最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題+最大8カ所が1回分無料!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

脱毛による肌トラブル!?「原因」と「対処方法」を徹底調査

160927hadatorabru
脱毛は女性なら多数の方が「経験済み」「これから始める予定」という方が多いのではないでしょうか?

これから始める場合には、肌に影響するトラブルを熟知しておくことが大切になります。

そんなあなたに「脱毛と肌トラブルの関係」について紹介致していきます。

スポンサーリンク

脱毛によってどんな肌トラブルが起こるの!?

脱毛は主に「フラッシュ脱毛」と「レーザー脱毛」の2種類の方法で行われます

・光脱毛の場合:様々な光を肌の広い範囲に当てます。
・レーザー脱毛の場合:熱を1点集中して脱毛を行います。

どちらの脱毛も、「毛」に反応する技術です。
黒い色素を判断して毛根を刺激し、脱毛をします。

火傷を引き起こす可能性

「フラッシュ脱毛」と「レーザー脱毛」共に、火傷を引き起こす可能性があります。
それは光によって毛根に直接熱を加えるからです。

光を当てる事によって毛を生えなくするのですが、熱に対する皮膚の反応は人によって異なります。
敏感肌の人は火傷しやすくなりますし、施術日の体調によっても肌トラブルを引き起こす可能性も。

スポンサーリンク

シミになる場合もある?

日頃から紫外線を浴びていたり生活習慣で肌に負担をかけていた場合に脱毛をすると、肌の皮膚から傷が入ってしまいます。
傷が入ると紫外線に対する免疫力が衰えてしまってシミなどの症状が現れます。

「自分の肌が日頃からどんな状態なのか?」「脱毛後にはどんな影響が出ているのか?」など細かい部分も、脱毛前によく観察してみる必要があります。

ブツブツと痒みの症状が出る事もある!

脱毛した後に、ブツブツしてしまったり痒くなってしまったりする場合の時も同じです。中には「これニキビ?」と思えるようなデキモノが現れる事も。
このブツブツは、皮膚に沢山の傷がついてしまい、その傷口から菌が進入して炎症が起こってできるものです。

また、日々の生活習慣が不規則だったり肌をケアせずに刺激ばかり与え続けている状態ならば、皮膚が弱ってしまっていて、その結果肌トラブルに繋がります。

肌トラブルが起きた際の対処法

脱毛をした直後は、光を当てた皮膚の部分が少し熱を持っています。ジーンと、少し熱く感じる方もいるでしょう。それと同時に肌がほのかに赤みを帯びている場合もあります。

大抵の脱毛クリニックなどでは、脱毛後にタオルで冷やしたり保湿をしてくれます。
ただ、してくれる人によって、火傷を見落としてしまう場合もあります。
脱毛後も「あれ、ずっとヒリヒリが続くな……」と感じたらすぐに治るだろうとは考えず、皮膚科などの医師にしっかり伝えましょう。

肌のトラブルが治りにくくなってしまっては後からがキツイ思いをします。早めの対策をして回復を優先させましょう!

自宅で出来る簡単ケアとは?

自宅でもできる簡単にできるケア方法が3つあります。

①自宅で出来る簡単ケアとは?

赤みが気になったり、悪化するのを抑えたい場合は、とにかく患部を冷やして下さい。
放ったらかしにすると、肌に熱がこもってしまいます。そして痒くなってしまい、我慢出来ずにかいてしまう……。

そこに出来た傷口に雑菌が入ってしまい悪化するのを防ぐためにも、冷たい水で冷やした清潔なタオルを用意して赤みのある肌にゆっくり押し当ててください。

タオルがぬるくなってきたら、また冷たい水に浸らせて絞り、肌に軽く当てます。
これを繰り返していく事で大きな肌トラブルに発展せずに済みますよ。

②日焼けに注意する

そして脱毛後は、肌に刺激を与えた後なので弱っている状態です。
そんな中で太陽の日差しを浴びてしまう…要するに紫外線ばかり降り掛かってしまうと、いつもの肌の状態よりもシミやそばかすになりやすくなるので注意が必要なのですね。

そして、火傷にもなりやすいので脱毛後は長時間外出しないことです。

③お酒の飲む量を調節する

忘れてはいけないのが「お酒をいつもより大量に飲まない」事です。

なぜならばお酒を飲むことで体がポカポカになります。
体温を上げてしまうのですね。

そうなってしまうと、皮膚も自然と温度が上昇していき、熱が溜まりやすくなるのでお酒はなるへく控えておいてくださいね。

かゆみが強い時にはステロイドが効果的

かゆみと言えば「ステロイド」!?というくらいにかゆみを抑えるのに効果的な薬です。ステロイドは別名「副腎皮質ホルモン」とも言われています。

副腎皮質とは、人間の中にある臓器です。
体のあらゆる炎症を抑えるホルモンです。

「ステロイド」は、その物質を人工的に作ったものと捉えて下さい。
よく、かゆみが強い炎症やアトピー性皮膚炎に使用されていますよね。

ステロイドを使う時には注意が必要

注意すべき点は、ステロイドは効果的に使うと凄く良いのですが、強い成分ゆえに、副作用があるのです。
使用を止めたら、ステロイドを塗っていた時に落ち着いていた症状が急に出てきたりします。

その時に強いストレスを感じてしまうのもうなずけます…。

さらに、長い期間使用する事で皮膚が黒っぽくなってしまったり、どんどん皮膚が薄くなってしまうという事もあるのです。
そのため「かゆみ」をどうにかしたい!という場合には効果を発揮してくれるのですが、長期間使用し続ける場合には副作用がある事も考えておかなければなりません。

肌トラブルを未然に防ぐには?

脱毛前の肌が、どんな状態なのかで脱毛後の肌への影響は大きく変わります。

普段からしているお手入れのレベルや体調の善し悪しなど、肌質の部分も関係しています。
なので、事前に肌のコンディションを整えておくことが非常に大切ですし、肌トラブルを回避する事も可能になるのです。

乾燥した肌の状態は危険!

脱毛にとって肌の乾燥は致命的です。

乾燥しているということは、肌の水分が抜けてカサカサになっている事ですから、脱毛によって簡単にダメージを受けてしまうのです。

改善策として、脱毛の前には必ず保湿をしておく事です。
前日だけチョコッと保湿してもあまり意味が無いですよ。

保湿を毎日の習慣にしておくのです。
そうなると肌の皮膚は、乾燥することなく、免疫が上がりますので脱毛のダメージを減らすことができます。

肌を温める重要性とは?

肌を内側から温めると、皮膚が柔らかくなります。そして毛穴が開くのです。
ケアをしていない時に自分で毛の処理をしたら、チクチクの毛がすぐに生えてきて嫌な思いをした事はありませんか?

皮膚を温めてあげると、深い部分から毛を剃ることが出来ますし、肌にかかる負担を大幅に減らせる事になるのです!

方法としては、お風呂に入り、ジワッと体の芯から温めること。
又は、タオルを濡らしてレンジでチンして温めます。
そのホットタオルを脱毛したい場所に2分〜3分以上あてておくだけでも、皮膚が温まり、毛穴が開きますよ。

脱毛する日は決まっていますから、その2週間以上前から毎日、皮膚を温めて、充分に保湿をしてくださいね。
前日からじゃちょっと遅すぎますね。

毎日の保湿ケアが肌トラブルを解消

もともと肌が弱い人は肌荒れ、炎症や汗など、肌トラブルに見舞われやすいので、本当ならば脱毛する予定がなくても、毎日欠かさずケアをしておく事が最も重要になります。
脱毛する前は、自分でできるケアを毎日行って下さいね。

事前のケアで肌トラブルは未然に防ぐことができますよ。

自分に合った保湿方法を選ぶ

保湿、保湿と言っていますが、値段の高いクリームを付けなきゃいけないワケではありません。

既に持っているボディクリームでも良いですしこだわっている保湿剤でも良いのです。
普段から保湿ケアをしている場合は、それで充分なのです。

保湿なんてしたことなかった…という方は、「化粧水→乳液→保湿クリーム」という順番で始めてみてください。現在はオールインワンジェルクリームも種類が豊富に揃っていますので保湿重視で選ぶと良いでしょう。

何度も伝えますが、値段は安くても良いので、毎日欠かさず保湿ケアをすることに重点を置いてくださいね。
脇やデリケートゾーン付近の毛穴のポツポツが気になっている場合も、しっかり保湿作業をすることで肌がしっとり潤います。

継続することで、ポツポツやブツブツが抑えられていきますので実践してみて下さいね。

脱毛による肌トラブルを防ぐには「毎日のケアが大切」

いかがでしたか?
脱毛によっての肌トラブルは、あらゆる症状が出てしまうのです。

痒み・赤み・ブツブツ・火傷などのトラブルを防ぐには、『肌を温める』『保湿をたっぷりする』ことが非常に大事なのです。
この2つを守り、継続していけば驚くほど肌トラブルの悩みから疎遠の毎日になるでしょう。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

もっと早くやっておけばよかった!メリットだらけのハイジニーナ脱毛

女性にとって、今や脱毛はすっかり定着してステータスになっています。 腕や脚といった見える箇所の脱毛は当たり前の時代です。 デリケートな部分であるVIOの脱毛をする女性も増えてきているのです。 なかでも、VIOを無毛にする …

続きを読む

【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。 お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。 見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすい …

続きを読む

Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

ラインのムダ毛を意識することが、あまりない人もいるのではないでしょうか。 水着を着るときや彼氏との旅行など大切なイベントの前には、処理をしておきたい部位です。 しかし、Iラインは人になかなか相談できない部位でもあります。 …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む