VIO脱毛が痛い原因は?VIO脱毛の「痛み対処法」を徹底調査!

%e6%82%a9%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

最近、デリケートゾーンのお手入れに対する関心が高まっています。
アンダーヘア用のシェーバーやカミソリで自宅処理している方もいらっしゃいますが、埋没毛や色素沈着のリスクが高く、長く続けるのはオススメできません
デリケートな場所だからこそ、プロの手による脱毛が1番です。

しかし…VIOゾーンは数ある脱毛箇所の中で最も痛みの強い部位だと言われています。
VIO脱毛経験者の口コミサイトを覗いてみても、「涙が出るほど痛い」「思わず声を出した」「続ける自信がない」など、読んでいるだけで痛いコメントが多いですね。

・VIO脱毛にチャレンジしたいけど怖い…
・受けてみたいけど痛みに弱いし…
・最後まで耐えられるか不安…

こんな風に、痛みに対する恐怖でVIO脱毛を諦める方もいらっしゃるのではないでしょうか?

口コミに振り回されたら損!「痛みには個人差あり」

色や臭い、音に対する不快度と同じように、「痛み」に対する反応も人それぞれです。
ちょっとした切り傷で大泣きする方もいらっしゃいますし、逆に何針も縫う怪我でも平然としている方もいらっしゃいますよね。

VIOの痛みに関する口コミが、全ての人に当てはまるわけではありません。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の痛みに、自分がどれほどの耐性を持っているかは、やはり受けてみなくてはわからないのです。

痛かったと言う誰かの感想に注目するのではなく、「なぜ痛いのか」を知ることから始めてみませんか?

VIO脱毛に興味を持っているけど恐怖心の方が大きい…そんなあなたのために、「痛みに対処する方法」を調査しました。
ぜひ、参考にしてくださいね。

VIOゾーンはどうして痛みが強いの?

%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%82%92%e6%b5%ae%e3%81%8b%e3%81%b9%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

そもそも、なぜVIO脱毛が痛いと言われるのか?
それは「皮膚の薄さ」「毛の濃さ」にあります。

V(ビキニライン)I(脚の付け根と淫部の両側)O(肛門の周辺)は、もともと角質層が薄い部位。
最も繊細だと言われている目元よりも、さらに薄い角質層を持っているそうです。

肌の繊細さに反比例して、VIOゾーンには毛根のしっかりした濃い毛が生えています。
アンダーヘアは毛穴にしっかり根付いた太い毛ですので、他の部位に比べて施術時の痛みが増します。
皮膚の薄さも相まって、VIOはとても過敏に「脱毛痛」に反応するのです。

プロによるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、栄養をたっぷり含んだ成長期の毛根にアプローチするのですが、ここでちょっと「脱毛の仕組み」を簡単に解説しておきましょう。

ご存知ですか?脱毛の仕組み

*画像はイメージです

まず、ムダ毛には大きく分けて3段階の過程があります。

①成長期:毛細血管から養分を取り込み、活発な細胞分裂を繰り返して毛が成長する

②退行期:毛母細胞が分裂を終え、毛と毛乳頭の結合部分が縮んで毛が押し上げられる

③休止期:毛と毛乳頭が完全に離れ、毛が自然と抜け落ちる

フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、の成長期を迎えたムダ毛に照射します。

意外と勘違いしている方も多いのですが、サロンやクリニックでの脱毛は家庭用の脱毛器とは違い、毛根を破壊して毛が抜け落ちるように促す施術です。
今あるムダ毛を抜くのではなく、施術後の1〜2週間後にポロポロとムダ毛が落ちる感じですね。

つまり、抜くから痛みを感じるのではなく、毛根に直接高熱の光を当てることで肌がダメージを受けるために痛みを感じる仕組みです。

しかし、サロンもクリニックも痛がるお客様を放置しているわけではありません。
それなりの対策が準備してあります。
まずは脱毛サロンの「痛み対策」からご紹介しましょう。

痛み対処法その1「脱毛サロンの冷却ジェル」

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0
前述の通り、脱毛による痛みは「高熱によるもの」ですから、単純に冷やすことで軽減されます。

脱毛サロンでは、マシンの光を当てる前に専用のジェルを塗ります。
これはマシンの熱による肌へのダメージを抑えるための「冷却ジェル」で、肌を冷やすことで痛みを和らげる効果があります。

冷たく感じるのは十数秒ほどですが、マシンから出る光はほんの一瞬しか当たりませんので、よく耳にする「輪ゴムで弾かれたような」痛みを感じるわけですね。

しかし、残念ながら「これで痛み問題解決!」とはいきません。
冷却ジェルにも、いくつか問題点があります。

冷却ジェルにも難点あり

冷却ジェルは、フラッシュ脱毛の高熱に対抗するものですが…真冬の施術の場合は、暖房の効いた部屋でも冷却ジェルの塗布を繰り返すことで体が冷えてしまいます。
「ジェルが冷たすぎて辛かった」「思わずヒャ!ってなります」と言った口コミが多く見受けられます。

また、ジェルを塗る時間が発生するので、どうしても脱毛の進行が滞ります。

サロンによっては、ジェルが不要な冷却機能付きの脱毛マシンを使用しているところもありますが、冷やすことに変わりはありません。
VIOゾーンには「リンパのツボ」があるので、そこを冷やすことで体温が下がってしまいますので、もともと冷え性の方には少し辛いかもしれませんね。

しかし、脱毛サロンでの「痛み対策」は現段階では冷却ジェルのみ
あとは、施術中に「痛いです」と伝えればマシンの出力を調節してくれますので、それによって耐えられる痛みのレベルまで軽減できます。
ただ…痛みと脱毛効果は比例しますのでご注意ください。
出力を下げると、その分施術の回数も期間も長くなってしまいます。

ちなみに、脱毛サロンで効果を感じるには平均して12回ほどの施術が必要だと言われていますが、あまり痛みを避けるあまり、最終的に2年以上かかる方もいらっしゃるそうです。

では、医療クリニックの「痛み対策」はどういうものでしょうか?

痛み対処法その2「医療クリニックの麻酔」

389832

医療クリニックとは、その名の通り「お医者様」のいる病院です。
美容外科とも呼びますが、医療の専門家の手で施術してもらえるので、高い技術と信頼度が人気ですね。

医療クリニックの痛み対策は、「麻酔」です。
「え?!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
大丈夫、そんなに大々的なものではありませんのでご安心を。

医療クリニック(美容外科)の麻酔

クリニックで使用する麻酔は、脱毛用の軽いものです。
多く用いられるのは「クリームタイプ」の麻酔ですが、他にも「麻酔テープ(シール)」「笑気ガス」があります。
どの麻酔を使用するかは、クリニックによって変わってきますが、笑気ガスは必ず備え付けてあるようですね。

では、それぞれの特徴を簡単にご説明しましょう。

麻酔クリーム

施術の30〜1時間前に塗布するクリームです。
皮膚の表面がジンジンと麻痺してきて、皮膚の感覚を鈍らせます。
個人差はありますが、およそ2〜3時間ほどで感覚が戻るようです。

しかし、脱毛の金額とは別に追加料金(平均3,000円ほど)が発生します。

麻酔テープ(シール)

施術の1時間以上前に貼るテープ(シール)です。
クリームと同じく皮膚の表面を麻痺させて皮膚の感覚を鈍らせます。
テープを剥がして2〜3時間ほど経てば、感覚が戻るようです。

こちらも、追加料金(平均3,000円ほど)が発生します。

笑気ガス

施術の際に吸引して、痛みや不安に対する感覚そのものを鈍らせるガスです。
笑気ガスによる麻酔が1番人気を集めているようですね。
効き目も早く、施術後にガスの吸引を止めればすぐに感覚が戻ります。

理想的ですが、こちらも追加料金(平均3,000円ほど)が発生します。

しかし、クリームやテープはアレルギーをお持ちの方は使えない場合もあるそうですので、ご注意ください。

「麻酔」と言うからには、完全に痛みを消してくれそうなイメージがありますが…やはりこれにも難点があります。
クリームとテープを用いた「麻酔」が届く範囲は、表皮から0.1〜0.3mmほどまで。
しかし毛根の深さは0.3〜0.5mm…つまり、麻酔の効く部分よりも深い場所にレーザーを当てることになります。

せっかく追加料金を払ったのに、「あまり効果を感じなかった」と言う方もいらっしゃるようなので、麻酔クリームや麻酔テープ(シール)には過剰に期待しない方が良いかもしれません。

その点、笑気ガスは感覚そのものを鈍らせるので、「頭がフワフワしている間に終わった」と言った口コミが多いようですね。
「ガスを吸う」ことに不安を感じても、医療クリニックは「医療機関」ですから、きちんとお医者様がついています。
万が一、気分が悪くなってもすぐに対処してくれますよ。

こうやって見ていくと、麻酔を使える分「医療クリニック」の方が痛みに対処しやすいように感じますね。
医療レーザーは、脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べて出力が高いために痛みも強くなりますが、5〜8回ほどの施術で結果が出ます。

平均して1年〜1年半でVIOの処理を終えることができて、なおかつ「永久脱毛」なので、先のことを考えても医療クリニックのVIO脱毛はオススメです。

しかし、ここで問題なのが「お金」です。
脱毛サロンに比べて医療クリニックは施術の料金が高いと言われています。

では実際にどの程度高いのか、サロンとクリニックのVIOコース料金を見比べていきましょう。

脱毛サロンと医療クリニックの価格差は?

561756

人気の高い脱毛サロンと医療クリニックをピックアップして、VIOコースの価格を比べてみます。

 

名前 価格 特徴
脱毛サロン ミュゼ 4回/ 48,000円 4回以上の契約で50%OFF
銀座カラー 月額/ 5,200円 月額制で施術回数が無制限
ディオーネ 6回/ 72,000円 「痛くない脱毛」が話題
医療クリニック アリシア 5回/61.900円 ライトシェアデュエット
湘南美容外科 6回/56,250円 アレキサンドライト
リゼクリニック 5回/99,800円 ライトシェアデュエット

*価格は税抜きです

それぞれにコースの回数が違いますが…何となく伝わるでしょうか?
実際に並べてみると、そこまで大きな差はありませんね

脱毛サロンの「ミュゼ・プラチナム」は、価格の安さが人気のサロンです。
「銀座カラー」も、負担の少ない月額制が魅力ですし、何より回数無制限で何度でも通えるのが嬉しいですね。

やはり医療クリニックが高いように見えますが、5〜6回の施術でかなりの結果が期待できます。
永久脱毛ではない脱毛サロンは、安くても通う回数が増えることになりますので、長い目で見れば価格に大差はありませんね。

ちなみに、医療クリニックの「特徴欄」にあるのは、使用されているレーザーの種類です。
せっかくなので簡単にご説明を…

【ライトシェアデュエット】
肌を吸い上げ、皮膚の表面を伸ばして毛穴を広げることで痛みを軽減します。
医療レーザーの中でも最も痛みの少ないマシンだと言われています。

【アレキサンドライト】
照射口から冷却ガスが吹き出ることでジェルの塗布が不要になり、施術時間の短縮に繋がります。(一般的にこのマシンを使用するクリニックが多いようです)

価格に大差がないとすると、比較的痛みの少ない脱毛サロンで気長に施術を受けるか、多少痛みが強くても医療クリニックで短期間の施術に耐えるか…究極の選択ですね。

しかし、サロンやクリニックに頼るだけでなく、「自分の手で痛みを和らげる方法」もあります。
意外と簡単な方法ですので、ちょっとご紹介しましょう。

痛み対処法その3「VIOゾーンの”肌の過敏性”を抑えるためのルール」

痛みを感じるのは、肌の神経が過敏になっているためです。
劇的な効果は望めませんが…日々の生活に「心がけ」を取り入れることで、痛みの軽減に繋がります。
サロンやクリニックでも推薦される、すぐに始められる方法をご紹介しましょう。

肌の過敏性を抑える3つのルール

まず1番大切なのが「保湿」です。
顔やデコルテには注意を払っても、VIOまではクリームでお手入れをする方は少ないものです。
デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、さらに下着の摩擦で表面が常に乾燥しています。
Vラインに黒ずみが多いのもそのためです。

VIO脱毛を検討している方は、今日から保湿を心がけましょう。

VIOには敏感肌用の保湿クリーム

皮膚が薄いVIOゾーンには、弱酸性で無香料、無着色の「敏感肌用」の化粧品がオススメです。
手に入りやすいのは「ベビーオイル」、赤ちゃんに使える安全な商品でオーガニックのものが多く、保湿効果も高いのでオススメです。

>>保湿方法についての詳しい内容はコチラ

ワセリンもオススメですが、VIOは雑菌が発生しやすい部位になりますので、あまり塗りすぎると臭いの原因になりますのでご注意を。

日頃からVIOの保湿を心がけると、肌のバリア機能が高くなり、痛みへの耐性も上がってきます。
さらに、黒ずみやかぶれの改善にも繋がりますので、ぜひお試しください。

他にも、カフェインの摂取を控えることも肝心です。
カフェインは、神経を花瓶にする作用があるため、日頃コーヒーや紅茶などをよく飲む方は、意識して控えるようにしましょう。

もうひとつ肝心なことがあります。
タイミングを計るのが少し難しいのですが、ご紹介しておきましょう。

生理周期を把握しておく

人によっては、周期が不順な方もいらっしゃいますよね。
よく耳にする話ですが、生理前は肌が最も敏感になっています。

生理の1週間ほど前から、女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」が増え、肌のターンオーバーのリズムが狂います。
それによって本来のバリア機能が低下して、通常よりも痛みに敏感になってしまいますので、生理前のVIO脱毛は避けた方が良いでしょう。

さて、色々と対策を練ってきたものの…「やっぱり怖い!ちょっとでも痛いのは嫌!」と言う方には、脱毛サロン「ディオーネ」のVIO脱毛をオススメします。

6つの痛み解消法

VIO脱毛をする際の痛みを経験したの口コミだと

『私は痛みは大丈夫だろうだと思っていましたのが、予想以上の痛みでびっくりしました。歯を食いしばって耐えましたが、涙が無意識に出るくらい痛かったです。 (Hさん会社員)』
『一番痛みを感じたのはトライアングル上です。耐えられない程ではありませんが、針で刺されたような痛みがあり、思わず痛いと言ってしまいました。 (Oさん主婦)』

など多くの声が上がっています。

そこで、、綺麗なVIOラインを手に入れるため、痛みをできるだけ緩和する方法を「保湿」「タイミング」「冷却」「コミュニケーション」「精神面」「麻酔」の6つからご紹介します!

①しっかり保湿法

 

この方法は、普段から心がけることで痛みを軽減させる方法です。
脱毛をするうえで、どの部位でも言えることですが、「乾燥した肌=痛みを感じやすい肌」なんです。

そのため、毎日の入浴後は保湿クリーム・ボディローションを欠かさないことが、施術時の痛みを緩和する大前提なのです!

しかし、IラインとOラインは肌質が異なるため、保湿クリームが使えません。
そこで、イビサクリームというVIO専用のクリームを使うことで保湿を行うことができます。
イビサクリームは、うるおい成分を多く含むので、保湿効果があることに加えて、痛みの原因でもある黒ずみを予防・改善してくれる優良アイテムです!

②タイミング法

大体1ヵ月周期で脱毛は行われます。
つまり、どのタイミングで脱毛をするかで痛みの感じ方が変わって来るんです!

痛みをより感じやすくなるタイミングは、肌が敏感になる「生理前後」と「体調不良」の時です。
ですから、生理前後に予約を入れずに、予約した日の数日前から健康的な生活を心がけ体調を万全の状態にできるようタイミングを合わせることで痛みを和らげることができるんです!

実際に生理前の施術を経験した人の体験談だと

『以前VIO脱毛を行ったときにあまり痛みを感じなかったので、私は平気なんだと思って2回目の施術に挑みました。すると剣山を刺されたように痛くて、心が折れそうになりました。生理が近いと痛みが出やすいらしく、今回はまさにそれでした。生理前は避けた方が良さそうです。(Hさん学生)』

自分の体調コントロールと生理予定日をしっかり知り、タイミングを合わせましょう!

③冷却法

脱毛をする時に施術前・施術中・施術後にしっかり冷却することで痛みを緩和できます。
施術前と施術中の冷却は、照射時の痛みを軽減するためにとても効果的です。

どこの脱毛クリニックや脱毛サロンでも冷却時間は設けていると思いますが、心配な人は少し長めに冷却を行ってもらうようにしましょう!
また、施術後の冷却は照射後の赤らみや炎症を落ち着かせるために行います。
痛みからの肌トラブルを引き起こさないためにも、しっかり鎮静しましょう!

実際に冷却時間を長めにとってもらった人の体験談だと

『VIOをガンガンに冷やしてから打ったので、冷えている間は「お、いけるぞ」ってくらいの痛みで済みました。 (Mさん会社員)』

と効果がすぐにあることが分かりました!

④コミュニケーション法

コミュニケーション法は、サロンの人とコミュニケーションを取りつつ施術を行うことで、痛みが出やすい場所になったら声掛けしてもらい、あらかじめ痛い場所というのを覚悟して照射を受けることで、急な痛みをなくす方法です。

痛いものは痛いのでは?と思うかと思いますが、実際にコミュニケーションを取りながら施術を行ってみると、

『とても丁寧で楽しくコミュニケーションをとりながらの施術は、痛みの出やすい箇所をあらかじめ声掛けしながら教えてくれたので、ビックリするような痛みを感じなかったのでよかったです。 (Kさん会社員)』

と意外にも痛みが軽減されたとのことでした。

サロンの人と仲良くなることは、VIO脱毛時の緊張感も解れるのでおすすめです!

⑤精神法

精神法は6つの中でも最も簡単な方法です。
人生の中で経験した痛かったことを思い出すことで、「あの時よりはマシ!」と気を紛らわします。

個人差がすごく出るとは思いますが、最後の頼み綱として使ってみるのもありですね!

⑥麻酔法

最後は、脱毛クリニックでのみ利用できる方法です。
「痛みがホントに嫌い!」「VIO脱毛はしたいけど、そんなに痛い思いをしたくない!」

そんな人は麻酔を利用することもできます。
1回やってみて、ほんとに無理と感じたら使って見て下さい!

痛くない脱毛?ディオーネのハイパースキン脱毛

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8d
脱毛サロンDione(ディオーネ)の「ハイパースキン脱毛」は、なんと小さなお子様でも施術できる「痛くない脱毛」として話題を集めています。

通常の脱毛は成長期の毛根を高熱で焼く施術ですが、ディオーネの場合は「休止期の毛根(毛の種)に働きかける」脱毛法です。
毛穴の奥に眠る「発毛因子」に特殊な光を当てて発毛を抑えるため、熱による肌へのダメージがありません

VIOラインの脱毛コースは全12回で96,000円(税抜)、ショートコース6回で57,000円(税抜)で、平均的な価格設定です。

敏感肌やアトピー肌の方でも安心して利用できるサロンですので、極端に痛みに弱い方には「最後の砦」と呼べるかもしれません。
痛いのは嫌だ…でもVIO脱毛したい!と言うワガママなあなた、ぜひ無料カウンセリングを受けてみましょう。

>>Dione(ディオーネ)の公式だけでは分からない詳しい内容はコチラ

ハイパースキン脱毛は、脱毛しながらエステ級の美肌効果が得られることでも評判が高い施術法です。
VIOの黒ずみの改善にも繋がりますので、ツルツルでプルプルのデリケートゾーンが手に入るかもしれませんね。

VIO脱毛を笑顔で成功させる「痛み対処法」まとめ

%e3%81%b0%e3%82%93%e3%81%96%e3%81%84%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
いかがでしたか?

いろいろな情報を詰め込んできましたが、あなたに合った「痛み対処法」が見つかれば幸いです。
恐怖に立ち向かって施術に挑んでも、決して不安は感じないでください。

施術するスタッフは、痛みに対する不安を熟知していますので、雑談や照射の際の声かけで気を紛らわせてくれます。
めげそうになってもちゃんと励ましてくれますので、頑張ってくださいね。

脱毛は回数を追うごとに毛根が小さくなっていきますので、強い痛みを感じるのは最初の2〜3回だけだと言われています。
あまりに怖がって身体を硬直させていると、余計に痛みが増してしまいますよ?
深呼吸してリラックス…キレイに仕上がったVIOを想像しながら施術台に横たわりましょう。

VIO脱毛を笑顔で終えて、内側から溢れる自身と美しさを手に入れてくださいね。

最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題+選べる全身脱毛1回】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

VIO脱毛で後悔しない!形・痛み・回数・自己処理方法を徹底調査!

最近大人気のVIO脱毛。 サロンやクリニックによっては、一番人気の部位にもなっています。 人気の理由は、ほかの部位とは違い、見た目以外にも多くのメリットがあるから。 ところがVIOというのは、脱毛部位の中でも特に「ハード …

続きを読む

アリシアクリニックのVIO脱毛は良心的!?施術を徹底解説します

ここ数年、テレビCMや電車の車内広告などでな目を目にする機会も増えてきた「アリシアクリニック」。 アリシアクリニックでVIO脱毛する場合の方法やプラン、口コミなどについてお伝えします。 この記事の内容1 アリシアクリニッ …

続きを読む

介護脱毛とは?注目される理由とメリット・デメリットを解説

「脱毛」といえば若い女性が露出の高いファッションを楽しむために行うものというイメージがありますが、近年では中高年の女性にも脱毛ブームが広がっているといいます。 もちろん、中高年の女性でもおしゃれのために脱毛を始めるという …

続きを読む

VIO脱毛はワックスで即効完了!メリット・コツ・オススメを解説!

VIO脱毛の方法には「ブラジリアンワックス」があります。 じつは、ブラジリアンワックスは海外で光脱毛よりもメジャーなVIO脱毛方法。 ワックスによる脱毛はリーズナブルなうえに、即効でツルツルになれるメリットがあります。 …

続きを読む

VIO脱毛をするならTBCが最短!?その効果の秘密を探ろう

TBCは老舗の大手総合エステサロンで、全国47都道府県に134店舗展開しています。 誰しも一度はCMや電車広告で目にしたことはあるでしょう。 そんな、豊富な実績と経験を持つTBCでVIO脱毛の人気が急上昇しているのです。 …

続きを読む