足のムダ毛処理の剃り方と頻度は?足のブツブツを防ぐ方法を紹介!

女性 素足-完成

足のムダ毛処理のポイント

足のムダ毛は、女性は誰でも一度は処理したことがありますよね。

キレイな脚を目指してムダ毛処理に励んでいる方も多いはず。それ以上に足のムダ毛処理でブツブツや赤みなど、肌トラブルにも悩むことも多いのではないでしょうか。

せっかくムダ毛をなくしても肌荒れしていたら足を出せなくなってしまいます。
足の肌トラブルを起こさずにムダ毛処理をするには、正しい方法を知ることがポイントです。

正しいムダ毛処理方法

269409
正しくムダ毛を処理するために重要なことは2つあります。

1.肌の負担を減らす

極力肌の負担が少ない方法でムダ毛を処理しましょう。肌にブツブツや赤みが出てしまうのは、肌に見えない傷を作ってしまっていることが原因です。

2.冷却と保湿

負担を最小限に抑えても、ムダ毛処理をすると肌は傷つき、炎症を起こします。炎症はすぐに冷やせば、赤みを抑えることができます

冷やした後に保湿することで、傷をつけたときに失われた肌の保護膜を補うことができます。炎症が落ち着いた状態でじゅうぶんに保湿ケアをすれば、傷の回復も早くなります。

ムダ毛処理のすぐあとに必ず、冷却、保湿の順でアフターケアをしましょう。

おすすめの足のムダ毛処理方法4つ

処理方法を選ぶときに大事なことは、肌に与えるダメージを最小限にすることです。アフターケアはどんなムダ毛処理方法でも必ず行いましょう。

足は毛穴も大きく、ムダ毛が目立ちやすい箇所です。ムダ毛を確実に処理できて、肌ダメージを最小限にできるおすすめの足のムダ毛処理方法を4つご紹介します。

自宅でできる足のムダ毛処理方法

まずはおすすめの方法の中でも、自宅でできる方法を2つご紹介します。

1.シェービング

069872
ムダ毛処理に誰でもやったことのある方法です。ただし、剃る道具はカミソリより負担の少ない電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーで、脚の上から下へ毛流れに従ってシェービングしましょう。

電気シェーバーはパナソニックのフェリエES-WF60シリーズがおすすめです。フェイス用なので、肌に刃が直接触れなくても剃れます。眉毛くらいの太い毛からうぶ毛まで処理できるので、1本あると便利です。家電量販店などで3,000円前後で購入できます。

おすすめポイント
手軽にできる

肌負担を抑えても、いちばん手早くできるムダ毛処理方法です。ムダ毛に気付いた日に、目に見えるムダ毛を処理することができるので、急な予定にも対処できます。電気シェーバーでのシェービングでは専用シェービングフォームなども必要ありません。

電気シェーバーが3,000円前後で、単4形電池を交換すれば使い続けられます。替刃は1,000円前後で数ヵ月もつので、初期投資もランニングコストも手軽な範囲と言えます。

注意点
肌ケアをする

シェービングをする前は、肌を清潔にし、保湿をしましょう

肌とムダ毛がやわらかく保たれていると、シェーバーの刃が肌や毛にひっかかるのを防ぎます。乾燥した肌にシェービングをすると、傷がつきやすいので日頃から保湿に気を付けましょう。

電気シェーバーで剃った後の肌は、ダメージを受けていないように見えますが、必ずアフターケアの冷却と保湿もしましょう。

頻度に気を付ける

手軽にできる分、頻度が増えてしまいがちです。シェービングの頻度は2週間に1~2回がベター。

特に夏場は薄着になることも多く、ムダ毛処理の頻度は多くなります。頻繁にシェービングを繰り返すと、じゅうぶんに肌が補修されないままダメージを与えることになります。肌そのものが弱くなり、乾燥しやすくなるので、気を付けましょう。

すぐにムダ毛を処理できる分、頻繁だと肌負担は大きくなります。シェービングは応急処置のムダ毛処理方法としましょう。

2.家庭用脱毛器

hikariepi

家庭用脱毛器なら、最終的にムダ毛自体を減らして、ムダ毛処理が出来ます。

とくに脚は範囲が広いので、家庭用脱毛器の中でもケノンがおすすめです。ケノンの最大照射範囲は2.5cm×3.7cmで、家庭用脱毛器の中ではかなり広範囲。範囲が広くても、楽にお手入れができます。

もちろん脱毛効果も評価が高く、男性の利用者の体験レビューもたくさんあります。男性のヒゲにも効果があるようなので、ガンコな剛毛で悩んでいる方も試してみる価値はあります。

ケノンは本体に付属カートリッジ込みで税込み69,900円(2015年11月14日現在)。カートリッジ一つで最大20万発の照射が可能です。エステサロンに通うよりも低コストで脱毛ができます。

おすすめポイント
自宅で脱毛ができる

家庭用脱毛器のメリットは自宅で脱毛ができることです。サロンやクリニックに通わなくてもムダ毛を減らすことができるのは楽ですよね。

近くにエステサロンが無いという方や、人にムダ毛を見られたくないという方も、家庭用脱毛器ケノンがあれば自分で脱毛ができます。

ケノンの脱毛方式はエステサロンと同じフラッシュ式です。痛みも少なく、肌にはあたたかさを感じる程度の光で毛根にダメージを与え、脱毛していきます。

ケノンは出力レベルも10段階と細かく調節できるので、使い始めは低いレベルから試してみましょう。脱毛効果があるのはもちろん、家庭でも安全に脱毛ができることも大事なポイントです。

自分の都合に合わせられる

エステサロンなどで脱毛することになると、2~3ヵ月に1回の施術予約が必要になります。ケノンがあれば、予約も必要なく一定の期間を守れば、自分の都合の良いタイミングで脱毛できます

お手入れに必要な時間は両足で約1時間。出力レベルや連続照射機能を使えばもっと短くすることもできます。

予約通りにエステに通えなかったという方も、2週間に1時間の自宅でお手入れする時間さえあれば、エステと同じ脱毛効果が得られます。

注意点
アフターケアをする

ケノンのフラッシュが毛根にダメージを与えると皮膚に熱がこもるので、お手入れの後には冷却と保湿のアフターケアは必須です。冷やしたタオルや保冷剤で冷却し、ほてりが落ち着いたらボディクリームやローションで保湿しましょう。

そのあとも、身体に熱がこもることは避けましょう。お手入れ後の入浴や、激しい運動やサウナ、こたつに長時間いることも、肌の炎症を招きます。

脱毛器でのお手入れは、肌も清潔な入浴後がベストです。

定期的に続ける

ケノンのお手入れは2週間に1回が基本です。特に使い始めは、この期間がひらきすぎてしまうと脱毛の効果があらわれにくくなります。逆に頻度が高すぎると、肌荒れの原因になります。

ケノンは一定のペースを守って、継続使用することで脱毛が出来ます。こまめなケアと、焦って結果を求めずに使い続けることが大切です。

プロに任せて脱毛する

プロによるムダ毛処理の中でも、脱毛は一番のおすすめです。

ムダ毛自体が減っていくので、肌を傷つける頻度も自然と減っていきます。施術後の冷却ケアと、クリニックでは軟膏、エステサロンでは専用ローションを使って保湿ケアも入っているので、アフターケアも確実です。

最終的にムダ毛がなくなれば、ムダ毛処理の肌荒れに悩むこともなくなりますね。

3.医療レーザー脱毛

iryouyoudatunmou
医療脱毛ならレーザー脱毛です。レーザー脱毛は美容外科や美容皮膚科で受けられるほか、医療脱毛専門クリニックでも受けられます。都心近くに住んでいる人は、通う場所の選択肢が増えています。

おすすめポイント
永久脱毛できる

レーザー脱毛は永久脱毛が可能です。レーザー脱毛でムダ毛が生えてこなくなった時点で、自己処理がほとんど必要ない状態になります。

脱毛終了まで短期間

個人差はありますが、レーザー脱毛で足の脱毛をした場合、4~6回前後で自己処理が必要なくなる程度までムダ毛を減らせます。ツルツルにしたい場合は10回以上となります。

これはエステサロンの脱毛と比べると、約2倍のスピードで脱毛効果が出ることになります。脱毛するうえで、最短でムダ毛を脱毛できるのは医療レーザー脱毛と言えます。

注意点
痛みがある

レーザー脱毛で痛みを感じない人はあまりいません。レーザーは光よりも強い熱エネルギーが毛根細胞のひとつひとつを破壊しているので、どうしても痛みが伴う方法です。

そのためにドクター在中の医療機関でしか扱えない脱毛方式になります。痛みに備えて冷却やオプションの麻酔クリームを塗ることもできます。

皮膚がもともと薄い人は、痛みどころか火傷をする可能性もあります。医師と相談したり、お試しで1回受けてみたりして、脱毛方法を選択したほうが良いでしょう。

高額

脱毛方式の中では、最も少ない回数で永久脱毛が可能ですが、その分費用は安くありません。

例えば湘南美容外科では、両足を脱毛すると、ヒザ、ヒザ下、ヒザ上、足の甲指と料金が分かれます。この4ヶ所を6回脱毛するには、税込みで219,500円。

脱毛エステサロンの銀座カラーでは脚全セット6回で税込み88,560円。脱毛ラボは6回で税込み77,448円です。

レーザー脱毛は医療行為なので、同じ脱毛と言っても、エステサロンの脱毛とはかかる費用が違います。費用においては、経済状況に合わせてよく検討する必要があります。

4エステサロン

3
エステサロンの光脱毛が安く受けられるようになり、脱毛専門サロンなどもたくさんできました。駅に近い店舗も多く、仕事や学校帰りにサロンに通う人も多いですね。

勧誘もなく、学生なども気軽に通える雰囲気作りで、カジュアルに脱毛ができることが魅力です。

おすすめポイント
払いやすい価格

エステサロンの脱毛自体、価格がだいぶ下がりました。足の脱毛は10万円もあれば、毛を50%に減らせる6回コースが受けられます。

もちろん完璧にツルツル美脚にするなら12回以上必要になるので、金額もあがります。希望の肌に近づけることを優先に考える場合は、支払い方法で支払いの負担を軽くすることもできます。

月額制や通い放題プランの導入があるサロンも多く、毎月一定の収入があれば大きな負担なく脱毛に通うこともできます。コースや費用はカウンセリング時に相談できるので、希望や予算は決めておきましょう。

銀座カラーでは、20歳以下限定で都度払いコースが用意されています。学生でも安心して脱毛に通えるようになりました。

美肌効果がある

光脱毛はもともとエステサロンのフェイシャルエステに使われていた光を応用したものです。光脱毛の光は、肌の弾力とツヤを生み出す細胞を活性化させ、ターンオーバーも整えます。脱毛直後から、潤いと透明感を上がったのを実感できます。

足のムダ毛がなくなるだけでなく、肌自体キレイになるので、本当の美脚を手に入れられます。

痛みが少ない

光脱毛は、レーザー脱毛と違いムダ毛の細胞を破壊するのではなく、少しずつダメージを重ねて減らしていきます。箇所によっては痛みがありますが、肌に光が当たるときにチクッとする程度です。

特にハイパースキン脱毛は光脱毛の中でもっとも痛みが少ない脱毛です。すでに表面に見える黒い毛ではなく、これから生える毛の細胞にダメージを与えて、痛みもなく確実に脱毛していきます。

脱毛は回数を重ねなければ効果は出ないので、続けられるかどうかも考えておきましょう。

注意点
長期間通う必要がある

一般的な目安として、光脱毛で自己処理のいらない状態にするには2年以上通う必要があります。光脱毛は毛周期に合わせて2~3ヵ月に1回の施術を6回ほど繰り返すと、脱毛の効果を実感できるようになります。10回以上で毛が全体的に太かった毛もうぶ毛に近づいていきます。

ムダ毛ゼロのツルスベ脚にするには、どうしても毛周期に合わせて確実に回数を重ねていくことが重要です。

痛みが少ない分、効果がおだやかですが、逆に脱毛の痛みが強いと、脱毛にストレスを感じて通えなくなってしまいます。そうなるとまた脱毛をしたくなったときにも、同じだけ回数や時間がかかってしまいます。

エステサロンでは脱毛は時間がかかるものとして、脱毛に通うストレスを少しでも減らせるようなサービスと雰囲気作りを大切にしているようです。

予算や時間、通いやすさが大事なポイント

足のムダ毛処理に、医療レーザー脱毛かエステサロンの光脱毛のどちらかを選ぶには、ポイントがあります。

プロの脱毛方法の2つで大きく違う点は、費用と通う期間です。

  • 足のムダ毛にかける予算に余裕があって、できるだけ早くムダ毛をなくしたいという場合は医療脱毛がおすすめです。
  • 時間がかかっても出来るだけ予算内で足のムダ毛を確実に減らしたい場合なら、エステサロンをおすすめします。

あとは通いやすさもポイントです。医療脱毛をしたくても、定期的に通える範囲にクリニックが無く、脱毛サロンは近くにある、という人もいます。両方が近くにあって悩んでいる人は、まずは体験してみてはいかがでしょうか。

体験メニューを利用してみる

通いやすさは、近くにあるかどうかだけでは決められない場合もあります。

クリニックは脱毛を1回から都度払いで受けられたり、エステサロンは体験メニューのほか時期によってキャンペーン価格もあります。

実際施術を受けることで個人差のある痛みに関しても実感できます。一度行ってみることでサロンやクリニックの雰囲気や、定期的に通い続けられるかの判断材料として大きく役立ちます

足のムダ毛処理をプロに任せる方法で検討している方は、ぜひ一度利用してみてください。

脱毛エステサロンのキャンペーンのお得な利用方法については、こちらも参考にしてみてください。

https://datsumou-egg.jp/datumounituite/urawaza1

肌荒れしやすい処理方法

ムダ毛を処理する方法はたくさんありますが、肌荒れを起こしやすく、やってはいけない方法もあります。

毛を抜く

kenuki
ムダ毛を毛穴から引き抜く方法は、毛穴にも肌にも一番負担がかかる方法です。

毛穴に傷を作り、毛穴の中で雑菌が繁殖、化膿することもあります。これは毛嚢炎とも呼ばれ、皮膚科で診察のうえ治療が必要になります。一度毛嚢炎が起きると毛穴に傷あとができ、プツプツとしたシミができてしまいます。

ムダ毛は絶対に抜かないようにしましょう。

薬剤で除毛する

147513
アルカリ性の薬剤を含んだ除毛クリームで毛を溶かし、ムダ毛を除毛する方法があります。

毛を溶かす薬剤は強いアルカリ性のため、弱酸性である素肌には大きな負担となります。肌表面のバリアも奪われ、肌自体が弱ってしまいます

ムダ毛処理の効果としてはシェービングと変わらないのに、肌負担がかなり大きくなるので避けたほうがいい方法です。

まずは肌荒れを治してスベスベ足に

ムダ毛ゼロの脚をつくるには、肌自体がキレイでいることも重要です。肌荒れしやすい肌では、ムダ毛処理自体が難しくなってしまうので、日頃から保湿ケアをこころがけましょう

もともと毛穴が大きい箇所である脚は、乾燥していると毛穴が目立ちます。保湿することで、キメも整い、毛穴もふっくらとしてスベスベ肌になれます。

足のムダ毛処理が必要な時は、人目にさらされる時とも言えます。気持ちにも肌にもストレスのない方法でムダ毛処理をして、おしゃれを楽しみましょう。

【12月最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初回無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

男の脇毛処理でおすすめの方法・長さは?脇のにおいや汗も改善!?

男の脇毛処理はどうしたらいいのか。 ムダ毛処理といえば女性が主流でしたが、最近では男性も美意識が高くなり、ムダ毛処理の需要は右肩上がり。 そんな中、男のムダ毛でビミョーな位置にあるのが脇毛です。 「男が脇毛ボーボーだと、 …

続きを読む

尻毛をキレイに処理する方法は?簡単・安全に脱毛するコツを解説!

最近になって、尻毛の処理をする男性が急増中なんです! 尻毛って、普段は自分で見えないですよね? だからそれほど気にしていなかった…という人も多いでしょう。 しかし尻毛にはデメリットだらけ。 不衛生だし、ニオイも気になるし …

続きを読む

産毛って脱毛できる?お肌を傷めないうぶ毛処理方法まとめ

うぶ毛でも、とくに量が多く生え、目立つ場所が、顔と背中。顔は毎日お化粧をする方にとっては、特に気になりますよね。口周り、頬も絶対油断できません! 背中は自分の目では確認することができないうえに、水着などを着るときには濡れ …

続きを読む

脇の黒ずみは皮膚科?原因と家で解消するための治療方法まとめ

脇の黒ずみで、毎年の夏が憂鬱になっていませんか? 今年こそ、本気で黒ずみをなくしたい! そんな方に自宅で実践できる治し方をご紹介します。 この記事の内容1 脇が黒ずむ原因はなに?2 家でできる!黒ずみ解消ポイント4つ3 …

続きを読む

顔の産毛を処理する最適な方法は?鼻下やおでこはどうする?

顔は1年中見られる場所のため、ムダ毛が生えていると周りの目が気になってしまいますよね? とくに気になる部分が、鼻下や口周り。 ここに産毛が生えていると、まるで「ヒゲ」のように見えてしまいます。 女性としての魅力をアップさ …

続きを読む