顔脱毛の日に化粧はOK?気になるメイク事情と知っておきたいスキンケア

通うたびにつるスベ肌になれる顔脱毛。

しかし、気になるのが脱毛前後の化粧です。

出来ればノーメイクで行き、施術後もノーメイクで帰宅するのがベストですが、勤務先から脱毛サロンにいく、あるいは脱毛をした後に外出する予定がある、という場合もありますよね。

そこで今回は、「脱毛前後の化粧はどうすればいいのか?」「脱毛後のスキンケアで気をつけるべきポイントは?」といった疑問にお答えします!

スポンサーリンク

顔脱毛前の化粧はOK?

gatag-00011193
脱毛前の化粧ですが、クリニックやサロンのパウダールームで落とすことができます。

ほとんどのところでクレンジングやスキンケア化粧品が置いてありますので、それを使ってもいいですし、自分が使っているクレンジングやスキンケア化粧品を持参で使ってもいいようになっています。

また、エステの場合、お店によってはスタッフが落としてくれるところもあります。

しかし、脱毛前はあまり濃い化粧はしないほうが無難です。

脱毛前にはメイクや肌の汚れをきちんと落とす必要があるので、いつもより薄めの化粧を心がけましょう。

脱毛前にはしっかりメイク落とし!その理由は?

脱毛前になぜ化粧を落とさなければならないかというと、肌についた汚れがあるとレーザーやフラッシュの脱毛機器に付着して不衛生になるだけではなく、メイクが産毛に照射をする際に妨げとなるからです。

また、見落としがちですが、日焼け止めも要注意!

特にウオータープルーフタイプの日焼け止めは毛穴に入ってしまうと脱毛前に落とすのが大変なので、施術当日にはウオータープルーフタイプではない日焼け止めを使うか、飲むだけで日焼け予防ができる日焼け止めサプリを使ってみるのもおすすめです。

アイメイクに関しては、多数のクリニックやサロンでは、落とさなくても大丈夫とされていますが、眉下にレーザーを照射する場合には、やはりアイメイクもリムバーなどを使って落とします。

ただし、まつげエクステやつけまつげは、そのままで大丈夫です。

顔脱毛の直後は化粧をしても平気?

gatag-00000820
脱毛をした直後の化粧ですが、脱毛直後の肌はとても敏感になっていて、ヒリヒリした痛みがあったり、赤くなっていたりします。

そのため、化粧は出来る限りしないほうが肌に負担をかけません。

実際、脱毛の施術後、10分以内に化粧をした人たちは、化粧水やクリームがしみてヒリヒリする、赤みや炎症がひどくなる、痛みが強くなるなど、トラブルが発生しています。

スポンサーリンク

「脱毛後、すぐに予定が…!」そんな時は、適切なスキンケアで対処!

脱毛の施術後に誰かと会う予定があるなど、さまざまな理由で化粧をしなければならない場合もあるかと思います。

そんな時には、今からご紹介する方法で適切に対処しましょう。

まず脱毛直後は、レーザーやフラッシュなどの熱で肌がほてった状態にあるため、しっかりとクールダウンを行い、肌の赤みや腫れを鎮めます。

その後、肌のほてりや赤み、腫れなどが落ち着いた状態で、化粧水と乳液をつけて、たっぷりと保湿します。

また、脱毛をした肌は日焼けしやすいので、保湿対策のスキンケアをした後で日焼け止めをぬってケアします。
ただ、脱毛直後のお肌は敏感になっているので、お肌に優しいオーガニックな日焼け止めを使うなど配慮しましょう。

脱毛期間中は飲むことでUVケアができる飲む日焼け止めサプリを使うのも一つの方法です!
>>飲む日焼け止めとは?本当に効果があるの?選び方やオススメを知りたい方はコチラ!

お店によっては、施術後のアフターケアとして、肌のクールダウンと保湿ケアが含まれているところもありますので、脱毛施術後の化粧はどのようにしたらよいのか確認してみてください。

もし、クールダウンや保湿を行っても、肌が熱っぽかったり、赤みや腫れがある場合にはスタッフに相談してみてください。

場合によっては、医師から治療薬の処方が必要なこともあります。

顔脱毛後の自宅ケアは?

100302
顔脱毛の施術直後は、ほとんどのクリニックやサロンで脱毛をした部位を冷却した後に保湿ジェルを塗布するなど、ケアを行ってくれます。

しかし、このケアは必要最低限のため、自宅でもしっかりとスキンケアすることが大切です。

脱毛施術後に最も重要なのは、肌に与えられた熱を冷まし、ダメージから回復すること。
肌はレーザーやフラッシュからの熱の影響で乾燥しやすい状態になっているため、肌に水分を与えることは必須です。

顔脱毛後のお手入れ方法
(1)洗顔料をしっかりと泡立て、優しく洗顔をする
(2) ヒアルロン酸やケラスチンなど、保湿力が高い成分が配合された化粧水で、しっかりと肌に水分を補給を行う
(3) 美容液や乳液でさらに保湿を行う
(4)薄くクリームを塗って毛穴から水分が蒸発するのを防ぐ

脱毛後の肌はとてもデリケートな状態になっていますので、いつもより長めに時間をかけ、肌をやさしく労りながらお手入れしましょう。

間違ってもゴシゴシ力を入れて洗う、洗浄成分の強い洗顔料やクレンジングを使って洗うなどはしないように注意しましょう。

また、肌に刺激を与えると、痛みや腫れ、赤みの原因になるばかりではなく、肌トラブルになってしまいますので、脱毛後の肌は優しく、丁寧にケアしてあげてください。

前日の飲酒はNG!脱毛前に注意すること

gatag-00001759
化粧ではありませんが、脱毛の前日は飲酒しないように注意しましょう。

飲酒をすると血行がよくなり体温が高まります。
そのため、肌が敏感になって、肌トラブルを起こす可能性があります。

また、アルコールは肌の水分を蒸発させてしまうために、肌が一時的に乾燥してしまい、「かゆみ」などの原因になってしまうことも。

アルコールによって変化した肌や体温が元へ戻るためには、最低12時間は必要とされています。
そのため、脱毛前日の飲酒は控えた方がいいでしょう。

脱毛後は、なるべくノーメイクで!

肌が過敏になっている脱毛直後は、出来るだけノーメイクでいたほうが良いです。
キレイな肌になるため、お化粧はちょっとだけ我慢しましょう…!

しかし、どうしても「スッピンは無理」という人は、ミネラルファンデーションを使用するなど、肌に負担をかけない方法で、極力薄いメイクにしましょう。

また、脱毛により、腫れ、痛みなどが起こった場合は、化粧はせずに肌を休ませ、クールダウンと保湿対策を心がけるようにしてください。


顔脱毛当日の化粧とスキンケアについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

施術当日の化粧は極力控える、難しい場合は適切なお手入れを行い、肌に刺激や負担をかけないようにしたいですね。