最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題!+人気部位が選べて50円!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

顔脱毛は自宅で簡単にできる?セルフで産毛を減らす6つの方法!

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

鏡を見るたびに気になる産毛。

カミソリなどで自己処理をしている方も多いでしょうが、剃っても剃っても生えてくるし…もう面倒くさい!と思ってしまうことありますよね。

それに、みなさんがよく行っている自己処理は肌への負担が大きく、肌トラブルになるデメリットも…。

とはいえ脱毛のためにサロンやクリニックに脱毛に通うのは時間もお金もかかるし正直面倒。

「いっそ自宅で顔脱毛出来れば、ラクなのに…」と思ったことはありませんか?

実は、顔脱毛は家でもできるのです。
しかも、自宅でできる顔脱毛には、サロンでの施術と同等の効果を期待できるものもあります。

そこで、この記事では「自宅で出来る産毛処理方法」「セルフ顔脱毛」について詳しく解説していきます!

>>自宅で顔脱毛ができる脱毛器はこちら!

普段やりがちなNG自己処理

%e3%83%90%e3%83%84%e5%8d%b0%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

普段、顔の産毛処理には、「毛抜き」「カミソリ」「電気シェーバー」を使用することが多いですね。

手軽に安く処理できるメリットがある一方で、肌への負担は相当大きいです。

自己処理によるダメージは、そのまま黒ずみ肌トラブルに繋がりますから、その原因について、しっかり見ていきましょう。

毛抜きは毛嚢炎や色素沈着の原因となる!

423503
毛抜きでの自己処理は、毛を無理やり引き抜くので、とても危険です。

毛穴が炎症を起こし、ニキビのような「毛嚢炎」と呼ばれる症状になったり、また、毛穴が開いてしまうことで、色素沈着を引き起こす可能性もあり、肌への負担が大きいです。

毛抜きによる処理は、毛根から抜き取ってしまうため、しばらく生えてこないというメリットがある一方で、毛穴に大きなダメージを与えてしまうんですね。

顔はデリケートな部分ですから、毛抜きでの処理は特に避けたい方法です。

・毛抜きのメリットとデメリットまとめ

メリット ・しばらく生えてこない
デメリット ・時間がかかる

・毛嚢炎、色素沈着を引き起こす

カミソリは黒ずみの原因に…

069868
カミソリでの処理は、黒ずみの原因となります。
安く手軽に処理することのできるカミソリですが、毛だけでなく、皮膚まで剃ってしまいます。

皮膚上の角質まで削り取ってしまうので、肌荒れを引き起こす原因にもなるんです。

また、お風呂場にカミソリを置きっぱなし…なんてことをしていませんか?

カミソリ自体に細菌が繁殖しやすく、傷ついた肌にトラブルを引き起こす原因となります。

角質が剥がされることで、「カミソリ負け」と言われるように、傷ついた肌はすぐに炎症を起こしてしまいます。

処理をしても、またすぐに新たな毛が生えてきてしまうデメリットもありますから、繰り返しカミソリを使っていると、皮膚が刺激を受け続けて黒ずみの原因となってしまうんですね。

・カミソリのメリットとデメリットまとめ

メリット ・安くて手軽に処理できる
デメリット ・すぐに毛が生えてくる

・カミソリに細菌が繁殖しやすい

・角質まで剃り、肌荒れや黒ずみの原因になる

除毛クリームは顔の負担が大きい!

illustrain05-biyou05
除毛クリームを顔に使うのは、肌への負担が大きいです。

ボディ用の除毛クリームには顔に使用しないよう注意書きがされています。

除毛クリームはムダ毛を溶かす仕組みになっている

除毛クリームには、ムダ毛を溶かす成分が含まれています。

毛が溶かされることで、毛先は丸くなり、触り心地もつるつるになるのですが、肌のタンパク質まで溶かしてしまいます

そのため、ボディ用の除毛クリームでは、デリケートである顔には強すぎてしまうのです。

使用することが肌の負担になることはもちろん、クリームの洗い残しが肌荒れの原因となる場合もあります。

・除毛クリームのメリットとデメリットまとめ

メリット ・触り心地もツルツルになる
デメリット ・肌のタンパク質が溶けて肌荒れの原因になる

抑毛ローションは使えるけど脱毛はできない…


産毛を薄く目立たなくさせる抑毛効果のあるローションは、顔に使用できるものもあります。

除毛クリームは顔への刺激が強すぎるため、使用を控えた方が良いですが、抑毛効果のあるローションは、使用することで自己処理の回数を減らし、肌への負担を減らすこともできます。

ただ、抑毛ローションはその名の通り毛を抑えるもの。
脱毛できるわけではないので、毛がなくなることはありません。

・除毛ローションのメリットとデメリットまとめ

メリット ・刺激が少なく、お肌に優しい
デメリット ・毛自体はなくならないのでふさふさのまま

ワックスは痛いし毛穴が広がってしまうことも

salon-1392007_960_720
ワックスでの産毛処理は、とにかく痛いです。
顔専用のワックスシートを使用しても、痛みを避けることはできません。

痛みの強い処理方法ですから、敏感肌の人でなくても、使用後に顔がヒリヒリとしたり、真っ赤になってしまう恐れがあります。

ワックスでの処理は見た目も触り心地もツルツルになる

産毛を毛根から抜き取るので、ツルツルな肌が2週間近く続くメリットがあります。

しかし、無理やり毛を引き抜く方法なので、毛穴を広げ、角質まで剥がしてしまう恐れもあります。

また効果の高いものほど個人での扱いが難しいデメリットもあります。

自宅で顔に使えるワックスはソフトなものが良い

セルフで使用する場合、ソフトワックスをオススメします

自宅で使うことのできるワックスには「ハード」「ソフト」の2種類があります。

産毛は細かいため、脱毛効果の高い「ハードワックス」を使用したほうがキレイに処理することができますが、素人には扱いが難しく、使用中に肌を傷めてしまう恐れがあります。

・ワックスのメリットとデメリットまとめ

メリット ・効果の持続期間が長い
デメリット ・とにかく痛い

・効果の高いものほど扱いが難しい

シュガーワックスは簡単に手作りできる!

ソフトワックスのなかでも、シュガーワックスがオススメです。

材料は砂糖レモン汁だけなので、肌に優しく、基本的に顔や身体どこにでも使うことができます。

また、水だけで洗い落せるので、とても扱いやすいですよね。

しかし、シュガーワックスをムダ毛処理したい部分に塗り、上から布を押さえつけて一気に毛を引き抜くので、その時に痛みが生じます。

産毛を無理に毛根から抜き取ることには変わりないので、毛穴トラブルには注意が必要です。

電気シェーバーではすぐ毛がはえてくる

280506
電気シェーバーでの処理は、肌への負担が少ないです。
直接的に肌や毛穴を傷つけることがないので、毛抜きやカミソリに比べると安全な処理方法と言えますね。

しかし、深剃りができないので、満足できるほどキレイに処理できない点や、すぐに毛が生えてきてしまうため頻繁に処理しなければならないデメリットがあります。

また、処理中はもちろん肌の表面に触れますから、全く負担がないわけではありません。
電気シェーバーでの処理は高頻度になり、肌への負担が溜まることで肌荒れの原因となることもあります。

・電気シェーバーのメリットとデメリットまとめ

メリット ・肌への負担が少ない
デメリット ・すぐに毛が生えてくる

・深堀できない

セルフで一番のオススメは家庭用脱毛器!

illustrain10-kaden05
自宅での産毛処理で一番オススメなのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器には、サロンと同等の機能を備えているものもあります。一方で、商品によっては「脱毛効果がない」「顔には使えない」ものもあるので注意して下さい。

家庭用脱毛器は大きく分けて「減毛タイプ」「除毛タイプ」の2種類。
ここでオススメできるのは「減毛タイプ」です。

それではさっそく、理由やメリットを詳しく見ていきましょう!

使えば使うだけ毛が減る!

減毛タイプの家庭用脱毛器は、毛の根本にアプローチするので、使うほどに毛を減らしていく脱毛効果があります。

即効性はありませんが、徐々に毛が生えなくなるので、自己処理の回数も減っていきますね。

減毛タイプには「フラッシュ脱毛器」「レーザー脱毛器」があるのですが、家庭用で使えるのはフラッシュ脱毛器です。

自己処理の回数が減るから黒ずみや肌トラブルになりにくい

毛が減ることで自己処理の回数も減りますよね。
そのため、シェーバーやカミソリなどを使う機会も減ります。

シェーバーやカミソリを使わなくなるので、それが原因で起きる肌トラブルも起きなくなります。

毛が減るほかにも肌トラブルにならず、美肌を手に入れることができるのです。

美肌効果があるのでシミや毛穴の悩みも解決!

脱毛器のなかには美肌効果のあるものもあります。

フォトフェイシャル級の実力を持つものも多く、シミや毛穴、ニキビなどの肌トラブル解消効果も期待できます。

脱毛だけでなく美肌効果も期待できるので、美顔器などを新しく購入する必要がありません。

おすすめは家庭用脱毛器「ケノン」!


>>ケノン公式サイト<<

家庭用脱毛器のなかでもおすすめはケノンです。

ケノンは満足度98.3%、楽天の家電では販売以来脱毛器では1位をとり続けている人気商品です。

ケノンが自宅で顔脱毛するのにオススメなポイント

ケノンが家庭用脱毛器のなかでもオススメな理由は、人気であること以外にもいくつかあります。

高い出力で抜群の脱毛効果!

ケノンは脱毛で使う光の量が多く、業務用レベル並。

そのため、高い脱毛効果が期待できます。

フェイシャルエステの効果も得られる

美顔効果を得られるのもケノンの大きな特徴。
カートリッジを美顔向けのものに変えることで美顔器としても使うことができます。

公式サイトで購入するとこの美顔器カートリッジが備品としてついてくることが多いので要チェックです。

照射回数が多いので他の脱毛器よりも安くなる!

ケノンは1つのカートリッジでの照射可能回数が多く、通常の家庭用脱毛機なら1万8000発しかうてないところ、20万発照射することができます。

つまり、他の脱毛器よりも脱毛できる回数が多いということ。

トータルで考えると脱毛サロンより安く、コスパがいい

脱毛は1度ではなく何度も行うもの。
脱毛サロンでおこなっても2~3年は通う必要があります。

さらに、一度脱毛を終えてもまた毛が復活する可能性が高いです。

せっかくお金をかけて脱毛サロンに通っても、数年後には毛が復活してしまったら、また通うことになってさらにお金がかかりますよね。

しかし、ケノンは1度購入すれば永久的に使用が可能なので、いつまでも脱毛することができます。

顔脱毛だけでもエステに行って完全脱毛するなら5~10万ほどはかかってしまいます。ケノンなら最初こそ高いですが、1度購入すればずっと使えるのでコスパがいいと評判です。

ケノンの公式サイト

ケノンでの顔脱毛をもっと詳しく知りたい方は次の記事も参考にしてみてくださいね。

脱毛もできて美肌になれる!ケノンなら自宅でサロン並の脱毛効果!

家でいつでも脱毛ができるうえ、美肌が手に入るケノン。
正直に言えば、家庭用脱毛器でも、メーカーによって価格はそれぞれです。
本体価格が安い分、照射できる回数も少なかったり、追加で購入しなければならない替えのカードリッジが高い場合もあります。
どうしても本体価格ばかりで検討してしまいがちですが、照射回数や、替えのカードリッジの値段も含めて検討することが大切。

ケノンは高い脱毛効果とコスパの良さで、連続電気製品1位を獲得しています。
顔脱毛したいけどサロンへ行くのは面倒くさい…と言う人にはオススメですね。

ケノンの公式サイトへ

ケノンで脱毛する前にも事前処理は必要!電気シェーバーを使おう

肌への負担が少ない電気シェーバーでの事前処理がオススメです。
脱毛の場合、事前の処理は欠かせません。

黒い色に反応する仕組みのため、毛が伸びた状態であると火傷を負うリスクが高まるためです。
脱毛自体も負担は少ないとは言え、肌に刺激を与えることに変わりないので、カミソリや毛抜きのよる事前処理で肌を傷めた状態での施術は火傷や炎症のリスクを高めてしまいます。

事前処理はシェーバーを使うように意識しましょう。

自宅で産毛処理を行った後のケアは?

147500
自宅での産毛処理は、すべて自己責任です。
せっかく産毛がなくなったのに、アフターケアをサボってしまい、肌トラブルを起こしてしまっては大変ですよね。

処理後は肌が敏感になっており、毛穴が開いている状態です。
肌を鎮静させるために冷やしたり、太陽光などの刺激は避け、化粧水をしっかりつけましょう。
ただし、乳液やクリームで毛穴を塞いでしまうと、ニキビの原因となってしまうので注意が必要です。

サロン等での施術を検討中なら自宅での処理は控える

%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
サロン等での施術を検討中なら、自宅での処理を控えましょう。
サロンやクリニックでの施術と、家庭での処理を同時進行することはNGです。
同時進行することで、早く産毛をなくせるように思うかもしれませんが、毛が生えて抜けるまでのサイクルである毛周期が崩れてしまい、効果が薄れてしまいます。

ケノンはフラッシュ脱毛器!他の脱毛器との違いは?

ご紹介した家庭用脱毛器ケノンはフラッシュ脱毛です。
このフラッシュ脱毛の他に、レーザー脱毛というタイプの脱毛もあります。

また、フラッシュ脱毛のなかにも減毛タイプと除毛タイプのものがあります。

それぞれどう違うのか?
ここで詳しくご説明します。

フラッシュ脱毛とは?

家庭用脱毛器の中で、一番オススメなのが「フラッシュ脱毛器」です。
フラッシュ脱毛器は、サロンで使われている脱毛器と同等の機能を備えているものもあります。
一度の照射範囲が広く、また使用中に痛みもないため、短い時間で産毛処理をすることができます。

・家庭用フラッシュ脱毛器のメリットとデメリットまとめ

メリット ・サロン級の脱毛ができるものもある

・照射範囲が広く、短時間で処理できる

・痛くない

デメリット ・即効性がない

レーザー脱毛とは?

では、レーザー脱毛とはどんな脱毛なのでしょう?

レーザー脱毛器は脱毛効果が一番高い!

レーザー脱毛器は、家庭用脱毛器の中で一番脱毛効果が高いです。

本来、レーザー脱毛は医療機関でしか施術できません。
そのため、レーザー脱毛できるサロンはなく、クリニックでのみ施術することができます。

サロンでも施術できないレーザー脱毛が、自宅で出来るのは不思議ですよね。
また、医師が扱うレーザーを、自分で扱うには不安があると思います。

クリニックと家庭用レーザーは似ていても別物

クリニックで施術できるレーザー脱毛と家庭用のレーザー脱毛器は、似ていますが別物と捉えた方が良いでしょう。
なぜなら、家庭用レーザー脱毛器は、クリニックで使われているレーザー脱毛器の仕組みを応用したものだからです。
照射出力がクリニックのものに比べると、かなり抑えられているため、素人でも扱うことができるんですね。

出力が低いことで肌への負担を減らすことにも繋がりますし、使用できる出力範囲でも短期間で毛が減っていく効果を感じることができます。

ただ、効果が高い分、使用中には痛みがあり、照射範囲が狭いために時間がかかるデメリットがあります。

・家庭用レーザー脱毛器のメリットとデメリットまとめ

メリット ・脱毛効果が高い

・短期間で毛が減っていく効果を感じられる

デメリット ・照射範囲が狭く、時間がかかる

・痛い

フラッシュ脱毛では除毛タイプの脱毛器もあるけど…脱毛効果はない!

フラッシュ脱毛の仲には減毛タイプのほかにも除毛タイプがあると先ほど紹介しました。
どのように違うのかというと、そもそもの仕組みが違います。

除毛タイプの家庭用脱毛器には、脱毛効果がありません
目に見えている毛を熱で処理することで除毛することができます。
機能は脱毛ではなく、あくまで「除毛」として捉えましょう。
しかし、表皮上の毛を即座に処理できる点や、小型で扱いやすく、価格も手ごろというメリットもあります。
そこでさっそく、除毛タイプである「サーミコン式脱毛器」について詳しく見ていきましょう。

サーミコン式脱毛器

除毛タイプの脱毛器は「サーミコン式脱毛器」です。
熱線式脱毛器とも呼ばれます。

毛が熱線に触れることで、産毛を処理することができます。
細かな産毛も熱処理でキレイにでき、小型で初心者や不器用な人にも扱いやすい脱毛器です。

処理後はチクチクすることもなく、熱が直接、皮膚に触れることもないので、カミソリなどによる自己処理に比べて、肌への負担も減らすことができます。
しかし、処理中の痛みや、処理漏れ、熱による火傷のリスクをなくすことはできませんので注意が必要です。

・家庭用サーミコン脱毛器のメリットとデメリットまとめ

メリット ・肌への負担を少なく、毛を即座に処理できる

・小型で扱いやすい

・価格が安い

デメリット ・脱毛効果はない

・処理漏れや火傷のリスクがある

キレイに安全に顔脱毛したいなら脱毛サロンも考えよう

今まで自宅でできる顔脱毛について詳しくご説明してきましたが、脱毛箇所はあくまで顔。
火傷したりなど肌トラブルが怖いですよね。

よりキレイに安全に脱毛したいのであれば、脱毛サロンに通うのも一つの手段です。
サロンでの顔脱毛について詳しく知りたい方は次のページを参考にしてみてくださいね。

自宅で少しずつ産毛は減らしていける

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s
いかがでしたか?

顔の産毛は少しずつ自宅で減らしていくことができます。
しかし、カミソリ等による自己処理では肌への負担が大きく、トラブルの原因となります。

家庭用脱毛器には、脱毛効果があるものと、そうでないものがあるので注意が必要ですね。

また、除毛クリームやワックスは、刺激が強すぎるため、顔の産毛処理向きではありませんが、抑毛効果のあるものや、肌に優しい素材で出来ているものもあります。

家庭用脱毛器には、肌の負担も少なく、サロンと同等の機能を備えたものもあるので、脱毛に出かけるのは面倒…という人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

脱毛器人気no1
ケノンの公式サイト

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

関連記事

デリケートゾーンのかゆみに悩む女性は60%以上!かゆみの原因と改善方法

デリケートゾーンの「かゆみ」に、悩んでいる女性は多いようです。 薬事法ドットコムが「デリケートゾーンのケアに関する調査」をしました。 その結果、62%の女性がデリケートゾーンのかゆみに悩んでいることがわかったのです! こ …

続きを読む

Vラインに現れた黒いポツポツ…埋没毛を治す方法はコレ

VIO脱毛とは、女性のデリケートゾーンの脱毛をいいます。 デリケートゾーンなら、普段は他人の目に触れることがありません。でも水着になる時や友人との温泉、彼氏と過ごす特別な日といったイベントのために、ほとんどの女性はVライ …

続きを読む

湘南美容外科のVIO脱毛を徹底解説!口コミから料金・痛みまで

湘南美容外科のVIO脱毛は痛い!?効果や回数・範囲を解説 VIO脱毛に確実な効果を求めるなら、湘南美容外科クリニックがオススメです。 湘南美容外科は、効果の高い医療脱毛がリーズナブルな料金でおこなえるクリニックです。 と …

続きを読む

胸毛を脱毛するおすすめの方法は?料金・痛み・回数を徹底調査!

「胸毛」と言えば、かつては男らしさの象徴とされてきました。 確かに海外では「セクシィ!」と言われていても、日本では「なんか不潔」「気持ち悪い」と思われがちなのが現実。 「男性特有の色気を感じる」なんて女性も存在しますが、 …

続きを読む

腕脱毛の回数・値段を徹底調査!医療・サロンどっちがおすすめ?

日常生活でも露出度の高い「腕」。 夏はもちろんのこと、寒い時期でも人目につきやすい部位です。 清潔感あふれる魅力的な人が、ふと腕まくりをしたらモジャッ!なんて、百年の恋も冷めてしまいますよね…。 そんな「腕の …

続きを読む