尻毛をキレイに処理する方法は?簡単・安全に脱毛するコツを解説!

最近になって、尻毛の処理をする男性が急増中なんです!

尻毛って、普段は自分で見えないですよね?
だからそれほど気にしていなかった…という人も多いでしょう。

しかし、尻毛にはデメリットだらけ。
不衛生だし、ニオイも気になるし、なんといっても見栄えが悪いし!

美意識が強くなってきた今、世の男性たちが気になりだすのは当たり前です。

でも尻毛って、どんな風に処理するのがベストなのか。
男性は女性と違って、ムダ毛処理に不慣れなので初心者も多いことでしょう。

ここでは、あらゆる尻毛処理の方法、最適な脱毛方法まで詳しく解説していきます。

>>ベストな自己処理方法をすぐに知りたい人はこちら
>>編集部おすすめの尻毛処理方法をすぐに確認したい方はこちら

さまざまな尻毛脱毛方法のメリットデメリット

まずは、どんな尻毛の処理方法があるのかを、メリット・デメリットとともにみていきましょう!

処理方法 メリット デメリット

脱毛クリーム
>>詳しくはこちら

  • 直接見えない場所でも処理しやすく、処理後の肌もきれいに仕上りやすい。
  • 肌表面の毛を除毛しているので、すぐに次の毛が生えてくる。
  • 強い薬剤を使用しているため、肌荒れや赤みが出てしまう場合がある。

ブラジリアンワックス
>>詳しくはこちら

  • 毛根から毛を抜くので、つぎのムダ毛が生えてくるまで長持ちする。
  • 処理後の仕上がりがきれい。
  • かなりコツがいるので、初心者には処理が難しい。
  • 毛抜きで広範囲を抜いているようなものなので、ブツブツや埋没毛のリスクがある。

カミソリ
>>詳しくはこちら

  • カミソリや保湿クリームなど、家にあるもので気軽に処理できる。
  • 気になったときにすぐ処理でき、時間もあまりかからない。
  • 見えにくい場所なので、とにかく処理しにくい。
  • 毛の根元がブツブツと残ったり、失敗して肌に傷を作ってしまうリスクが高く、処理後の見た目がきれいになりにくい

毛抜き
>>詳しくはこちら

  • 低コストで済む。
  • 毛の根元から処理できる。
  • 痛みが強い。
  • 時間がかかる。
  • 見えにくい部位を1本1本処理するのは難しい。
  • 肌に負担がかかる。
  • 毛穴がブツブツになってしまったり、埋没毛になる可能性が高い。

脱毛サロン
>>詳しくはこちら

  • 仕上がりがキレイ。
  • 一度処理してしまえば面倒な自己処理が不要になり、建設的。
  • コストがそれなりにかかる。
  • サロンに通う時間を確保する必要がある。

それぞれの尻毛処理方法について、ここからはひとつずつ詳しくチェックしていきましょう。

絶対にNG!毛抜きは肌トラブルを起こしやすい!

毛抜きでの尻毛処理は、カミソリと同様に、毛抜きで抜くだけという単純な方法になります。

しかし毛抜きでのムダ毛処理は、絶対にNGです。

毛を1本1本抜くという行為は、毛穴や皮膚に大きな負担をかけ、ダメージになります。
このダメージがメラニン色素を刺激し、肛門周辺の黒ずみにもつながるのです。
毛穴がブツブツになってしまったり、埋没毛(毛が肌の中に埋まって黒いブツブツになった状態)になる可能性もかなり高くなるでしょう。

こういった肌トラブルは、一度なってしまうと改善が難しくなります。

後から後悔しないためにも、毛抜きでの処理はやめておきましょう。

自分で簡単&安全にできる脱毛クリーム

脱毛クリームは、薬剤によって肌表面のムダ毛を溶かす仕組みになっています。

本来なら肌表面の毛を取り除くことを「除毛」といい、毛根から毛を取り除くことを「脱毛」といいます。

そのため、仕組みとして「除毛クリーム」とするのが正しいのですが、脱毛クリームと名乗っている商品もたくさんあります。

脱毛クリームと除毛クリームは同じだと思って大丈夫です!

脱毛クリームは、尻毛の自己処理でもっとも安全・キレイに仕上がる方法です!
しかし強力な薬剤を使用するため、必ずパッチテストをしてからスタートしましょう。

1番おすすめの脱毛クリームはNULLリムーバークリーム

有効成分 ・チオグリコール酸カルシウム
美肌成分 ・アロエエキス
価格 2,980円→1回あたり102円
  • 楽天ランキング1位の人気商品!
  • 日本製なので安心して使える!
  • 保湿成分を配合!刺激を抑えて除毛できる!

男性の脱毛クリームで人気なのが、NULLリムーバークリームです。
楽天やYahooショッピングで、何度も1位を獲得している実力派。

かなり太い毛でもしっかりと除毛でき、失敗がないと高評価になっています。

処理後の肌もきれいで、毛穴まで目立たなくなるという口コミも。

日本で製造しているため、安心・安全を求める人にもおすすめの商品です!

NULLリムーバーの公式サイト

脱毛クリームを使った尻毛処理のやり方

  • 除毛したい場所を、クリームで覆っていきます。

毛が長めの人はクリームが浮いてしまうので、事前にカットしておいてください。

  • 指定された時間を計って放置し、拭き取ります。

長い時間放置し過ぎると肌への負担が大きいので、注意してください。

  • 拭きとった後に、さらにぬるま湯で洗い流します。

クリームを肌に残さないために、しっかりと洗いましょう。

  • 最後に保湿クリームを塗って終了です。

痛いけど見た目がキレイなブラジリアンワックス

アンダーヘア用の脱毛ワックスを、ブラジリアンワックスといいます。
つまり、脱毛ワックスです。

ブラジリアンワックスは、毛根から毛を抜くことができます。
つぎのムダ毛が生えてくるまでの期間が長く、アンダーヘアの脱毛に人気の処理方法です。

脱毛したい部分にワックスを塗り、シートを乗せて一気に剥がします。

NULLブラジリアンワックスがおすすめ!

肌への優しさ ◎100%自然採取の高純度ハチミツを使用
価格 2,980円→1回あたり102円
  • 楽天ランキング1位の人気商品!
  • デリケートゾーンなど全身にも使える!
  • 日本人の男性用に作られてたワックス!

男性用のワックスで人気なのが、NULLブラジリアンワックスです。

温めなくても塗りやすい粘度になっているので、初心者でもやりやすいブラジリアンワックス!

主成分がハチミツで肌にやさしく、デリケートゾーンにも安心して使えます!

2,980円(税込)に、ワックスペーパーは別売りで780円(100枚入り)です。

ワックスでの尻毛処理を考えている人は、1度公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

NULLブラジリアンワックスの公式サイト

ブラジリアンワックスの尻毛処理方法!

ブラジリアンワックスは、慣れていないと失敗も多いという処理方法です。

何度か使っていくうちに、コツは掴めていくはずです!

  • 長すぎる毛はカットします。

目安は1.5cm~2cmくらいで、短すぎても上手に脱毛できません。

  • ワックスを塗る場所に、ベビーパウダーを薄く塗ります。

肌を乾いた状態にしてください。

  • 付属のスパチュラで、脱毛したい場所にワックスを塗っていきます。

毛の流れに沿って塗るのがポイント。
※皮膚を伸ばしながら、小範囲に分けて塗っていくとやりやすいです。

  • シートを乗せて、ワックスと馴染ませます。

毛の向きに沿って、しっかりとおさえるのがポイント。

  • 毛の向きとは逆方向に、一気にシートを剥がします。

※空いている手で皮膚を伸ばしながら剥がすと毛が抜けやすいです。

  • 肌に残ったワックスを拭きとり、肌を冷やします。

クーラントが終わったら、保湿クリームを塗って終了です。

カミソリでの尻毛処理

カミソリでムダ毛を剃るだけのこの方法は、一番単純な尻毛処理方法といえるでしょう。
カミソリなら、わざわざ用意しなくても自宅に置いてあるという人も多いはずです。

ただし、お尻の毛は自分では見えにくいうえ、形状もカーブしているのでかなり難しいと思ってください。

カミソリの尻毛処理方法!

カミソリの処理方法を詳しく解説していきます。
手軽ですが、刃物を使用するので十分に注意してください。

  • まずは、毛を短くハサミでカットします。

長いまま剃ると、毛が刃に引っかかってしまうので危険です。

  • 肌を保護するために、ワセリンを薄めに塗ります。

刃の滑りを良くするためでもあります。

  • 毛の流れに沿って、慎重に剃って下さい。

毛の流れに逆らう「逆剃り」は、肌への負担が大きく、肌トラブルの原因になるのでNGです。

  • 沿った毛とワセリンを洗い流します。

最後に保湿クリームを塗ったら終了です。

安全にラクをしたいなら脱毛サロン一択!

ご紹介してきた尻毛のセルフケア方法は、永久に毛が生えてこなくなるわけではないため、定期的なお手入れが必須です。
しかもどの処理方法にも、少なからず肌リスクが伴います。
自己処理を続ければ続けるほど、肌トラブルも起きやすくなっていくのです。

肌トラブルのリスクや、自己処理の手間をなくすにはどうしたらいいのでしょう。
それは、もう尻毛が生えないようにするしかありません。

尻毛とサヨナラするには、サロンやクリニックでの脱毛を検討しましょう。

サロンやクリニックでの脱毛は、毛根にアプローチする光線をあて、毛根を弱らせていく方法です。
施術をしていくごとにムダ毛が薄くなり、やがては生えなくなっていきます。

また、自己処理の必要もなくなるので楽チン!
プロにお任せするので、仕上がりもとてもキレイです。

オススメの脱毛サロンは?

男性が脱毛するなら絶対ココ!とおすすめできるサロンをご紹介します!

メンズサロンならRINX(リンクス)!

価格が安く、脱毛効果もしっかりあると人気のメンズ専用脱毛サロンです。

メンズ専門なので利用しやすく、施術スタッフも男性なので安心!

万が一の肌トラブルも、完全無料保証してくれます。

ほかにもシェービング代無料、キャンセル料無料など、充実したシステムになっています。

リンクスの料金

1回都度払い 14,700円
4回保障パス 46,000円
8回保障パス 92,000円
9回目以降  無期限80%OFF保障サポート

※すべて税込価格

ほかのサロンと比べても、かなりリーズナブルになっています。

この価格で、このサービス!?と、欠点が見つかりません。

定額制もアリ

さらにリンクスでは、独自の定額制度も扱っています。

4回保障パスなら、月々1,400円~。
8回保障パスなら、月々2,900円~でOK。

手持ちのお金がない人でも、気軽に脱毛がスタートできます。

この定額制度は、社会人、学生、フリーターといったすべての人が利用できるのもうれしいですよね!

今ならキャンペーン中!

さらに今なら初回限定、先着45名までで、50%OFFの7,350円で1回施術を受けることができます。
※記事執筆時の情報です

お得なキャンペーンなので、ぜひ1度リンクスを体験してみてはいかがでしょうか?

キャンペーン適応!
リンクスの公式サイト

尻毛脱毛するならサロンとクリニックどっちが良い?

サロンとクリニックでは、毛根へのアプローチという仕組み自体は同じでも、扱っているマシンが違います。

一般的にサロンでは光脱毛(フラッシュ脱毛)で、クリニックはレーザー脱毛です。

クリニックでのレーザー脱毛について

クリニックでのレーザー脱毛は、光脱毛よりもかなり出力が高く、医療機関でしか取り扱えないことになっています。
出力が高いぶん効果も高く、施術の回数は4~6回ほどです。

しかし、レーザー脱毛は施術費用がかさむうえに、痛みが強いという最大のデメリットがあります。
とくに毛が太く頑丈なOライン脱毛の痛みは、他の部位に比べて強烈で、人によってはガマンできないほどの痛みを感じることもあるようです。

サロンでの光脱毛(フラッシュ脱毛)について

いっぽうサロンでの光脱毛は、クリニックのレーザーに比べて出力が低いので、ムダ毛がなくなるまで8~12回ほどの施術が必要です。
クリニックと比較すると、一般的にサロンのほうが2~3倍ほどの施術回数と期間が必要になるといわれています。

しかしマシンの光線がおだやかなぶん、レーザーほど強い痛みは感じません
料金も、リーズナブルな価格設定になっていることが多く、クリニックの2分の1~3分の1程度のようです。

編集部では、通いやすいサロン脱毛をおすすめ!

サロン・クリニックの特徴を簡単にまとめると、以下の表のようになります。

クリニック
  • 痛い
  • 効果が高い
  • 料金が高い
サロン
  • 痛くない
  • 効果が弱い
  • 料金が安い

サロンとクリニックのどちらで脱毛するのかは、各個人のニーズ次第でしょう。
しかし編集部では、サロンでの尻毛脱毛をおすすめしています。

デリケートゾーンは、脱毛時に痛みが出やすい部位です。
痛みに耐えられず通えないのでは意味がありません。

またクリニックでの医療脱毛には、まとまった予算がかかります。
痛くてギブアップしてしまうかもしれないものに高額を投資するのは、高リスクです。

通う期間は長くなってはしまいますが、手軽にはじめやすいサロン脱毛のほうが、より多くの人に向いているといえます。

脱毛を考えている方は、どちらが自分に合っているのか、しっかりと検討してみましょう。

尻毛の脱毛について、もっと詳しく知りたい方は以下の記事も読んでみてくださいね。

上手な処理で男子力もアップ!

処理を続けて肌が汚くなってしまうと、もう元には戻らなくなってしまいます。

後から慌ててサロンに飛び込んでも、肌トラブルが起きていると施術が受けられない場合も…。

毛量が多く、ひんぱんな自己処理が必要そうだと感じている人は、少しでも早く脱毛サロンで脱毛してしまいましょう。

まだお尻がキレイなうちに処理をして、男子力を上げてくださいね!

>>編集部おすすの脱毛サロン『リンクス』の公式サイトはこちら!