最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題+最大8カ所が1回分無料!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

敏感肌さんの不安解消!本当に良い脱毛サロンの選び方

脱毛専門サロンも増え、夏など最盛期にはキャンペーン価格でかなり手軽に脱毛できるようになりました。

ただその分、「安すぎて不安」「ムダ毛はなくなっても、肌は大丈夫?」という声から、「敏感肌だから脱毛がこわい」という声もよく聞きます。

今情報の主流ともいえる口コミはあくまで個人の感想のため、情報が多すぎてわからなくなりますよね。

脱毛が肌にどんな影響を与えるのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

レーザー脱毛と光脱毛の仕組み

datsumou_ude_woman

現在主流のプロによる脱毛方法は2つ。現在エステサロンや脱毛専門サロンでの光脱毛と、美容皮膚科など、医療機関でのレーザー脱毛があります。

ほかにも、ブラジリアンワックスやニードル脱毛などもありますが、肌へのやさしさでいうと、レーザー脱毛と光脱毛が圧倒的です。

光脱毛とレーザー脱毛は実は原理は同じです。

レーザーも光も、強い光でムダ毛の毛根にダメージを与えて、毛根から毛を減らしていく方法です。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

原理は同じですが、レーザー脱毛は医療機関でしか使用が出来ません。

エネルギーの出力量がレーザーのほうが大きいためです。そのため、脱毛効果も光脱毛よりレーザー脱毛のほうが早くあらわれるんですね。

しかし、光脱毛は脱毛完了まで期間がかかるものの、レーザーに比べて痛みが少ないといわれています。

ただ痛みに関しては、最近はレーザー脱毛でもだいぶ抑えられたことと、箇所によって光脱毛でも痛みはあります。

医療脱毛とサロン脱毛はそれぞれの特徴を見て、なにをとるかで決めましょう。

脱毛の光やレーザーを当てたとき、肌はどうなるの?

92c97286237b8b078561a9e2e8404f57_s

脱毛の光は肌表面から毛根に届く程度なので、3~4㎜程度の深さに届きます。

この時に毛根を弱らせています。一度では毛根はなくならないので、繰り返すことで、脱毛になるのです。

光はメラニン色素を狙って反応するので、肌にその熱すべてが影響するわけではありません。

毛根のメラニン色素に反応した余りの分が肌に当たります。

光の深さは私たちが目で見える肌表面、表皮より下の、真皮に届いていることになります。

真皮では、肌のハリや修復を担うコラーゲンやエラスチンが活動しています。

コラーゲンやエラスチンを生み出す細胞があり、それが繊維芽細胞といいます。

スポンサーリンク

繊維芽細胞は光脱毛で活動復活

実は繊維芽細胞は光脱毛の光エネルギーが届くと、生産活動が活発になるんです。

衰えていた繊維芽細胞も、新たにコラーゲンやエラスチンを生み出し、肌の土台を整えていきます。

真皮の活動が活発化すると、その上部の表皮で落ち込んでいる部分を持ち上げてくれます。

表皮が落ち込む状態というのが、シワやたるみです。シワやたるみを延ばすと、影がなくなり、明るく見えます。

脱毛の光と肌は実は相性がいいと言えますね。

身体にあるシワ・たるみにも!

シワやたるみは顔だけでなく実は身体にもあるため、脱毛した箇所の肌色が白く、明るく見えるのは脱毛の光のおかげだったのです。

レーザーはさらに肌が明るく!?

また、出力の高いレーザー脱毛のほうは、光によるハリ・弾力の生成に加えて、軽いピーリング効果もあるようです。

肌の吸収が良い状態のため、施術後の保湿ケアをしっかり行うと、より肌ケア効果も出やすくなります。

肌に「やさしい」脱毛をしたい!

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

肌の土台を活性化する点では、脱毛は肌に良い影響はあるようです。

しかし、肌に良いことと、肌にやさしいことは違います。

肌がもともと弱い方が、脱毛の施術を受けても大丈夫でしょうか?

脱毛で肌荒れしない?

「安すぎて不安」と感じる方の中には、肌荒れの心配をしている方も少なくないと思います。

大手脱毛サロンでは、脱毛機は日本製のものや医療メーカーの最高基準のものを使用することで売り出しているサロンも多いです。

それでいて価格抑えられているのは、広告費を抑えたり、徹底したコストカットなどの工夫があるようです。

肌が敏感な人はココで選んで!

脱毛で与える光や熱自体には肌荒れを起こす作用はありません。

今のところ、脱毛が肌に悪い影響を与える医学的根拠もないのです。

肌が敏感な人が気を付けたいのが、施術で必要なジェルやアフターケアの保湿ローションです。
もちろんジェルもローションも、ダメージから肌を守るためのものなので、多くの人の肌に使えるようにできています。

しかし、肌に合うものが限られている人は、脱毛体験やカウンセリングでそのことを伝えておきましょう。

アトピーや肌が弱い人も脱毛できるの?

肌が弱い人にはまず、肌への刺激を避けなければなりません。

もちろんレーザーや光による痛みや熱は刺激にはなっています。

そのためにアフターケアの冷却と保湿までがコースになっているのです。

しかし、自己処理を続けていると、毛自体は減らないので、毛がある限りずっと肌を傷つけることになります。

そうなると、ムダ毛の自己処理が一番肌に刺激になっていると言えるので、脱毛をすることがおすすめではあります。

肌をケアしながら脱毛するには

脱毛完了までの間の自己処理の回数を考えると、医療機関でのレーザー脱毛が良いかもしれません。

しかも常にドクターがいるので、万が一何かあった時は手早く相談や対応ができます。

皮膚科の医療脱毛なら、受診と処方もできるので、自分の肌状態もその都度確認して相談できます。

そのかわり、光脱毛はレーザーより痛みも少なく、穏やかに脱毛を進められます。

2~3ヵ月に1回のペースなので、しっかり保湿ケアしながら進めれば、肌をケアしながら、確実にムダ毛を減らせます。

ただし、アトピーの状態や肌質にもよるので、かかりつけの皮膚科がある人は、まずはそちらに相談しましょう。

脱毛による肌リスク

脱毛のリスクは、光やレーザーによる火傷の可能性です。
施術時の事故やその時の肌状態や体調によって、起こる可能性はゼロとは言い切れません。

医療機関なら、アフターサポートという形で説明されます。

大手サロンでは、そういった事態に備えて「ドクターサポート」という病院と提携しているサービスを用意しているところもあります。

脱毛コースを契約する前に、カウンセリングなどで必ず確認しておきましょう。

肌への効果もダメージも個人差?

繊維芽細胞を活性化させる点では、肌の弾力を作る仕組みは、脱毛の光にはあります。

しかし、脱毛自体が肌に良い効果があるとは、必ずしも言えません。
施術時の痛みも、個人差ではありますが、強く感じる人もいるので、ダメージは受けています。

脱毛と肌ケアはセットだから肌に良い

大事なのは、アフターケアと刺激を与える頻度です。

脱毛をしてしまえば、脱毛の期間が終われば自己処理する必要はなくなります。

脱毛をずっとせず、自己処理だけでムダ毛ケアをし続けていくことと比較すると、脱毛をする方が良い、となります。

単純に「脱毛することが肌に良い」というわけではないことを覚えておきましょう。

脱毛の刺激を解決した「ハイパースキン脱毛」

sunaba_kodomo

敏感肌や肌が荒れがちな方は、肌に刺激を与えないことが大事です。

光脱毛やレーザー脱毛の熱の刺激、そのマイナスポイントを解消したのが、痛みのない「ハイパースキン脱毛」です。

3歳の子どもから脱毛できる、低温脱毛です。しかし、脱毛効果は通常の光脱毛と変わりがないので、肌が心配な方にはおすすめです。

しかもカウンセリングのときに体験もできるので、納得して判断できます。

美肌のための脱毛なので、体験やカウンセリングで実際に行って、自分に合ったサロンを見つけましょう。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

もっと早くやっておけばよかった!メリットだらけのハイジニーナ脱毛

女性にとって、今や脱毛はすっかり定着してステータスになっています。 腕や脚といった見える箇所の脱毛は当たり前の時代です。 デリケートな部分であるVIOの脱毛をする女性も増えてきているのです。 なかでも、VIOを無毛にする …

続きを読む

【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。 お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。 見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすい …

続きを読む

Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

ラインのムダ毛を意識することが、あまりない人もいるのではないでしょうか。 水着を着るときや彼氏との旅行など大切なイベントの前には、処理をしておきたい部位です。 しかし、Iラインは人になかなか相談できない部位でもあります。 …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む