最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題!+人気部位が選べて50円!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

血が出た時も焦らずに!ムダ毛処理での出血の原因と対処法

ムダ毛処理をしていると、皮膚や毛穴から出血してしまうことがあります。
この記事では、出血を起こしてしまう原因や対処法などについてお伝えします。

ムダ毛処理で出血する原因は?

ムダ毛処理で出血してしまう原因は大きく分けてカミソリで剃毛したときと、毛抜きでムダ毛を抜いた時の2つです。

カミソリでの出血

カミソリは、数ある脱毛・除毛グッズの中で最もメジャーなムダ毛処理道具です。
コンビニやドラッグストアなど、どこでも販売されている上、価格も非常に安価です。
しかし、安価で手に取りやすいカミソリにもデメリットがあります
それは、刃で肌を傷つけてしまう可能性があることです。

カミソリを使ったムダ毛処理で一番多い出血の原因は、カミソリをうっかり滑らせて肌を傷つけてしまうことです。
ちょっとした肌の凹凸に刃が引っかかってしまったり、手元が狂ってしまったりといった理由で、思わぬ方向へ刃が横滑りしてしまった経験がある方も多いことでしょう。

また、カミソリで肌を切ってしまいがちなのは丸みのある部位の毛をお手入れするときです。
手首や手の甲、ひざやくるぶし、肩などはカミソリの刃に沿いにくい形になっているため、ムダ毛を狙って何度もカミソリを滑らせているうちに肌を傷つけてしまうことがあります。

毛抜きでの出血

毛抜きで1本1本ムダ毛を引き抜くと、一時的にムダ毛が毛根からなくなるので、カミソリなどの処理方法より見た目はきれいに仕上がります。
時間や手間はかかりますが、仕上がりのために毛抜きでのムダ毛処理を選ぶ方も少なからずいらっしゃるでしょう。

しかし、毛抜きでのムダ毛処理の場合も出血が起きてしまうことがあります。
毛を引き抜いたあとの毛穴から血がにじんでしまう原因は、毛の成長の周期にあります。

毛周期とは?

毛の成長の周期は、成長期・退行期・休止期の3期に分かれます。
成長期の毛は、文字通り新しい毛が生まれて、伸びていくまでの期間です。
退行期に進むと毛の成長スピードは衰えて毛は自然に抜け落ち、休止期は次の毛が生えてくるまでの準備期間となります。
つまり、自然に抜けやすい退行期の毛は抜けやすく、成長期の毛は抜けにくいということです。

毛の成長には栄養が不可欠です。
栄養を運ぶために、毛穴や毛は血管とつながっています。
そのため、成長期のしっかりした毛を毛抜きでつまんで引き抜くと、毛とつながっていた血管が破れて毛穴から出血するというわけです。

ムダ毛を毛抜きで処理していると、毛穴から出血する頻度はさほど高くないように感じる方が多いのではないかと思います。
しかし、前述の通り毛抜きでのムダ毛処理は毛と一緒に血管の一部を引きちぎっているのと同じことですので、毛穴から出血するに至らなくても、肌の内部ではもっと頻繁に少量の出血が起こっているとも考えられます。
毛抜きでのムダ毛処理は、肌の内部に大きなダメージを与える方法であることを覚えておきましょう。

ムダ毛処理で出血したときの対応方法は?

それでは、ムダ毛処理中に出血してしまった時、どうしますか?
いつでも起こりうる緊急事態のために、正しい対処法をしっかり覚えておきましょう!

カミソリでの処理の出血の場合

カミソリでのムダ毛処理での出血は、切り傷によるものが多いです。
傷になってしまった部位のムダ毛処理はいったん中止しましょう。
ムダ毛処理に使うカミソリは、清潔を保つように気をつけていても雑菌が繁殖してしまいがち。
傷ができてしまった箇所でカミソリについていた雑菌が繁殖してしまっては化膿などの原因になりかねませんので、念のため消毒液などを使って傷口を消毒しておくと安心です。

毛抜きでの処理の出血の場合

毛抜きでのムダ毛処理で毛穴の出血を起こしてしまったら、カミソリでの出血と同様、一旦出血箇所のお手入れを中止し清潔にしておくよう心がけましょう。

ムダ毛処理で出血するのを未然に防ぐ方法は?

出血してからでは、肌はもう傷ついてしまっています。
もし、未然にムダ毛処理での出血を防ぐことができる方法があれば知りたいですよね!
そこで、先ほどの2種類の方法を行う時に注意することをお教えします!

カミソリでの処理

カミソリでのムダ毛処理で出血を未然に防ぐ方法は大きく分けて3つあります。
1つ目は、カミソリを使用するときに、クリームやシェービングフォームなどを必ず使用することです。
何も塗らずにカミソリを肌に当てて動かすと滑りが悪く、肌に引っかかりやすくなってしまいます。
また、無駄な力が入りやすくなってしまうため、肌にも不要な圧力がかかり、カミソリの動かし方を誤ってしまった際の傷がより大きく、深くなってしまう可能性もあります。
面倒でも、カミソリを使うときは必ずクリームなどを使用するようにしましょう。

2つ目は、できるだけ明るい場所で、楽な姿勢でムダ毛処理を行うことです。
足先やデリケートゾーン、脇や背中など、ムダ毛処理が必要になる部位はたくさんありますが、部位によってはかなり無理な体制で処理を行わなければならない箇所も多いでしょう。
壁や椅子、柱などを使ってできるだけ楽な姿勢をとり、力が入りすぎたり、カミソリを持つ手が不安定になったりするような姿勢にならないようにしましょう。

また、お風呂でムダ毛を処理する方も多いかと思いますが、お風呂は照明が暗い場合も多く、ムダ毛処理には向かない環境であることもあります。
けがをしないためにも、見えづらい箇所は特に明るい場所で処理を行うと安心です。

3つ目は、使用するカミソリの選び方についてです。
体の曲面や指の毛などの細かい部分にカミソリを使いたい場合は、他の部位に使うような大きめのカミソリでは肌に沿わせづらいこともあります。
そういった場合は、顔用などとして販売されている刃がやや小さめのカミソリを使うと、安全かつスムーズにムダ毛を処理することができる場合があります。
どうしても細かい部分が上手にお手入れできないとお悩みの方は、カミソリ選びを見直してみましょう。

>>>カミソリのオススメ7選!
また、部位に合ったカミソリを使用していても、古くなって錆びてしまったり、刃こぼれがしてしまったりしているようなカミソリの使用はけがの元です。
切れ味が悪いと肌に引っかかり、思わぬけがの原因となります。
カミソリの刃は定期的に交換し、清潔を心がけましょう。
>>>カミソリを使う時の注意点まとめ

毛抜きでの処理

毛抜きでの処理で出血を防ぐ対策は、残念ながら存在しません
前の項目で成長期の毛を抜くと出血を起こしやすく、退行期の毛は抜けやすいとお伝えしましたが、これらの毛周期を見た目で判断することは難しいからです。
毛抜きでのムダ毛処理は肌への負担がとても大きいので、できれば避けるのが無難であるともいえます。

ムダ毛処理で出血したあとのリスクは?

カミソリでの出血・毛抜きでの出血に共通するリスクは、傷になってしまった部分から細菌が入り込んでしまい、炎症を引き起こしてしまうことです。
炎症になってしまうと、腫れや痛みの原因となることもあります。
出血が起こってしまったら、消毒などをして患部を清潔に保つことを心がけましょう。

放っておくとどうなる?

毛抜きを使ったムダ毛処理で出血した箇所を放っておくと、そこから細菌が入り込み、「毛のう炎」という病気を引き起こしてしまうこともあります。
「毛のう」とは、毛根を包み込んでいる部分のことで、ここが炎症を起こすことで皮膚にニキビのような赤い発疹ができます
自然に治る場合も多いですが、皮膚の深部にまで炎症が広がってしまうと皮膚科などでの治療が必要になる場合もあるので注意が必要です。

放っておいてしまった場合の対処法は?

毛のう炎がひどくなった場合は、原因菌である「ブドウ球菌」の活動を抑えるために抗生物質を使用することが多いです。
症状がひどい場合は皮膚を切り開いて抗生物質を塗らなければならないこともありますので、毛のう炎かもしれないと思ったら早めに皮膚科などの専門医に相談しましょう。

正しいムダ毛処理方法を知って、肌を守ろう!!

ムダ毛処理は数日おきに行うきわめて日常的な習慣ですが、ちょっとした出血が大きなトラブルにつながってしまうこともあります。毛のう炎などの深刻な状態にならないようにするためにも、できるだけ出血を起こさないようなムダ毛処理を行うようにしましょう。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

関連記事

VIO脱毛後のかゆみ、どうにかしたい!その原因と対策法

美意識の高い女性の中ではもはや常識のVIO脱毛。 メリットは、ムダ毛がなくなり見た目がスッキリするだけではありません。 生理の時のムレや臭いも軽減され、清潔な肌をキープできるのです。 VIO脱毛が完了すれば、悩みが解決さ …

続きを読む

チクチクしないムダ毛の処理方法を解説!原因と対策に迫ります!

ムダ毛処理をして数日後、少しだけ伸びてきた毛が「チクチク、ザラザラして気持ち悪い…」と感じたことがある方は少なくないでしょう。 肌ざわりが悪いだけでなく、アンダーヘアなどを処理したあとのチクチクは、下着を突き破って出てき …

続きを読む

ムダ毛処理で肌荒れや乾燥する人は必見!【完全保湿対策】

暑いときも寒いときも、ムダ毛はしっかり生えてきます。 すでに全身脱毛でぬかりない方も増えてきましたが、まだ脱毛していない方や通い始めたばかりの方は、まだまだムダ毛処理とは付き合っていかなければなりません。 そして、脱毛と …

続きを読む

埋没毛の治し方と処理方法!ヒゲや脇の埋没毛を放置しても大丈夫?

どういうわけか皮膚の中で成長してしまっている毛…これが埋没毛(埋もれ毛)です。 黒い点々や触るとザラザラとしていて、肌を出すのが恥ずかしい人も多いのではないでしょうか。ついついほじくって出したくなりますが、ちょっと待って …

続きを読む

足の毛穴の黒ずみ・赤いブツブツを目立たなくする方法!ケアするコツは?

足の毛穴の赤いぶつぶつや黒ずみのせいで 『赤いぶつぶつが気になって素足が出せない』 『黒ずみが目立つからストッキングが手放せない』 などと悩んではいませんか? 特に露出の増える季節は、ひざ下のトラブルがあると人の視線が気 …

続きを読む