です。

間違ったムダ毛処理で、万が一でも傷を作ってしまうと、自分の手には負えなくなってしまいます。

濃いムダ毛も安全に処理するには、エステサロンでムダ毛処理することがおすすめです。

しかし、エステサロンで処理するにも、前日までに自己処理をする必要もあります。

今後エステサロンに通うにも、自分で処理し続けるにも、VIOのムダ毛処理を始める為には正しい知識が必要です。

今回はVIOのムダ毛処理を、安全に行う方法5つをご紹介します。

VIOをカットとシェービング


まずはVラインを処理するには、小さいハサミと電動シェーバーで行います。

長い毛はカットしてから、電動シェーバーで肌に刃をあてないように生えている方向に従って剃っていきます。肌が重なっている箇所は、手でひっぱりながら、肌を平らにして行いましょう。

毛のカットにはデリケートゾーン用トリマーもおすすめです。デリケートゾーン用のトリマーはAmazonや楽天の通販サイトで、2000円~3000円で購入できます。剃った時ほど短くはできませんが、毛を焼き切りチクチクしない丸い毛先にできます。

シェーバーやハサミだと届きにくいIOラインは、トリマーで短くするのがお勧めです。IOラインを処理するときは、片足を椅子などに乗せて、皮膚をひっぱりながら行います。Oラインは見えにくいので、鏡を使って、火傷に気を付けて行いましょう。

エステサロンでムダ毛処理する前の準備としてはこの方法が一般的です。エステサロンによってはOラインはシェービングサービスがあるので、エステサロンに通う際は確認しておきましょう。

カットとシェービングのメリット

人に知られず処理できる

VIOのムダ毛処理をしていること自体、誰にも知られずに、自分で気が付いた時に処理できます。しかし、その分ケガやトリマーでの火傷にはじゅうぶん注意しましょう。

好きな形に整えられる

「Vラインをツルツルにするのは恥ずかしい」という方や、本当に少し整えればじゅうぶん、という方には自分のさじ加減で形を調節できると安心ですよね。

カットとシェービングのデメリット

細かいところまで処理できない

シェービングだけで完璧にVIOのムダ毛を処理するのは難しいです。とくにIラインやOラインは、鏡などを使ってもムダ毛の範囲を把握するのが大変です。

カットとシェービングでの自己処理は、あくまで整える程度としましょう。

デリケートな部分なのでリスクが大きい

自分ひとりで見えにくい部分の処理を行うので、ケガや肌トラブルのリスクが大きいです。万が一ケガをしてしまったり、肌荒れを起こしてしまったら、すぐに医療機関に相談しましょう。

vioの処理に適した電気シェーバーを見たい方は以下の記事を読んでくださいね。

VIOをヒートカッターで整える

VIOの自己処理で1番おすすめの方法はヒートカッターでの処理です。

ヒートカッターは熱の力でムダ毛を焼き切る処理方法。

毛先が丸く仕上がるため、カミソリやシェーバーのようなチクチク感がないのが特徴です。

おすすめのヒートカッターは『アンダーヘアケアはじめてセット』

1回の処理本数 15~20本
種類 充電式
値段 5,542円

アンダーヘアケアはじめてセットは、ヒートカッターで最も売れている商品。

毛先が丸く仕上がる『ヒートカッター』と、アンダーヘアをふわふわに仕上げる『トリートメント』のセットです。

つまり、アンダーヘアケアはじめてセットは『見た目・さわり心地』ともに整えられる画期的な商品なのです。

今なら、特別価格で購入できるので気になる方は公式サイトを確認してくださいね!

アンダーヘアケアはじめてセット
公式サイト

ヒートカッターランキングを確認したい方は以下の記事をチェック!

VIOをワックス脱毛

ワックス脱毛はワックスシートか、ワックスでムダ毛を一気に剥がし取る方法です。VIOのお手入れにはブラジリアンワックスとも呼ばれます。

市販のワックスを使う際はVIOの処理も可能なものかどうか確認して使用しましょう。

ワックス脱毛専門のエステサロンもあります。うまく一気に剥がし取れば痛みも少なく、繰り返し定期的に処理していくとムダ毛が薄くなる効果が期待できます。

ワックス脱毛のメリット

剛毛も1回で処理できる

VIOに生えるムダ毛は、濃く太い毛ですが、ワックス脱毛なら一度でほとんど取り去ることが出来ます。すぐにキレイにしたいときなど、即効性を必要とするときにはおすすめの方法です。

ワックス脱毛のデメリット

痛みや赤みが出やすい

専門サロンで行う場合はは冷却ケアや保湿ケアなどで、痛みや赤みを予防します。しかし、粘着力の高いシートやワックスを使うため負担が大きく、肌が弱い人にはおすすめできません。

ワックスでのVIOのムダ毛処理の注意点

肌にトラブルなくムダ毛処理をするなら、ワックス脱毛は肌が弱い方は控えましょう。

万が一ワックスで脱毛して、毛穴に炎症が起きたり痛みがひかない時は、すぐに医療機関を受診してください。

ワックス脱毛について詳しい内容は以下の記事をみて下さいね。

3.VIOに家庭用脱毛器

家庭用脱毛器でVIOのムダ毛処理をするには、VIOの処理も推奨している機種を選びましょう。

脱毛サロンでも行われている光脱毛が家庭できるケノンがおすすめです。

家庭用脱毛器のメリット

低コストで脱毛できる

エステサロンのミュゼでVIOラインの脱毛をする場合、ハイジニーナコース6回で47,880円。

ケノンは税込みで68800円。ケノンはカートリッジを交換すれば半永久的に使えます。

エステサロンに通う手間が無く、できるだけ安く、納得いく回数まで脱毛できるケノンはおすすめです。

自分で脱毛できる

脱毛が自宅でできるので、恥ずかしさがなく、VIO脱毛が出来ます。

家庭用脱毛器を購入する人のなかには、最初からVIOのムダ毛処理を目的としている人も少なくないそうです。

家庭用脱毛器のデメリット

VIOができる脱毛器が少ない

肌がデリケートな部分のため、VIOすべてを脱毛できる家庭用脱毛器は限られています。

Vラインのみなら可能なものはありますが、IOラインも脱毛したい場合は、必ず機種ごとに確認しましょう。

肌トラブルの心配

自分で照射レベルを調整できることはメリットですが、痛みを我慢して脱毛しても脱毛効果は変わりません。デリケートゾーンは粘膜に近いため、我慢しているうちに火傷になっていることもあります。肌の安全を一番に考えて、肌状態を確認しながら使用しましょう。

家庭用脱毛器でおすすめのケノンの公式サイトは以下を確認してくださいね!

ケノンの公式サイト

編集部が実際に家庭用脱毛器を使って、ランキングにまとめた内容を確認したい方は以下をタップ!

>>家庭用脱毛器おすすめランキング!安くてVIO・髭に使える商品は?

4.VIOの処理をエステサロンで


エステサロンや脱毛専門サロンではVIOだけの脱毛メニューもあります。肌にリスクのある自己処理を続けるよりも、脱毛して自己処理の必要がない状態にすることをおすすめします。

大手脱毛サロンのミュゼでは、Vラインなら脇と一緒に数百円で脱毛し放題のお試しキャンペーンをやっています。IOラインも含めて脱毛したい人は、数箇所まとめて最大30%割引になる、ハイジニーナコースもあります。

エステサロンのメリット

通いやすい

大手サロンは店舗数も多く、駅から近いところが多く、忙しい人も通いやすくなっています。ネット予約も普及したので、スケジュール通りに通えない時があっても、希望の時間にキャンセルが発生した場合、そのまま予約することもできます。

キャンセル料が発生しないミュゼは、当日キャンセルも多いため、行きたいときはこまめにサイトにアクセスしてみると、空き時間に通うこともできます。

VIO脱毛だけで通っても、勧誘などもなく、1回の施術が短時間で終わるので、ストレスなくVIOのムダ毛処理が出来ます。

脱毛の中では最も痛みが少ない

デリケートゾーンのムダ毛処理では、脱毛効果がありなおかつ痛みが少なくできる方法が、エステサロンの光脱毛と言えます。

光脱毛の中でもS.S.C.方式の脱毛は、デリケートゾーンでも痛みを少なく脱毛できます。専用ジェルに含まれる脱毛成分と光の相乗効果で毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。ジェルの冷却効果と保湿効果によって、美肌効果もあるので、VIO脱毛には適していると言えます。

エステサロンのデメリット

脱毛が終わるまで期間がかかる

エステサロンの脱毛は2~3ヵ月に1回施術をします。個人差はありますが、一般的に6回くらいでムダ毛の毛質が変わってくると言われています。

VIOなど濃いムダ毛を納得いくまでツルツルにしたい場合は、3年以上必要になると思ったほうが良いでしょう。

おすすめの脱毛サロンについてまとめた内容を確認してい方は以下をタップ!
>>どこがおすすめ?勧誘や料金を徹底比較した脱毛サロンランキング

5.医療レーザー脱毛

医療機関で脱毛する場合、医療機関のみで扱えるレーザー脱毛ができます。エステサロンの光脱毛とレーザー脱毛は脱毛の原理は同じですが、レーザーのほうがムダ毛に与えるダメージが大きくなります。

医療レーザー脱毛のメリット

永久脱毛が出来る

レーザー脱毛は永久脱毛が可能です。一般的に、5~6回で完了となるので、エステサロンの脱毛より早くムダ毛を脱毛できます。

医療レーザー脱毛のデメリット

痛みがある

レーザー脱毛は、エステサロンの脱毛より痛みを強く感じます。しかも、VIOはもともと痛みを強く感じる箇所なので、痛みに弱い方にはレーザー脱毛はおすすめできません。

価格が高い

脱毛は美容医療のため医療保険は適用されません。

医療機関のみで扱えるレーザー脱毛機で脱毛することや、ドクターによる施術もあり、エステサロンと比べると費用が高くなります。

医療脱毛のおすすめランキングを確認したい方は以下をタップ!
>>医療脱毛が1番おすすめのクリニックは?気になる料金を徹底比較!

VIOのムダ毛処理の一番おすすめは脱毛サロン

VIOのムダ毛処理は女性の身だしなみのひとつとして定着しつつあります。見た目だけでなく、生理中の肌を衛生的に保ち、肌トラブルの予防にもなります。

自己処理を続けて肌トラブルを起こしては本末転倒です。ムダ毛を安全に、快適に処理できる方法としてはエステサロンが適していると言えます。

安全で痛みが少ない

VIOは自分自身だけでは確認するのが難しく、粘膜に近いため、自己処理では傷を作りやすい箇所です。プロに処理してもらうことが安全の確保となります。

安全面だけを重視するなら、医療レーザー脱毛もそう言えますが、痛みを強く感じるようだと、脱毛に通い続けることも難しくなってしまいます。

痛みをより少なく脱毛できるのはエステサロンです。安全に関しても、大手エステサロンではドクターサポートを完備し、事故があった際は医師の診察が受けられるようになっています。

気軽に通える

店舗の場所や金額、予約のしやすさなど、エステサロンは脱毛に通いやすくするサービス展開をしています。

痛みが少なく、短時間で施術が終わるという点も、エステサロンの脱毛に気軽に通える理由のひとつと言えます。

ワンコインで脱毛できる!?おすすめの脱毛サロンはミュゼ!

  • 数あるサロンの中で1番安くvio脱毛できる!
  • 店舗数もサロンNo1で予約が取りやすい!
  • 嫌な勧誘も一切ないから安心!

vioが脱毛できるサロンの中でも1番安いキャンペーンを行っているのがミュゼプラチナムです。

『無制限・無期限でVラインと脇が脱毛できる+自分が脱毛したい4か所』を選んで脱毛できるお得なキャンペーンです!

ミュゼは嫌な勧誘もないので、安心して通い続けることができます。

vioがたったの500円で脱毛できるのはミュゼのみ!

気になる方は1度公式サイトを確認してみてはいかがでしょう?

キャンペーン適応!
ミュゼの公式サイト

自分に合った処理方法で快適に!

VIOのムダ毛処理はその時のあなたのニーズによっても変わります。

予算に余裕があって、とにかく早く脱毛したいなら医療機関でレーザー脱毛が希望に近いと言えます。

また、急に水着を着る予定が出来たというときは、カットとシェービングで整えるか、ワックス脱毛が合うでしょう。すでに脱毛に通っている人は毛周期が乱れてしまうので、ワックス脱毛は控えましょう。

水着を着ることがなくても、女性を悩ませる生理中のムレや不快感は、VIOのムダ毛処理で改善できます。女性は、VIOのムダ毛を処理しておいて損はありません。

自己処理だけではムダ毛が生え続ける限り、肌にダメージを与えることになります。デリケートな部位だからこそ、安全な方法で処理することが一番の方法です。VIOのムダ毛処理として、エステサロンの脱毛はぜひ前向きに検討してみてください。

【12月最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初回無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

男の脇毛処理でおすすめの方法・長さは?脇のにおいや汗も改善!?

男の脇毛処理はどうしたらいいのか。 ムダ毛処理といえば女性が主流でしたが、最近では男性も美意識が高くなり、ムダ毛処理の需要は右肩上がり。 そんな中、男のムダ毛でビミョーな位置にあるのが脇毛です。 「男が脇毛ボーボーだと、 …

続きを読む

尻毛をキレイに処理する方法は?簡単・安全に脱毛するコツを解説!

最近になって、尻毛の処理をする男性が急増中なんです! 尻毛って、普段は自分で見えないですよね? だからそれほど気にしていなかった…という人も多いでしょう。 しかし尻毛にはデメリットだらけ。 不衛生だし、ニオイも気になるし …

続きを読む

産毛って脱毛できる?お肌を傷めないうぶ毛処理方法まとめ

うぶ毛でも、とくに量が多く生え、目立つ場所が、顔と背中。顔は毎日お化粧をする方にとっては、特に気になりますよね。口周り、頬も絶対油断できません! 背中は自分の目では確認することができないうえに、水着などを着るときには濡れ …

続きを読む

脇の黒ずみは皮膚科?原因と家で解消するための治療方法まとめ

脇の黒ずみで、毎年の夏が憂鬱になっていませんか? 今年こそ、本気で黒ずみをなくしたい! そんな方に自宅で実践できる治し方をご紹介します。 この記事の内容1 脇が黒ずむ原因はなに?2 家でできる!黒ずみ解消ポイント4つ3 …

続きを読む

顔の産毛を処理する最適な方法は?鼻下やおでこはどうする?

顔は1年中見られる場所のため、ムダ毛が生えていると周りの目が気になってしまいますよね? とくに気になる部分が、鼻下や口周り。 ここに産毛が生えていると、まるで「ヒゲ」のように見えてしまいます。 女性としての魅力をアップさ …

続きを読む