埋没毛の治し方と処理方法!ヒゲや脇の埋没毛を放置しても大丈夫?

nayami
どういうわけか皮膚の中で成長してしまっている毛…これが埋没毛(埋もれ毛)です。
黒い点々や触るとザラザラとしていて、肌を出すのが恥ずかしい人も多いのではないでしょうか。ついついほじくって出したくなりますが、ちょっと待って!
無理に処理しようとすると逆に悪化してしまうことも…。

この記事では埋没毛の原因や効果的な改善方法を解説していきます。

埋没毛って具体的にどういうもの?

「埋もれ毛」とも呼ばれる埋没毛は、その名のとおり肌の中に埋没してしまった毛のこと。

間違ったムダ毛処理や肌状態によって、皮膚の中で毛が成長してしまいます。

毛が肌の表面まで出てきていないため、見た目には黒いポツポツのような状態で毛が残ってしまい、処理することが難しくなります。

埋没毛になりやすい部位は、ワキ・Vライン・眉毛・ヒゲ・ヒジ下・ヒザ下などの皮膚がやわらかい箇所です。

どうしてこんなことに…埋没毛の原因は肌ダメージ

埋没毛の原因は、肌がダメージを受けたことによるものです。
ダメージを受ける主な原因が、ムダ毛の自己処理方法。

間違った方法でムダ毛処理をすることにより肌は傷つき炎症や乾燥が進みます。
肌はダメージをこれ以上大きくしないためにターンオーバーを遅くし、古い角質を溜め込んでいきます。

肌の角質はどんどん分厚くなり、本来表面に出てくるはずのムダ毛は分厚くなった角質によって塞がり、毛が皮膚の中で成長してしまうのです。

記事バナー・ムダ毛処理

カミソリは少しずつ肌を削っている

kamisori-datumou
ムダ毛の自己処理法で最もポピュラーな方法が、カミソリによるお手入れ。
手軽で綺麗に処理できるカミソリですが、実は肌へのダメージは大きいのです。

カミソリは毛を剃ると同時に、肌の表面を少しずつ削っていきます

特に、入浴後などの肌がやわらかくなった状態の肌にカミソリを当てると、さらに皮膚の角質を剥がしやすく、そこから雑菌などが入りやすい状態になります。

そうしてダメージが蓄積すると埋没毛となってしまいます。

毛抜きは埋没毛になりやすい

138773
毛根から毛を抜いてしまう方法は、一見すると毛を残さない最適な自己処理法に思えます。
しかし、毛抜きはまだ抜け落ちる前の毛を無理矢理引っ張って抜くため、毛根や毛周りの皮膚にかなりのダメージを与えます。

毛抜きは肌への負担が大きく、カミソリよりも更に埋没毛にもなりやすいです。

埋没毛のない綺麗な肌を手に入れる治し方4step

埋没毛があると、どんなに処理をしても剃り残しがあるよう見えてしまい、なかなか綺麗な肌になりません。
ここで、すでに埋没毛が出来てしまった肌を綺麗にする3つの方法をご紹介します。

①まずは我慢!自己処理せずに放置する

埋没法を治すためには、放っておくことが大切です。
そのためには、ムダ毛の自己処理を一旦ストップしましょう。

自己処理をやめムダ毛を放置することで、肌が傷ついていたときに乱れてしまった肌のターンオーバーが正常になります

埋没毛以外の部分はムダ毛が生えてくると気になりますが、埋もれ毛解消のためにムダ毛処理は我慢が必要です。

②尿素配合クリームで角質をやわらかく

尿素は、もともと角質層の中に含まれている成分。
尿素クリームなどで外から補うことにより、肌に潤いを与えたり、肌表面をやわらかくしてくれる効果があります。

固くなった角質をやわらかくしてくれるので、埋没毛ができる原因である分厚い角質のケアに非常に向いています。

健康な肌にはNG!埋没毛のある箇所のみに使用する

タンパク質を分解することによって角質をやわらかくしてくれる尿素クリーム。
肌のごわつきや乾燥を解消してくれますが、その反面で刺激も強いため、正常な状態の健康な肌には逆効果になってしまいます。

健康な肌に尿素クリームを使い続けることで、肌のバリア機能が失われてしまうので、埋没毛の部分のみに使用するようにしましょう。

③ボディスクラブまたはピーリングをする

埋没毛の原因となる古い角質を落とすためのケアとして最適なのが、ボディスクラブピーリングです。
角質ケアをすることで毛穴を塞いでいる角質層を落とし、毛が表面に出てきやすい状態にしてくれます。

ボディスクラブとピーリングの違いとは?

では、ボディスクラブとピーリングではどちらがより効果的でしょうか。

スクラブは塩などの粒子が肌の表面から角質をこすり落としていくものです。
ピーリングは石鹸タイプやジェルタイプのもので、古い角質を取り除き肌のターンオーバー正常にしてくれます。

表面上からケアするスクラブよりもピーリングのほうが肌に優しく、色素沈着の改善や美白ケアも期待できるためおすすめです。

ピーリングは保湿力のあるものを選ぶ

古い角質を取り除き美肌効果も期待できるピーリングですが、ピーリング後の肌はとてもデリケートな状態です。

ピーリング後はローションやボディクリームなどでしっかりと保湿し、ピーリング自体も保湿力があるものを選びましょう。

おすすめは埋没毛専用に作られた『ストレミライン』
  • 埋没毛専用のジェルタイプのピーリング
  • 脇や男性のヒゲにも使用できる!
  • 顧客満足度91.7%!
  • 30日間返金保障付き!
ストレミラインは、ムダ毛処理後の埋没毛対策専用のジェルです。

トラブルの多いひざ下はもちろん、脇やデリケートゾーン、男性のヒゲなどにも使う事ができます!

そして今なら、30日間返金保障付き

埋没毛のせいで『肌を見せられない!』と悩んでいた方は、1度試しに使ってみてはいかがですか?

編集部が自信を持っておすすめします!

ストレミラインの詳細はコチラ

ピーリングの頻度は1週間に2回程度で

ピーリングは効果が高い分、やり過ぎると肌への負担になってしまうことも。
毎日する必要はないので、週1~2回程度のピーリングがベストです。

④埋没毛でも施術可能なクリニックで医療脱毛

自分で治すことが難しい埋没毛。
そんなときはクリニックでの施術がおすすめです。

埋没毛でも施術が可能なクリニックで医療用レーザー脱毛をすれば、埋没毛の毛根も死滅させます。

毛根を処理したあとも皮膚の中で生えてしまった毛はそこに残ったままになってしまいます。
その為、レーザー脱毛の前にピーリングで埋没毛を表面に少しでも出しておくことをおすすめ
します。

埋没毛があるとほとんどの脱毛サロンでは施術できない

脱毛といえば脱毛サロンに通う人も多いとは思いますが、脱毛サロンでは埋没毛の施術はできません。

埋没毛があると、すでに色素沈着ができていたり炎症を起こしている可能性が高いです。

さらに医療機関であっても埋没毛がある場合の施術を断られる場合もあります。
医療脱毛で埋没毛の改善は可能ですが、きちんと埋没毛の施術が可能なのかはクリニックに確認しておく必要があります。

埋没毛でも脱毛できる!おすすめは「リゼクリニック」
  • 短期間で脱毛を完了することができる
  • なにかトラブルがあるときは医師による薬の処方が受けられる
  • 脱毛中心のクリニックなのでスタッフの脱毛技術はピカイチ
  • 追加料金がかからず無料サポートが充実
  • 脱毛だけではない肌のエイジング予防もサポート
埋没毛の脱毛もできる脱毛サロンが「リゼクリニック」です。
医療脱毛サロンということで、医師による診療があり、確実な脱毛効果も期待できます。また、リゼクリニックは脱毛を中心とした治療を行う医療脱毛専用クリニックで、施術するスタッフも脱毛に関する知識や技術は非常に高いのが特徴です。
埋没毛に関する悩みや不安なども相談できるので、納得しながら脱毛を進めていくことができます。

リゼクリニックは施術料金以外の追加料金は一切かかりません。
また、初診料・再診料、キャンセル料、シェービング料、持ち帰りアフタークリームなどが無料で受けられ、サポートが充実しています。

追加料金がないという脱毛サロンは珍しく、さらにこれだけの無料サポートがついているので脱毛初心者の人や今まで満足して通えなかった人にもおすすめです。

リゼクリニックの詳細はコチラ

それ以外の治し方はどう?徹底調査

埋没毛の治療方法は、ネットなどでもさまざまな情報が飛び交っています。
本当にその情報は正しいのか、徹底調査してみました。

皮膚科での治療は保険内だと自宅ケアと変わらない

医療機関で行える埋没毛の治療は限られています。
主に皮膚科を受診することになり、保険内の治療では自宅でケアするのと変わらないくらいの内容になってしまいます。

保険内の場合貰える薬は皮膚をやわらかくするもの

保険内の治療は、埋没毛の部分が赤く腫れていたり毛嚢炎(ニキビのようなプツプツができる炎症)など、医師が診断して肌の健康状態に異常があった場合のみ適用されます。

保険内の治療では炎症を抑えることがメインとなり、処方される薬も皮膚を柔らかくする塗り薬となります。
皮膚をやわらかくするのであれば、前述した尿素クリームやピーリングなどの自宅ケアで可能です。

埋没毛自体の改善は、「放っておくこと」が医師から見ても一番の治療になるとされています。

埋没毛をしっかり皮膚科で治療する場合、保険適用外に

埋没毛を皮膚科でしっかりと治療したいという場合は、保険適用外の治療を受けます。
毛嚢炎などの健康的被害がない場合は、保険適用外の美容皮膚科などでの自由診療となります。

医療レーザー脱毛では皮膚の下にある埋没毛の治療まで行えますが、保険適用外のため高額になります。

毛抜きで無理に押し出すのはNG!悪化の可能性が

埋没毛を見つけてしまうと、ついつい毛抜きで抜いてしまいたくなります。
しかし、無理に押し出してしまうことは絶対にNG!
さまざまなトラブルの原因になります。

毛を無理矢理抜くことによって毛穴が傷んで開いたままの状態になり、そこから細菌が入りこみ最近感染を起こして膿がたまってしまうことも。
さらに、開いて傷んだ毛穴に紫外線が当たると色素沈着を起こしてしまいます。

肌の炎症や色素沈着は埋没毛よりも改善が難しいので、毛抜きの使用は控えましょう。

除毛クリームは出来ている埋没毛には効果なし

除毛クリームは毛を溶かして取り除きます。
しかし、表面に出ている毛を溶かすので、皮膚に埋まっている埋没毛を除毛することはできません。

除毛クリームは新しく埋没毛が出来にくいが肌荒れの可能性が

除毛クリームはすでに出来てしまった埋没毛には効果はありませんが、新たに埋没毛をつくらない自己処理方法としてよく紹介されています。

たしかに新たな埋没毛の予防方法としては向いていますが、気になるのは肌へのダメージ。
毛を溶かすということは、使用されている薬剤も肌への負担が大きいのです。

市販で手軽に安価で買える除毛クリームは、肌負担を考えるとあまりおすすめできません。

そんな除毛クリームの中でも、子どもでも使える肌に優しい商品があります。
埋没毛を予防する為に是非使ってみてください。

肌に優しい除毛クリームおすすめは「コントロールジェルME」
  • 主原料は天然植物成分なので肌に優しい
  • 8回目のバージョンアップ!より肌にとって良いものに
  • お風呂上がりに塗るだけの簡単ケア
  • 口コミの評価が高い!親子使いもできちゃう
肌負担が大きい除毛クリームですが、「コントロールジェルME」は肌に優しい除毛クリームです。
成分の主原料は、天然植物由来で肌へのダメージは一切なく、毎日連続して使えるほど肌に優しい処方です。肌表面にも内部にもダメージ0で敏感肌の人や小さな子供でも使用できるので、安心して脱毛ケアができます。

しっかりとしたケアと自己処理の見直しで埋没毛を改善

自分ではどうしようもできないと悩んでしまいがちな、埋没毛。
その改善方法は意外と単純で、医療機関だけでなく自分でも徐々に改善することはできます。自分の埋没毛の状態を見て、正しい改善方法を見つけましょう。
さらに新たな埋没毛を生み出さないためにも、自己処理を見直して健康で綺麗な肌を手に入れてくださいね!

【12月最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初回無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

VIO脱毛後のかゆみ、どうにかしたい!その原因と対策法

美意識の高い女性の中ではもはや常識のVIO脱毛。 メリットは、ムダ毛がなくなり見た目がスッキリするだけではありません。 生理の時のムレや臭いも軽減され、清潔な肌をキープできるのです。 VIO脱毛が完了すれば、悩みが解決さ …

続きを読む

チクチクしないムダ毛の処理方法を解説!原因と対策に迫ります!

ムダ毛処理をして数日後、少しだけ伸びてきた毛が「チクチク、ザラザラして気持ち悪い…」と感じたことがある方は少なくないでしょう。 肌ざわりが悪いだけでなく、アンダーヘアなどを処理したあとのチクチクは、下着を突き破って出てき …

続きを読む

血が出た時も焦らずに!ムダ毛処理での出血の原因と対処法

ムダ毛処理をしていると、皮膚や毛穴から出血してしまうことがあります。 この記事では、出血を起こしてしまう原因や対処法などについてお伝えします。

ムダ毛処理で肌荒れや乾燥する人は必見!【完全保湿対策】

暑いときも寒いときも、ムダ毛はしっかり生えてきます。 すでに全身脱毛でぬかりない方も増えてきましたが、まだ脱毛していない方や通い始めたばかりの方は、まだまだムダ毛処理とは付き合っていかなければなりません。 そして、脱毛と …

続きを読む

足の毛穴の黒ずみ・赤いブツブツを目立たなくする方法!ケアするコツは?

足の毛穴の赤いぶつぶつや黒ずみのせいで 『赤いぶつぶつが気になって素足が出せない』 『黒ずみが目立つからストッキングが手放せない』 などと悩んではいませんか? 特に露出の増える季節は、ひざ下のトラブルがあると人の視線が気 …

続きを読む