最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題100円!+人気部位が1箇所50円均一!!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

ケノンの痛みをレベル・部位別に解説!トリアと痛み比較も!

ケノンで脱毛する上で心配な「痛み」。
いくら脱毛効果があっても、痛みが強ければセルフでの照射は不安ですよね。

安心してケノン脱毛を始めるためにも「どの程度の痛みなのか?」理解しておく必要があります。
しかし、「レベル部位で痛みの感じ方は変わる?」「美顔器として使っても痛いの?」「他の脱毛器と比べて痛みは大きくない?」など、痛みに関する疑問はさまざま

そこで、この記事では「ケノンの痛みに関する口コミ評判」から「レベルや部位別の痛みの感じ方」「ケノンで痛みを軽減させる対策方法」など、徹底解説していきます!

家庭用レーザー脱毛器のトリアとの痛み比較も行いますので、痛みを抑えて脱毛を完了させるのに、ぜひ役立ててみてくださいね。

スポンサーリンク

口コミ有!ケノンの痛みについて解説

もともと、ケノンは痛みの少ない脱毛器として人気です。
最短0.4秒と非常に短い瞬間で強力なフラッシュを照射するので、肌に光が触れる時間を最小限に抑えられるためですね。
しかし、残念ながら「全く痛くない!」というわけではありません。
実際にケノンを使った人の口コミから「どれくらいの痛みなのか?」確認してみましょう。

ケノン脱毛をした人の口コミ評判

それでは、実際に「ケノンの痛みについての口コミ」を紹介します。

レーザー脱毛ほど痛くない

レーザー式の脱毛器より痛くありません。
レベル1~2では無痛といって良いほどです。
ただ、効果の出やすいレベル8以上で少し痛みを感じます。

VIOだけはレベル10照射が無理!

思った以上に痛みがなかったので、徐々にレベルをあげていきました。
今ではMAXのレベル10で脱毛していますが問題ありません。
ただ、試しにVIOをレベル10でやってみたら激痛でした…。
VIOはレベル8が限度だと思います。

輪ゴムでパチンと弾かれたくらい

レベル4~5でちょっと熱いかな?と感じるくらいです。
レベル8以上になると輪ゴムで皮膚を弾かれたような痛みになりました。
ただ、ヒゲの脱毛をレベル8でしていますが痛みも我慢できる程度です。
痛いは痛いのですが、肌トラブルになることもなく続けられています。

しっかり冷やせば痛くない!

敏感肌なので、肌の痛みや刺激が心配でした。
そのため保冷剤をいくつも用意して、しっかりとクーリングしたら痛くなかったです。
ただ、痛みよりも保冷剤の冷たさが身に沁みました…。

ダメージが残ってる部分はヒリヒリした

前日に毛抜き処理をした部分にケノンを使ったらヒリヒリと痛くなってしまいました。
普段はケノンで痛みを感じなかったので、完全に油断してました…。
皮膚が弱っているときの脱毛は痛みを感じやすいみたいです。

スポンサーリンク

ケノンが痛い3つのポイント

さまざまな口コミから分かるケノンの痛みについてのポイントは「照射レベル」「部位」「冷却(クーリング)」の3つです。

照射レベル

10段階のレベルによって出力が変わるため、痛みの感じ方が変わります。
低いレベルでは「全く痛くない」「無痛」との口コミも多いですが、最大レベルに近づくほど脱毛のパワーも強くなり「痛い」と感じるわけですね。
ただ、それでも「我慢できる痛み」という声が圧倒的に多いです。

部位

部位によって痛みの感じ方が変わります。
たとえ同じレベルであったとしても、部位によっては「無痛」であったり「激痛」であったり…。
脚で大丈夫だったから、VIOも同じレベルで照射しよう」と実践すると痛い目にあうかもしれません。
痛みについて、レベルと部位は切り離して考えるようにしましょう。

冷却

照射前の冷却で、痛みの感じ方は変わります。
肌の冷却が足りないと、フラッシュの高温に耐えられず痛みを強く感じるというわけですね。
ケノン脱毛の冷却は肌トラブル予防に欠かすことのできないプロセスですが、痛み軽減にも重要なポイントとなります。

レベルごとの痛み解説

照射レベルが上がるほど「痛み」を感じやすくなります。
レベルが変わることで痛みの感じ方がどのように変わるのか詳しく見ていきましょう。

レベル別!痛みの感じ方

レベルごとの痛みの感じ方は以下の通りです。

レベル1~3 ほぼ無痛
レベル4~6 痛くない
レベル7 軽く輪ゴムで肌を弾かれた痛み
レベル8 強めに輪ゴムでは弾かれた痛み
レベル9 細い針でチクっと刺された痛み
レベル10 少し太めの針で刺された痛み

さらに詳しく見ていきましょう。

レベル1~3

何も感じない」と口コミがあるほど、まったく痛くありません。
きちんと脱毛できているのか不安になるくらい、ほぼ無痛です。

レベル4~6

ふわっとした温かさを感じますが、痛みはありません。
レベル6では、「少し温かさが増したかな?」という程度です。

レベル7

軽めに輪ゴムで肌を弾かれたような痛みがあります。
伸びた爪で肌を突いたような痛みと表現されることも。
感覚的に「脱毛している!」と思える刺激ですね。

レベル8

レベル7と大きな差はありませんが、少し強めに輪ゴムで弾かれた痛みです。
瞬間的に「痛い!」と驚いてしまう人もいるかもしれません。
特に皮膚が薄いデリケートな部分や、敏感肌の人には痛みが強く出るレベルとなります。

レベル9

細い針で刺されたような痛みがあります。
伸びた爪を立てて皮膚にぐっと押さえつけたような痛みと例えられることも…。
チクチクと刺されるような痛みが苦手な人は、レベル9が限界値と考えたほうが良いでしょう。

レベル10

痛みが苦手な人には我慢できない痛みかもしれません。
最大レベルでは、太めの針を刺されたような痛みになります。
静電気が走った時のような、咄嗟にビクッとしてしまう痛みですね。

慣れたら痛くない?!レベルの正しい上げ方

レベルの違いによる痛みについて、だいたいイメージはついたかと思います。
ただし、「私は痛みに強いから大丈夫」と、いきなり高いレベルで照射するのは避けてください。
痛みに強くても、高い出力でいきなり照射すると火傷や赤みなど、肌トラブルを引き起こしてしまう危険も…。
また、小さなレベルから照射を行っていくことで、少しずつ痛みや刺激に慣れていきます。
脱毛当日の体調によっても、肌の反応は変わってきますから、無理なく徐々にレベルをあげていきましょう。

部位ごとの痛み解説


同じレベルでも、脱毛する部位によって痛みの感じ方は変わってきます。
痛みを感じやすい部位・痛みを感じにくい部位の特徴を、それぞれ見ていきましょう。

痛みを感じやすい・感じにくい部位の特徴

ケノン脱毛の仕組みは、脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛です。
ムダ毛のメラニン(黒い色素)に反応して、脱毛する仕組みとなっているので、部位によって痛みの感じ方が変わってくるというわけですね。

痛みを感じやすい部分 ・毛が濃く太い部分

・皮膚が薄くデリケートな部分

・毛根が深い部分

痛みを感じにくい部分 ・毛が薄い部分(産毛など)

・皮膚が厚い部分

・脂肪が多い部分

・毛根が浅めの部分

フラッシュが黒い色に反応するため、毛が濃い部分は痛みを感じやすく、薄い部分は痛みを感じづらいです。
また、皮膚が薄いほどフラッシュの熱が内部まで伝わりやすく、痛みが出やすいというわけですね。

日焼け厳禁!色黒肌は痛みを感じやすい

日焼けなど、肌が色黒になっている場合、部位を問わず、痛みを感じやすくなっています。
肌が黒いことで、フラッシュが皮膚全体に反応してしまうためですね。
また、日焼けにより肌が敏感になっていれば、フラッシュの刺激を受けやすい状態になっているということも。
基本的に、肌の色がムダ毛よりも薄ければ照射可能ですが、脱毛直前の日焼けには十分注意しましょう。

痛みの強い部位ランキング

実際にケノンで脱毛を行ったユーザーが「痛かった!」と感じた部位ベスト3をご紹介します。

【第1位】VIO(アンダーヘア)

ムダ毛が濃く、皮膚の薄いVIO部分は、最も痛みを感じやすい部分です。
VIOは皮膚の色素も濃く、黒ずみが目立つ部分でもありますから、「痛みを感じやすい部位の特徴」を全て満たしているといっても過言ではありません。
余計な脂肪も一切ついていないので、フラッシュが反応しやすい反面で「とても痛い!」部位と言えます。

I、Oラインは自己責任での脱毛になる

I、Oラインについて、メーカーは脱毛を推奨していません。
痛みを感じやすいだけでなく、照射をしづらい部分ですから、トラブルを起こしやすい部位と言えます。
VIOはデリケートな部分ですから、照射自体がリスクというわけですね。
ただ、口コミを見る限り、ケノンでVIO脱毛をしている人は少なくありません。
あくまで自己責任で、I、Oラインの照射は行ってください。

【第2位】脇(ワキ)

両ワキの脱毛は、女性から特に人気の部位ですが、皮膚が薄く、脂肪や筋肉もつきにくいため、痛みを強く感じやすいです。
また、カミソリによる自己処理で黒ずみになっていた場合、痛みはさらに強くなるということに。
ムダ毛自体も濃い部分なので、痛み対策は必須ですね。

【第3位】髭(ヒゲ)

男性の濃いヒゲは、毛の密集度があがるほど痛みも強くなります。
特に口周りのヒゲは、頬部分や首周辺よりも皮膚が薄く、筋肉や脂肪も少なくなりますから、痛みを覚悟しておきましょう。
ただ、医療レーザー脱毛の激痛にくらべると、「ケノンの痛みはマシである」という口コミも。
ヒゲを含む顔は絶対にトラブルを避けたい部分ですから、痛みを和らげるという目的だけでなく、レベル選びや冷却は慎重に行いましょう。

部位別!痛みの感じ方とおすすめレベル

痛みの感じ方脱毛効果を得るのにオススメなレベルを、部位ごとにご紹介していきます。
ケノンで実際に照射するときの参考にしてみてくださいね。

部位 おすすめレベル 痛み
髭(鼻下・口周り) 6~8 強め
髭(頬) 6~9 やや強め
ワキ 6~10 強め
Vライン 6~8 強め
I、Oライン 5~7 かなり強め
太もも 8~10 弱め
膝小僧 7~10 やや強め
ひざ下 7~10 やや弱め
足指・甲・手の指 10 かなり弱め
お腹 8~10 弱め
胸(乳輪周辺以外) 10 かなり弱め
8~10 弱め

基本的に皮膚が薄く柔らかい部分ほど痛みを感じやすいです。
はじめから「おすすめレベル」で試すのではなく、徐々に脱毛効果を感じられる目安まで上げて痛みに慣れていきましょう!

注意!ほくろやシミは激痛の元

ほくろやシミに直接照射してしまうと、非常に痛いです。
これはフラッシュがほくろやシミの色素に反応してしまうためですね。
出力レベルが高ければ火傷の恐れもあるので、ほくろやシミに限らず、傷跡やタトゥーなど、フラッシュが反応してしまいそうな黒い色素部分への照射を避けましょう。

ほくろやシミへの誤照射対策

ほくろやシミがある場合、以下の対処法でカバーしてみましょう。

  • 絆創膏を切って貼る
  • ファンデーション・コンシーラーを塗って隠す

色の濃い部分が隠れれば、照射しても問題ありません。
少し手間のようにも感じますが、激痛や肌トラブルを避けるためにも忘れず対策してくださいね。

カートリッジの違いによる痛み解説

脱毛カートリッジによる痛みの違いはありません。
ただ、ケノンを美顔器として使いたい場合に装着するスキンケアカートリッジは「痛くない」です。
その理由について、詳しく見ていきましょう。

美顔器(スキンケアカートリッジ)が痛くない理由

ケノンを美顔器に変身させるスキンケアカートリッジによる照射は、基本的に「無痛」です。
レベルを最大の10にあげても、ほとんど痛みを感じません。
顔へのフォトフェイシャル(光美容)を目的に作られており、肌に負担がかからないよう連射機能で光の威力を分散させているためですね。
ただし、「痛みを感じない」からといって、「全く肌に負担がない」というわけではありません。
出力が高くなるほど、肌トラブルのリスクはあがりますから、いきなりレベル10での使用は控えましょう。

脱毛カートリッジによる痛みの違いはナシ

脱毛カートリッジによって、痛みの感じ方は変わりません。
これは、カートリッジによってケノン脱毛の仕組みが変わるわけではないためです。

  • 脱毛カートリッジの違いは照射範囲
ラージ エクストラ ストロング
7.0㎠ 9.25㎠ 4.5㎠

部位ごとに扱いやすいように照射面積が異なっていますが、1度の照射範囲が広がったからといって痛みが強くなるということはありません。

ストロングカートリッジが1番痛い?!

あえて、痛みを感じやすい脱毛カートリッジを選ぶとしたら、「ストロング」です。
男性の髭や、Vラインの剛毛部分などに効果を発揮できるように、他のカートリッジより出力が高くなっているためですね。
ただ、出力が高い分、特殊なフィルターで肌への負担を和らげる仕組みになっているため、カートリッジによる「痛みの違いはナシ」と言って良いでしょう。
詳しくカートリッジの種類や特徴を知りたい場合は以下の記事もチェックしてみてください。

ケノンの痛みを軽減する2つのコツ


それでは、実際に「ケノンの痛みを軽減させる2つのポイント」を確認していきましょう。

連射モードで痛みを和らげる方法

ケノンでは1回の光を連射モードによって分散させることができます。
一度に受ける刺激が小さくなるので、連射回数が増えるほど「痛くない」ということに。
連射モードでは3回6回を選ぶことができます。
単発(ワンショット)のほうが1回の脱毛効果は高くなりますが、痛みの不安な人は連射モードで少しずつ脱毛を行っていきましょう。

照射前後のクーリングを徹底する

皮膚が麻痺したと感じるくらい、しっかりと冷却を行うことで、ある程度高いレベルでも痛みを感じず脱毛を進めていくことができます。
痛みを和らげるためだけでなく、照射前後のクーリング(冷却)は脱毛の基本。
効率よく、痛みなく照射を行っていきたい場合には付属分だけでなく、別途多めに保冷剤を用意しておくと良いでしょう。

クーリングの裏技!ポリ袋と氷・水で効率よく冷却する

ポリ袋に氷と水を入れて保冷剤の代わりにしてみましょう。
じつは、丸みのあるパーツなどは保冷剤では冷やし漏れが出来やすいです。
ムラなくクーリングするのに氷水入りのポリ袋は最適というわけですね。

水滴は脱毛効果を半減させる

氷水でクーリングを行う場合、肌についた水滴を必ず拭き取って照射を行ってください。
肌が濡れた状態での照射は脱毛効果を半減させてしまうためです。
しっかりとタオルで水分を拭き取った後、照射を行いましょう。

痛みを徹底比較!ケノンVSトリア

ケノンと同様、家庭用脱毛器として人気のトリア。
フラッシュ脱毛のケノンに対し、トリアはレーザー脱毛です。
レーザー脱毛はフラッシュよりも脱毛効果が高いと言われていますが、不安なのは出力の高さによる「痛み」ですよね。
詳しく見ていきましょう。

圧倒的にケノンが痛くない!

ケノンよりも、断然トリアが痛いです。
これは脱毛の仕組みが「フラッシュ」か「レーザー」かの違いによるもの。
医療現場で使われるレーザー脱毛器は「永久脱毛ができる」ほどの出力の高さになります。

  • ケノンとトリア両方を使ったことのある人の口コミ
ケノンは冷やせば痛くないですが、トリアはどんなに冷やしても痛いです。
1度の効果はトリアが高いですが、痛みがつらかったのでケノンで地道に脱毛していくようにしています。
回数を重ねれば、しっかりと効果を感じられますし、急ぎでなければケノンが安心して脱毛できます。

トリアは、永久脱毛もできる医療用レーザーと同じ仕組みとなっているため、効果も高い分、痛みも強いというわけです。
「痛くても良いから早く脱毛したい!」というのであればオススメですが、「痛みが嫌だ!」という場合にはケノンがオススメですね。

痛みを抑えてケノン脱毛はできる!

ケノン脱毛はレベルや部位によって痛みの強さが違います。
しかし、保冷剤などを使ってしっかりとクーリングすることで、高いレベルでも痛みを抑えて脱毛することは可能
徐々にレベルを上げて肌を刺激に慣らしていきましょう。
ケノンで「我慢できないほどの痛み」に襲われる心配はありませんので、安心して脱毛完了を目指してみてはいかがでしょうか。

ケノンの公式サイトはこちら

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

ケノンで埋没毛を解消・予防できる?ケノンの埋没毛対策を解説!

家庭用脱毛器のケノンは、「埋没毛」にも効果があるといわれています。 埋没毛の原因は、カミソリや毛抜きを使った自己処理。 ポツポツと黒い点になってしまったり、処理をするのが面倒ですよね。 しかし、ケノンを使えば肌にダメージ …

続きを読む

家庭用脱毛器の先駆け商品「イーモリジュ」について、あなたは知ってますか?

参照:イーモリジュ公式サイト 女性であれば、誰しも一度はムダ毛の悩みに直面したことがありますよね? 近年は脱毛サロンも、リーズナブルな料金で施術ができるようになりました。 しかし、「通う手間がかかる」「脱毛完了まで期間が …

続きを読む

男性の尻毛もケノン脱毛でツルツルに?!やり方を徹底解説!

ケノンで「尻毛を脱毛したい!」と考える男性は多いです。 尻毛をクリニックやサロンで脱毛するのは、男性でも「恥ずかしい…」ですよね。 しかし、「ケノンで尻毛をキレイに脱毛できるのか?」気になるところ。 この記事では、男性が …

続きを読む

ケノンはほくろには使えない!? 知っておくべき注意点

女性にとって、ムダ毛のお手入れは欠かせませんよね? 近年は脱毛サロンもリーズナブルで通いやすくなりましたが、自宅で、さらに自分でムダ毛処理をしたいと思う人も多いです。 そこで注目されているのが家庭用脱毛器ですが、特に人気 …

続きを読む

中古ケノンはコスパ最強?!リスク・カートリッジ・買取まで解説

ケノンは高額商品のため、「中古で安く買いたい!」と考える人は多いです。 中古の使用感が気にならないのであれば、新品より格安で手に入る中古のケノンは見逃せないですよね。 しかし、中古品にはリスクがつきもの。 衛生面だけでな …

続きを読む