最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題100円!+人気部位が1箇所50円均一!!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

脱毛による硬毛化の原因と対策を解説!毛深く見え理由とは?

ムダ毛のお手入れは思ったより時間をとられる上、自分で手の届かない部分があったり、処理してもすぐに伸びてきてしたりしてしまいます。
そうした手間を省くため、クリニックやエステなどで脱毛する女性は昔と比べるとかなり増えたといえるでしょう。
専門のスタッフが施術してくれる上、自己処理を続けるよりもきれいに脱毛できるので、時間とお金にさえ余裕があれば脱毛したほうが格段と楽です。
その上、カミソリなどで肌の表面を削り取り続けるよりはお肌へのダメージも抑えることができるといえます。

しかし、クリニックやサロンでの脱毛にはよいところばかりではなく、リスクも存在します。
ムダ毛をなくそうと思って通い始める脱毛ですが、稀に脱毛を始める前よりも毛が太くなってしまうことがあります。
この記事では、脱毛によって毛が太くなってしまう「硬毛化」についてお伝えします。

スポンサーリンク

硬毛化とは何か

硬毛化とは、脱毛の施術を受けることによって、施術前よりも毛が太くなったり、長くなったりしてしまう脱毛の副作用のことです。

施術後一ヶ月から数ヶ月が経ったころ、脱毛したはずの部位の毛が伸びてきて、異変に気づくことが多いようです。

硬毛とは

毛には、「硬毛」「軟毛」があります。

硬毛は、髪の毛やワキ、陰部などのように硬くてしっかりした毛のことを差します。
太さがある分色も濃く、目立ちやすい毛です。
軟毛は産毛のような細くて柔らかい毛を差します。
こちらは色も薄く、硬毛ほどの存在感はありません。

スポンサーリンク

硬毛化が起きる確率

毛を減らそうと思って脱毛をするのに、毛が増えるリスクがあるというのは困りものです。
これから脱毛を始めようと考える人にとっては、「やっぱり脱毛なんてやめようかな」と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、硬毛化が起きる確率自体はさほど高いわけではありません。
調査が行われた国や地域などによってデータは異なりますが、目安として、硬毛化が起きる可能性は脱毛をした人全体のうち約1%〜10%であるといわれています。
後述しますが、もし硬毛化が起きても方法によっては毛を減らしていくことが可能ですので、硬毛化のリスクを避けるために脱毛自体を諦めてしまう必要はないといえるでしょう。

硬毛化の原因と特徴


次い硬毛化の原因と特徴を順番に見ていきましょう!

クリニックやサロンでの脱毛の仕組み

硬毛化の原因についてお伝えする前に、クリニックやサロンでの脱毛の仕組みについて解説します。
クリニックやサロンでの脱毛は、光や熱を使ったレーザー脱毛や光脱毛が主流となっています。
レーザーや光は毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応して毛の細胞を処理し、毛の再生を妨げてくれます。

レーザーや光は、メラニンがより多く含まれる毛によく反応します。
そのため、硬くて太い硬毛に効果が出やすいようになっています。
太い毛には強い出力のレーザーや光を当てる必要があるように思われがちですが実際にはその逆で、レーザーなどが反応しやすい硬毛は、弱い出力でも十分に脱毛の効果が得られやすいという特徴があります。

硬毛化が起こる原因と特徴

実は、硬毛化が起こるメカニズムは科学的には解明されていません。
しかし、脱毛業界では「弱い熱量での施術がかえって毛の成長を促進させている」という説が定着しつつあります。

前の項目で説明した通り、脱毛に使用するレーザーや光は硬毛によく反応しますが、産毛などの軟毛は毛が細く柔らかいため、太い毛ほどたくさんのメラニンをもっていません。
そのため光が集まりづらく、毛の細胞にはごく弱い熱量しか伝わらない場合が多いです。
軟毛に伝わったごく弱い熱では脱毛の効果が得られにくいばかりでなく、毛の細胞を活性化させ、毛の成長を促してしまう働きがあるのではないかといわれています。

レーザー脱毛も光脱毛も、同じように熱や光を用いる脱毛法ですが、光脱毛に使用する熱は非常に弱いので、レーザー脱毛より硬毛化が起きる確率は低いと言われています。
ただし、光脱毛も脱毛の仕組みとしては同じですので、人によっては硬毛化が起きる場合もあり、絶対にリスクがないと言い切ることはできません。

硬毛化が起こりやすい部位

硬毛化には、起こりやすい部位とそうでない部位があります。
前の項目でお伝えしたように、硬毛化は太く硬い毛ではなく、産毛のような柔らかく細い毛に起こりやすい現象です。
そのため、ワキやVラインなどの太いしっかりとした毛が生える部位には起こりにくく、体幹部分や腕・足の毛が薄く目立たない場所に多く見られることがわかっています。
特に、肩や首回り、二の腕や背中、おなか周りなどは特に産毛が生える部位ですので、特に硬毛化が起こりやすい場所であるといえます。

硬毛化と勘違いしやすい現象

毛が太くなったと感じても、その全てが硬毛化であるとはいえません。
特に、レーザー脱毛や光脱毛を受ける前にムダ毛をシェービングする場合に、毛が太くなったように見えて硬毛化と勘違いすることがありますが、これは実際に毛が太くなったわけではなく、剃った毛の断面が自然な毛先の太さより太く見えているだけなので、硬毛化とは関係ありません。

毛が増えた?「多毛化」の勘違い

毛が太くなってしまう「硬毛化」の他、毛が多くなったと感じる「多毛化」が起きたと感じる方もいるようですが、クリニックやサロンなどでの施術で急に毛穴が増えてしまうようなことはありません。
そのため、毛の量が増えることもありません。
「毛が増えた」と感じるのは、産毛のような細さだった毛が硬毛化することによって毛が目立つようになったことを、毛が増えたと感じてしまう場合があるからです。

硬毛化の対処法


それでは、硬毛化を防ぐにはどのようなことに注意するのが良いのか、3つの対策方法をお伝えします。

強い熱量での施術に切り替える

細い毛に弱い熱が伝わって毛が太くなってしまうことによって硬毛化が起こると仮定して、より強い熱を毛に当てることで硬毛化を防ぐ方法です。
どれくらいの熱量が硬毛化を引き起こしてしまいやすいのかは人によって異なりますので、使用するレーザーの熱量を強くしても硬毛化が改善されない場合もあります。
その場合は他の対処法を試していくことになります。

弱い熱量での施術に切り替える

強い熱量に変更する方法と同じように、施術に使うレーザーの出力を調整する方法です。
弱い熱量での施術に変更する利点は、硬毛化してしまった毛には弱い熱量でも十分な脱毛効果が期待できる点と、熱量が弱すぎるため弱い毛に成長を促すほどの刺激になりにくい点です。
ただ、熱量を強くする場合と同様に、人によって効果が出る熱量は大きく異なるので、数回の施術の中で様子を見ることが大切です。

脱毛を一時休止する

施術に使う熱の刺激が硬毛化の原因になるため、脱毛を一旦休止すると成長の元になっていた熱刺激を断つことができるので、毛の細胞が元に戻ることもあります。
半年から一年の休止が効果的とされています。

硬毛化しにくい施術が受けられるクリニックの探し方

 

では、硬毛化しにくいクリニックはどんなクリニックなのか見ておきましょう!

脱毛器と硬毛化の関係

医療脱毛に使用するレーザー機器は、大きく分けてダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ロングパルスヤグレーザーの3種類です。
毛に与える影響も3種でそれぞれ異なり、本来は毛質や肌質に合わせてレーザーを使い分けて施術するのが理想的ですが、3種類のうち1種類のレーザーしか出力できない機械のみを使っているクリニックも多くあります。
細い毛と太い毛、両方にきちんと対応するには、できるだけ多くの種類のレーザーを取り扱っているクリニックを選ぶのがよいでしょう。
特に、ヤグレーザーというレーザーは硬毛化しやすい部位にも効果的なので、硬毛化が心配な方はヤグレーザーが出力できる機材のあるクリニックを探すのがおすすめです。

その他、メディオスターNeXTはやぶさなど、硬毛化を引き起こしにくい、比較的新しい機材もあります。
上記で紹介した3種の主なレーザー機器と比べると導入しているクリニックは少ないですが、気になる方は各クリニックに問い合わせてみましょう。

硬毛化保証があるクリニック

ここまで硬毛化について説明してきましたが、実際には硬毛化が起こる確率は10%以下ですので、硬毛化対策の部分だけを見て脱毛クリニック探しをするのはやや非効率とも言えます。

そこでぜひ視野に入れておきたいのが、硬毛化に対する保証があるクリニックです。
もしも硬毛化が起きてしまったら、追加で一定の回数の施術を受けることができるというシステムですので、万が一硬毛化が起きてしまって施術に必要な期間が伸びてしまっても安心です。
2016年末現在で、リゼクリニック・新宿クレアクリニック・ビューティースキンクリニックなどで硬毛化保証が行われているので、硬毛化が心配な方はこうしたクリニックを選ぶのも一つの方法です。

脱毛による硬毛化は、熱や光を使う脱毛を使う場合であれば誰にでも起こる可能性がある現象です。
しかし、しかるべき対策をとれば、毛が太くなったままにはなりませんし、太くなった毛を脱毛することもできるので、過度な心配は不要です。
もし不安なことがあれば、サロンやクリニックのスタッフとしっかり相談して、自分が納得できる脱毛を目指しましょう。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

もっと早くやっておけばよかった!メリットだらけのハイジニーナ脱毛

女性にとって、今や脱毛はすっかり定着してステータスになっています。 腕や脚といった見える箇所の脱毛は当たり前の時代です。 デリケートな部分であるVIOの脱毛をする女性も増えてきているのです。 なかでも、VIOを無毛にする …

続きを読む

【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。 お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。 見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすい …

続きを読む

Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

ラインのムダ毛を意識することが、あまりない人もいるのではないでしょうか。 水着を着るときや彼氏との旅行など大切なイベントの前には、処理をしておきたい部位です。 しかし、Iラインは人になかなか相談できない部位でもあります。 …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む