ムダ毛処理の頻度はどれくらいが適切?毎日カミソリで処理するべき?


女性のキレイな脚って、同じ女性でもついつい見惚れてしまいますよね。
そこで気になるのが、ムダ毛処理の問題。

特に初夏ごろになると、「あの人、もうムダ毛処理できてる!」なんて焦ったりしませんか?

いつでもスカートを着こなしている女性は、どのくらいの頻度でムダ毛処理しているんでしょうか?

この記事では、カミソリや毛抜きなど全アイテムのムダ毛処理の頻度について解説していきます!

私って…ムダ毛処理しすぎ!?普通に頻度はどのくらい!?

一度気になってしまうと、まずは平均値が知りたくなりますよね。
自分では毛深いと思っていなかったけど、普通より頻度が高かったら、毛深いのかな…?なんて不安になっちゃいますよね。

実は、毎日という人もいれば、1週間に1回だったり、3週間に1回だったりと、人それぞれです。

同じ頻度が低い人でも、もともと毛が薄く、気になっていないという場合はもちろんですが、ムダ毛が気になるからこそ、長袖ロングボトムでなるべく過ごして、処理はできるときだけ、という方もいます。
毛の状態ももちろんですが、ライフスタイルや体質も、頻度に関わりますね。

色々なアンケート数値がありますが、そもそもいつの時期に行ったのか、どの年代のどこの地域の方が対象なのかというのでも結果はまちまちになってしまいます。

ムダ毛処理の頻度に平均値はとくにありません。

とにかくムダ毛処理の頻度を減らしたいと考えてる人は、以下のキャンペーンをチェックしてくださいね!

>>残りあと2日!お得な脱毛キャンペーンはコチラ!

ムダ毛処理の頻度は「少ない」ほうが「良い」ってどういうこと?

ムダ毛を自己処理する頻度は少ないほうが良いと言われています。

ではその「少ない」基準は何?「良い」というのはどういうことなの?と思いますよね。

結論から言うと、「自己処理はしない」ほうが「肌に良い」のです。
ムダ毛処理という行為自体が肌にダメージを与えるものだからです。

肌ダメージを繰り返していると、肌トラブルが増え、免疫が下がり皮膚病にもつながりかねません。
それでなくとも、肌荒れや傷痕はシミや黒ずみ、くすみの原因です。

将来的に脱毛サロンなどでの脱毛を考えている人は、シミや黒ずみがある箇所は脱毛できない場合もあるので、気を付けたいところです。

サロンで脱毛を考えている人は、以下のキャンペーンも確認してみてくださいね。

>>300円で脱毛!?今月おすすめのキャンペーン!

自己流はもう卒業!正しいムダ毛処理方法を全部紹介!

自己処理を正しく行えば、肌ダメージを最小限に抑えられます。
自己処理の方法別にご紹介します。

カミソリやシェーバーで剃る頻度は?

たはお風呂上りに、身体があたたかいうちに保湿ケアを済ませておき、蒸しタオルを当てます。
お風呂場ではムダ毛処理は行いません!

使うカミソリやシェーバーの刃の切れ味や、さびついたりしていないかを確認しましょう。
力を入れなくても毛が剃れる切れ味のもので、乾かして保管しているものにしましょう。

剃る

必ず専用シェービングローションやクリームを使います。
逆剃りは厳禁です。毛の生えている方向へ向かって剃っていき、同じところを何度も剃らないでください。

深剃りしたい方は、剃っているときに同じ方向へ肌を引っ張ってください。
剃り終わったら、ぬるめの水でシェービングローションやジェルを洗い流してください。

アフターケアと頻度

剃った箇所を、準備した冷やしタオルで冷やします。
やさしく包んで冷やしましょう。
冷やしたあとに保湿していきます。

日頃使っている保湿アイテム、乾燥しやすい方は、ローションのあとはクリームで保湿するなどで、しっかり肌を保湿します。

カミソリやシェーバーは刃を使用していますので、どうしても肌を削ってしまいます。
そのため、頻度は1週間に1回程度が望ましいです。

おすすめのカミソリについて知りたい方は以下の記事をチェック!

ムダ毛を脱色する頻度は?

毎回必ず行ってください。
肌がやわらかく、日に焼けていない箇所がいいですね。
二の腕の内側やひざの裏などに、10円玉大の範囲で薬剤を塗って、説明書の放置時間と同じだけ置きます。

このときにピリつきや痛み、かゆみを感じたら使用は中止してください。
時間がたったら、ぬるめの水で洗い流します。
このときも、肌の様子を見て、赤く腫れたり痛みがないか確認してください。

異常がある場合は使用しないでください。
アフターケア用に冷やしタオルや保冷剤を用意しておきましよう。

脱色剤の種類

市販の脱色剤には、自分で薬剤を混ぜる分液タイプとすでに混ざっている混合タイプがあります。
商品によって、混ぜ方や塗ったあとの放置時間も違います。
説明書をよく読んで、指示通りに安全に行ってください。

放置時間の途中でかゆみが出たときは、その部分の薬剤を取り除き、冷やしてください。
時間がたったら、冷たい水かぬるめの水で洗い流します。

アフターケアと頻度

洗い流すと肌が赤くなったり、腫れたりすることもありますので、冷やしタオルや保冷剤でまずは冷やします。
薬剤が触れた肌は非常に敏感になっています。

保湿ケアをするのはもちろんですが、必ず肌に合ったもので刺激の少ない保湿剤を使いましょう。
脱色はあくまで、色を抜いただけなので、1週間ほどで根元が伸びてきて黒い部分が見えてきます。

1週間を目安に行い、肌荒れしていくようでしたら、月に1回から2回ほどにしましょう。

除毛クリームで除毛する頻度は?


除毛クリームは毛を根元から溶かして処理します。
除毛剤の主成分の多くは「チオグリコール酸カルシウム」がたんぱく質に反応して毛を溶かします。

加えて「水酸化カルシウム」など、アルカリ性剤がその効果を高めています。

手で直接塗ることができる商品もありますが、できるだけリムーバースティックやヘラが同梱されているものを選ぶと、手を汚さず、比較的楽に除毛できるそうです。

準備

薬剤を直接肌に塗るものなので、必ず毎回パッチテストを行います。
肌がやわらかい、二の腕の内側やひざの裏などに、10円玉大の範囲で薬剤を塗ります。

説明書の放置時間置いて、クリームを取り去ってください。
放置している間や取り去った後も、肌状態に異常がないか確認しましょう。

かゆみや痛みがあるときは、使用を中止します。

除毛する

除毛剤は市販ですでに種類があり、方法や放置時間はさまざまです。
自分にとって使いやすそうなものを選び、使用方法や注意書きはしっかりと読み、その指示に従ってください。

特に、薬剤の量と放置時間は、説明書より多すぎたり少なすぎたりすると確実な効果は得られません。
指定の放置時間がたったら、薬剤を取り去ります。

このときに、カミソリやシェーバーで取り去らないでください。
最後に水かぬるい水で洗い流します。

アフターケアと頻度

除毛後の肌はとても乾燥しやすいです。
たんぱく質は肌の角質成分なうえに、通常の肌環境は弱酸性なので、除毛剤の主成分は毛だけでなく肌も溶かしていることになります。

低刺激のクリームや軟膏で、表面にバリアを作って保湿しましょう。
肌に近い、精製度の高いワセリンやセラミド配合のクリームもおすすめです。
使用後24時間は、制汗剤、香水、化粧水、日焼け止めの使用を控えてください。

効果としては、根元から毛を溶かしてはくれますが、毛穴の中の毛までは溶かさないので、剃る処理と同じくらいの早さで毛は元通りに生えそろってきます。
剃る処理と違って、毛の切り口が尖っていないので、チクチク感はありません。

薬剤の刺激によって、肌ダメージは剃るときより大きいかもしれません。
次回使用は3日後以降といわれていますが、こちらも1週間に1回程度で様子を見ましょう。

おすすめの除毛クリームについて知りたい方は以下の記事を確認してくださいね。

毛を抜く

毛を抜くのは、肌にも毛穴にも非常にダメージが大きく、毛嚢炎などのリスクが高まります。
おすすめできない自己処理方法です。

どうしても一部分だけ、という場合に行うときは、肌を清潔にしてから、肌を毛流れの方向に引っ張り、毛を毛抜きでつかんだら、毛流れの方向へゆっくり引き抜きます。

毛を抜いたあとの箇所も、冷却と保湿をしっかり行いましょう。

自己処理の頻度を減らす5つの方法!

自己処理を正しく行い、丁寧に肌を保湿・保護することが大事ですが、「やっぱり面倒!」と感じている方は自己処理の頻度を下げるポイントをおさえましょう!

1.洗うだけで処理の頻度が減らせる脱毛石鹸を使う

脱毛石鹸は洗うだけでムダ毛の成長をおくらせることができる、最新の石鹸です。

顔やデリケートゾーンにも安心して使えるので、気になる方は以下の記事を確認してくださいね!

2.抑毛ローションを使用で、伸びる速度を抑える

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン配合によって、体毛の成長ををおだやかに抑える化粧品です。
美容成分も多く含み、普段の保湿ケアとしても人気の高いアイテムです。

3.出来る限りムダ毛が気になる部分を出さない服装をする

夏や暑いときは、長袖でも透け感のある軽い素材を選べば、季節感はありますね。

4.デートや水着など特別な予定がある前日のみ処理をする

女性らしい服装や、肌を露出することが確実な予定があるときだけ、しっかり準備しましょう。

5.脱毛サロンで自己処理をなくす

サロンで脱毛すればムダ毛を処理する必要がなくなります。

今は脱毛サロンが沢山あるため、それぞれサロンは色々とお得なキャンペーンを打ち出しています。

その中でも最もお得に脱毛できるのがミュゼプラチナムです!

ミュゼ今月限定のお得なキャンペーン!


>>ミュゼ公式サイトはこちら<<

  • ワキ・Vラインは通い放題+全身8ヵ所脱毛で300円!
  • 嫌な勧誘は一切なし!脱毛初心者も安心して通える!
  • 脱毛サロン店舗数NO1!予約も取りやすい!

ミュゼの今月のキャンペーンはとってもお得♪

今なら300円で脱毛ができちゃいます!

さらに、ワキ・Vラインは通い放題なので、効果に満足するまで脱毛できますよ!

また、ミュゼは嫌な勧誘も一切なし!

脱毛を考えている人にはもってこいのキャンペーンです!

キャンペーンサイトはこちら

鼻下の毛はヒゲ?毎日気になる!

顔の産毛、とくに鼻下のムダ毛は、メイク前に見つけてしまって、慌てて剃っている方も多いのでは?

顔の産毛をシェービングすると、古い角質とくすみがとれ、肌がワントーン明るくなって、化粧のりも良くなりますよね。

ただどのくらいの頻度で行っているか、意識せずに処理している場合が多いです。
まずはメイク前に行わず、肌が清潔な状態で、紫外線を浴びない、寝る前に行うようにしましょう。

顔の肌表皮はティッシュペーパーの薄い1枚分くらいの厚さです。
産毛を処理するときは、クリームを多めに塗って保護しながら行いましょう。

鼻下のムダ毛はとくに気になりますよね。
ただ、気になるからと言って頻度が多いと、肌が赤黒くなったり、最悪毛が濃くなったりして、さらにヒゲのようになってしまうことも!?
顔の産毛、ムダ毛処理は週1回以下にとどめておきましょう。

鼻の下の毛の処理は脱毛サロンがおすすめ

肌のことを考えたら、やっぱり確実に自己処理の頻度を減らすことが一番です。
そのためには、プロに任せて脱毛することをおすすめします。

医療機関の永久脱毛はもちろん、エステサロンでの光脱毛も、通っていけば確実に自己処理の頻度は減っていきます。

自己処理の頻度が減れば、今まで自己処理で生じたダメージ肌も回復し、ムダ毛も確実に減っていきます。
特にうれしい効果があるのが、顔の脱毛です。
顔も脱毛できるサロンも増えてきているのですが、脱毛によって毛が細くなったり、減っていくと、毛穴が小さくなっていきます。

鼻下のムダ毛はもちろん、頬の産毛も脱毛できると、本当に美肌も叶えられます。
「つるつるってほどじゃなくてもいいんだけど…」「目立つところだけやりたい」という方でも、最近では回数や箇所は自由に選べるので、それほど時間も期間もかからずに希望の毛の状態までもっていくことができますよ!
脱毛に通っている方は、生活圏内や通勤通学の通り道などで見つけていることが多いようです。
まずは通えそうなところから、相談してみてはいかがでしょうか!

顔脱毛できるサロンについて確認した方は以下の記事を読んでくださいね。

メリット・デメリットでムダ毛との付き合い方を考えましょう

自己処理のメリットは、いつでも手軽にできることですが、肌や今後のムダ毛のことを考えると、しっかりとしたスキンケアがカギを握ります。
しかし、毛には周期があって、「成長期」「退行期」「休止期」を約3ヶ月で繰り返しています。
「成長期」が今表面に出て、伸びている毛。「退行期」は伸び終わって毛が毛穴から抜けていく時期。
「休止期」は、毛が抜けたらしばらく生えてこなくなっているのです。
このサイクルはひとつひとつの毛穴で繰り返されていて、伸びる速度は箇所によって変わります。

肌にも周期はありますが、毛と違うのは、肌はダメージを受けるとその分生まれ変わりまで時間がかかる上に、ダメージが繰り返されるとメラニンが増加し、くすみやシミを作っていきます。
ムダ毛は元気に生えてきますが、肌は年齢や身体の調子によって非常に繊細に反応します。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

関連記事

悩める剛毛女性たちへ!原因とおすすめの処理法をご紹介

剛毛で悩む女性。 友達などにも相談できず、一人で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 そもそも剛毛の原因は遺伝なのか、日頃の生活が影響しているのか気になります。 そこで今回は、剛毛になる原因や対処法、女性が抱える悩み …

続きを読む

毛が濃い女性の原因と特徴は?濃い体毛の処理方法と対策を紹介!

「もしかして、他の人より毛深いのかも!?」 気になって毎日処理するものの、すぐに生えてきてジョリジョリに…。 原因を知って改善方法を実践すれば、こんな濃い毛とはオサラバできちゃいます! このページでは毛深いムダ毛の原因か …

続きを読む