最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題100円!+人気部位が1箇所50円均一!!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

本当に良い脱毛方法は?脱毛サロンと家庭用脱毛器を比較

脱毛専門のエステサロンも増えて、価格も手ごろになり誰でも通いやすくなりました。

加えて家庭用脱毛器も進化して、剃る・抜く以外の、エステサロン並みの脱毛が出来るものも豊富になりました。

一体どちらが良いのか迷っている方のために、脱毛サロンと家庭用脱毛器をいろい

ろなポイントから比較、検証してみました。

まずは、脱毛サロンと家庭用脱毛器の、それぞれのメリットとデメリットを整理しましょう。

スポンサーリンク

脱毛サロンのメリット・デメリット

メリット

212203

肌に優しく納得できる脱毛ができる

エステサロンだからこそ、肌状態も確認して脱毛が出来ます。

アフターケアに美肌効果のあるケアローションやミルクで肌を整えてもらえるので、脱毛後の肌の仕上がりは自己処理のときと違いがはっきりわかります。

仕上がりと安全性

自分では届かない部分や気が付かなった部分にあるムダ毛もくまなくお手入れできるのは、プロに任せるからこそ得られる効果です。

プロの目で肌を確認しながら施術していくので、肌に安全に、脱毛は確実に進められます。

全国に店舗

脱毛エステサロンは大手なら店舗数が多く、全国に店舗を展開しています。

定期的にお手入れしなければいけないムダ毛脱毛だからこそ、通いやすいのは嬉しいですよね。

スポンサーリンク

デメリット

コスト

脱毛に出来る限りお金をかけずにできるなら、それ以上のことはないです。

誰でも脱毛サロンに通うとなると安くはない価格が悩みになります。

全身脱毛だと30万円近い金額が必要になってしまいます。

選ぶのが大変

脱毛サロンが増えたのは嬉しいですが、そこから自分に合うサロンを見つけるのも一苦労です。

近くのサロン全部を比べたいとなると時間も体力も必要です。

だからといって、自分がリラックスして通えるサロンを見つけるには、実際に体験しないことには決められるものではありません。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

104069

メリット

自分の好きな時に好きなだけ

自宅なら自分の空いた時間に自分のペースで脱毛できます。

脱毛したい箇所を一度に自由に脱毛できるので、忙しい人もストレスなくお手入れが出来ます。

コスト

家庭用脱毛器は10万円以下で購入ができます。

10万円で好きなだけ全身脱毛も出来ると思うと、かなりコストパフォーマンスの良いアイテムと言えます。

スポンサーリンク

デメリット

基本の肌ケアも自分で

脱毛に必要な基本的なケアも自分で忘れずに行わないといけません。

紫外線ケアや保湿ケアを怠ると、肌荒れが起きやすくなり、脱毛ができなくなってしまうこともあります。

安全性

脱毛器での脱毛はすべて自己責任の行為です。

脱毛器の多くはデリケートなIOラインの使用は推奨していません。間違った使い方で火傷をすることもあります。

安全に使うには、照射レベルをコントロールして、自分の肌に合ったレベルで脱毛することが大事です。

脱毛サロンと脱毛器をじっくり比較

bsCRI_IMG_6067-(1)

どちらにもメリット、デメリットがあるのはわかっていただけたでしょうか。それぞれを4つの項目で比較してみました。

比較1:脱毛コースで見てみよう

脱毛サロンのメニューを見たことがある人は、部分脱毛と全身脱毛で価格が変わることに気づいている人は多いでしょう。

脱毛器も、使用目的が脱毛である以上、どこの部分をどのくらいまで脱毛したいかでも、コストパフォーマンスは変わります。

脱毛サロンと脱毛器を、全身脱毛と部分脱毛で比べてみましょう。

全身脱毛なら

全身脱毛を脱毛サロンで行った場合、肌のケアや脱毛用のジェルを塗る時間も含めて平均2~3時間が必要です。

サロンによってはエステティシャン2人が同時にお手入れして時間短縮する場合もありますが、早くても2時間となります。

脱毛器で全身脱毛をするとしたら、自分1人が脱毛していきます。

しかも光脱毛器で人気のケノンの最大照射面積3.7cm×2.5cmでも、脚や腕など広い部位は細かく当てなければいけません。

脱毛サロンなら背中やVIOゾーンもそのままできますが、自分では見えにくい範囲は脱毛器だけでは難しいです。

見えにくい範囲を含めても考えると、脱毛器で自分でお手入れすると3時間以上かかります。

全身脱毛を境目なく、満足いく結果を得られるのは脱毛サロンと言えます。

部分脱毛なら

部分脱毛で脇だけ脱毛する場合で比べてみましょう。

  • 脱毛サロンで脇の脱毛は、両脇で保湿ケアまで含めて約10分で終了します。

    脱そこに脱毛の時間に加えて、脱毛用のジェルのコストと着替えの時間、通うまでの時間と交通費がかかります。

  • 脱毛器での脇脱毛も同じ15分程度で保湿まで終了します。

    家庭用脱毛器の多くはジェル不要のものが多く、脱毛サロンに比べると必要時間も手間も少なくすみます。

小さい範囲の部分脱毛なら家庭用脱毛器のほうが、時間や手間はかかりません。

比較2:効果の違いは?

脱毛サロンの脱毛器と家庭用脱毛器の脱毛の光1回分の出力レベルには差があります。

ただそれに合わせて使い方が違います。

脱毛サロンは出力レベルが高いので、2ヶ月に1回で充分です。

家庭用脱毛器は1回の出力レベルが低いので、2週間に1回のペースで使います。

出力レベルに合わせた使い方をしているので正しくと利用すれば、家庭用脱毛器も脱毛サロンと同等の脱毛効果が得られます。

比較3:脱毛に必要な1回分のコスト面では?

実際脱毛1回分がいくらなのか、どのくらい差があるのか確認しましょう。

脱毛サロンのミュゼでは最安値キャンペーンが脇とVラインで通い放題300円です。

このキャンペーンを見て、脱毛を始めようかなと考える人も多いです。

家庭用脱毛器でもっともコストパフォーマンスが高いのは光脱毛器のケノンです。

本体同時購入でカートリッジラージサイズを3,700円で購入し、最高レベル10でお手入れした場合で比べます。
脇とVラインでショット数は両脇で10ショットとVライン4ショットで、14ショットとします。

ミュゼは通い放題ですが、5回終了時点の金額がこちらです。

店舗名 両脇+V(14ショット) 5回終了時点
ミュゼ 300円(通い放題) 300円(通い放題)
ケノン 1回2.52円(1ショット0.028円) 5回で12.6円

300円で通い放題の場合8回以上通わないと、家庭用脱毛器よりお得になりません。

この場合、キャンペーン価格での計算ですので、他の部位も脱毛したいと思うと通常料金はここまで安くはなりません。

ケノンも最高出力での計算なので、低い出力で効果が出る場合はもっとお得です。

脱毛器によってはジェルや付属品を購入しないと脱毛できないものもあるので、機械本体だけの価格ではなく機能上かかるコストも確認しておきましょう。

同じ部分脱毛でもVIO脱毛は脱毛サロンがおすすめです。価格は高く感じますが、安全面と脱毛範囲の面では確実です。

比較4:手間がかかるのはどっち?

7a9d62cebbb8165899a5fa04c4b7841c_s

予算に余裕がある方は、自分にとって楽な方法を選ぶのがベストです。

脱毛サロンは予約がとれるかどうかと、2~3ヶ月に1回脱毛のために時間が取れるかどうかを考えてみましょう。

余裕をもって通えないようだとストレスになりますよね。

脱毛サロンなら冷却と保湿まで、ケアをしてくれることも特典です。

脱毛器の場合は予約不要で、自分のペースで自宅で脱毛できることが大きなメリットと感じている人も多いです。

最短で2週間に1回、自分で定期的に行えるかどうかということも大切です。

冷却と保湿の肌ケアまでしっかり行う必要があります。

脱毛ニーズが大事

ここまで比較してきましたが、そもそも近くにサロンがないという人には家庭用脱毛器は助かります。

脱毛器の多くが、ネット販売なのは、サロンが近くにない人のためでもあるのです。

また、目に見える範囲の、自分が今まで自己処理してきた部位をなるべく低価格で済ますには、脱毛器への切り替えがおすすめです。

サロンが通える範囲にあって、徹底的に全身脱毛したいという人には脱毛サロンなら納得いく結果が得られます。

肌ケアや定期的なお手入れを自分で管理するのが面倒に感じている方は、プロに相談しながらお任せするほうが納得して脱毛が出来ます。

自分に合う脱毛方法がいちばん良い!
女性がずっとムダ毛に悩まされているように、残念ながらムダ毛はそう簡単になくならないのが事実です。どうしても手間と時間はかかってしまいます。

今は脱毛サロンもいろんな選べるコースも用意してますし、脱毛器もタイプ別で選べたり、自分の環境やニーズに合わせて方法はたくさんあります。どうせ時間も手間もかかるのならば、特徴やメリット・デメリットを確認して、うまく利用しましょう。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

もっと早くやっておけばよかった!メリットだらけのハイジニーナ脱毛

女性にとって、今や脱毛はすっかり定着してステータスになっています。 腕や脚といった見える箇所の脱毛は当たり前の時代です。 デリケートな部分であるVIOの脱毛をする女性も増えてきているのです。 なかでも、VIOを無毛にする …

続きを読む

【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。 お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。 見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすい …

続きを読む

Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

ラインのムダ毛を意識することが、あまりない人もいるのではないでしょうか。 水着を着るときや彼氏との旅行など大切なイベントの前には、処理をしておきたい部位です。 しかし、Iラインは人になかなか相談できない部位でもあります。 …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む