最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題100円!+人気部位が1箇所50円均一!!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

ケノンって本当に効果ある?人気の脱毛器を徹底リサーチ!


家庭用脱毛器として絶大な人気を誇る「ケノン」

自宅で手軽に“ムダ毛のないツルスベ肌”を目指せるとあって、販売サイトのひとつ「楽天」では、脱毛器ランキングで249週連続売上げ1位を記録しています。

しかし、気になるのはその効果ですよね。

果たして本当に脱毛効果があるのか…金額に見合うだけのメリットがあるのか…悩んでしまうことでしょう。

そこで今回は、ケノンの効果について、回数や照射レベルなど様々なポイントからご紹介いたします!

スポンサーリンク

ケノンってどんな脱毛器?効果はあるの?


家庭用脱毛器のなかでも知名度の高いケノンですが、実際、どのような仕組みで脱毛効果を発揮しているのでしょうか?

まず家庭用脱毛器には、以下の4種類があります。

(1)レーザー式家庭用脱毛器
(2)フラッシュ式家庭用脱毛器
(3)サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器
(4)超音波脱毛器

ケノンは、これらのうち、(2)フラッシュ式家庭用脱毛器に該当します。

メラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根にダメージを与えることでムダ毛の発生を抑えることができます。
また、痛みが少なく、肌へのダメージも抑えられるメリットがあります。

腕や足だけでなく、Vゾーンのようなデリケートな場所にも使えるため、「脱毛サロンやクリニックで施術を受けるのが恥ずかしい」なんて人にもおすすめです。

また、機器の先端部分にあるカートリッジは、使用目的やニーズに合わせて数種類からカスタマイズ可能。

そのため、家庭用脱毛器のなかでは、高い性能を兼ね備えていると注目されています。

気になる効果の有無ですが、以下のような口コミが見られました。

ケノンの効果に関する口コミ

■良い口コミ

ケノンで脱毛し始めて4か月経ちましたが、少しずつ毛が薄くなっていくのを実感しています。背中は自分では処理しづらく、そのままになっていますが、腕や足は以前に比べて毛が生えるスピードが遅くなりました。(22歳/学生)
育児中で脱毛サロンに通うことが難しいので購入しました。家庭用脱毛器ということで、効果はあまり期待していませんでしたが、レベル7で照射し続けたところ、ずっとコンプレックスだったすね毛がほぼ生えてこなくなりました。主人もヒゲの脱毛に使っており、シェービングがラクになったと喜んでいます。(31歳/主婦)

■悪い口コミ

照射したらものすごく痛くて、真っ赤に腫れてしまいました。毛が抜けるまでには何度か繰り返して使う必要があるのだと思いますが、怖くて使っていません。(28歳/接客)
1か月使っていますが、あまり効果を感じていません。肌も乾燥して少しかぶれてしまい、脱毛前に結局カミソリで自己処理しなければならず二度手間だったので、だんだん使う気が失せてきました。値段は脱毛サロンのほうが高いですが、自分はプロに任せたほうが良いと感じています。(26歳/事務)

どうやら良い口コミと悪い口コミが混在していますね。
効果に関しても、アリ・ナシで大きく意見が分かれています。

同じ商品を使っているはずなのに、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

効果に差があるのはなぜ?

ケノンの脱毛効果を実感できない原因にはいくつかありますが、最も多いのは以下の2つです。

(1)使用方法が不適切

「脱毛前の冷却を怠った」「敏感肌なのに強いレベルで照射してしまった」等、誤った方法で使用すると、痛みや肌トラブルの原因になります。

また、「弱すぎるレベルで照射を続けたため、効果が出ない…」「脱毛前の自己処理が不十分だった」なんてケースもあります。

ケノンは家庭用脱毛器です。
脱毛サロンやクリニックであれば、施術するスタッフが適切な方法で処理してくれますが、自宅での脱毛となると、そうはいきません。

機器を使用する人が適切な使い方を理解しておかなければ、効果は激減してしまいます。

(2)回数、期間が不十分

2つ目の理由として、回数、期間が不十分なことがあげられます。

ケノンは繰り返し使用することで、少しずつムダ毛の発生を抑えます。
そのため、1~2回の使用で脱毛効果を感じることはできません。

即効性がないので、だんだん面倒になってしまい、結局使わずに押し入れの中へ…なんて人も多いですが、自己処理が不要になるまで根気よく続けることが大切です。

ケノンで効果を実感するまでの回数は?


ケノンで効果を実感するまでには、ある程度の回数が必要です。

回数と効果の関係については、毛質や肌質、脱毛部位によって異なるため、はっきりとした基準値を設けることは難しいですが、おおむね次のように言われています。

2~4回 毛がスルスルと抜ける
5~8回 生えるスピードが遅くなり、ムダ毛があまり目立たなくなる
8~12回 自己処理が不要になる

また照射の頻度は、脱毛部位にもよりますが、「2週間に1回」が望ましいと言われています。

なぜなら「毛周期」に合わせて脱毛することが最も効果が出やすいからです。

毛周期とは、毛の成長サイクルのことで、以下4つの段階があります。

(1)成長初期…毛が生え始める時期
(2)成長後期…成長し、皮膚の表面に飛び出た状態
(3)退行期…毛が抜け始める時期
(4)休止期…毛が抜けた後、再び成長段階に入るためにお休みしている時期

照射のベストタイミングは(1)成長初期です。
この段階で照射しなければ、脱毛効果は得られません。

しかし成長初期にある毛は全体の2割ほど。

残りの8割は別の段階にあるため、2週間に1度の頻度で照射すれば、成長初期のタイミングを狙って脱毛できるというわけです。

そのため、この頻度を基準にすると、自己処理が不要と感じるまでには4~6か月ほどの期間が必要のなるのです。

ケノンの照射レベルごとの効果は?

続いて、照射レベルごとの効果について紹介します。

ケノンには照射レベルが1~10まであり、10が最も高いです。

【レベル別/照射パワーの目安】

レベル1~2 かなり弱い
レベル3~4 やや弱い
レベル5~7 普通
レベル8~10 強い(脱毛サロンに匹敵するほどのパワー)

レベルが上がるほど、脱毛効果は高くなりますが、そのぶん肌ダメージや痛みも大きくなります。
そのため、自身の肌質と痛みへの耐性を見極めたうえで、設定することが大切です。

平均的にはレベル6~8程度が、効果を実感しやすく、肌の炎症等のリスクも避けられると言われています。

レベル3~4程度の低い値で設定した場合は、脱毛効果が出にくく、せっかく照射してもあまり意味がなかった…ということが多いです。

しかし、こちらはあくまで目安の数値。

皮膚の薄い部位やデリケートゾーンは、その他の部位よりもレベルを下げて照射しなければなりませんし、元々敏感肌の人は、平均的な数値よりもやや低めに設定すべきです。

>>ケノンの効果はレベルで変わる!?部位別に検証!

ケノンは全身どこでも効く?気になる部位別の効果


回数を重ねるごとに脱毛効果が高くなるケノン。
しかし、全身どの部位に照射しても効果があるのでしょうか?

答えは「Yes」であり「No」です。

ケノンは目の周りや、IOゾーン等のデリケートな部分を除き、全身どの場所であっても脱毛効果を実感できます。

産毛のような薄い毛は、効果が出るまでにやや時間がかかりますが、回数を重ねることで、毛の生えるスピードや毛量の違いを感じられます。

しかし、部位別に適切な方法、照射レベルで脱毛しなければ、効果は実感できません。

またケノンには以下4種類のカートリッジがあります。(※2017年2月現在)

■ラージカートリッジ:ケノンの標準カートリッジ
■エクストラカートリッジ:標準タイプよりも照射面積が広い
■ストロングカートリッジ:最も照射力が強く、剛毛にも効果を発揮する
■スキンケアカートリッジ:フォトフェイシャル機能により美顔効果がある

それぞれの部位に合ったカートリッジを使用しなければ、脱毛効果は得られません。
それどころか、肌トラブルの原因になる可能性も……。

【部位別】効果を出すために知っておきたいポイント

以下に、脱毛したい部位のなかでも特に人気のある場所をピックアップしました!

そして、それぞれ最適なカートリッジ・照射レベル・完了回数の目安をリサーチし、比較しました。

毛質や肌質など、人によって個人差があるので、あくまで目安のデータですが、脱毛前にチェックしておいてください!
 

カートリッジ 照射レベル

(※1)

完了回数

(※2)

ラージカートリッジ

or

エクストラカートリッジ

7~10 7~10回
ラージカートリッジ 6~10 7~10回
ストロングカートリッジ 8~10 10~15回
背中 ラージカートリッジ

or

エクストラカートリッジ

7~10 10~15回
Vライン ラージカートリッジ

or

ストロングカートリッジ

5~8

※最初は低めのレベルで

6~7回

※1・2…毛質、肌質によって異なります。まずは低レベルでテスト照射しましょう。
※2…自己処理が不要と感じるまでの回数です。しかし永久脱毛ではありませんので、継続して照射が必要です。

脱毛必須の部位と言えば「足」。
特にひざ下は人目に触れやすく、毎日ツルスベな状態をキープしておきたいところです。

カートリッジは、ラージ、エクストラどちらでも構いませんが、足首周りはラージを使った方が効果的です!

くるぶし周辺は丸みを帯びているため、照射面接の広いエクストラカートリッジでは、うまく対応できません。

一方、太もものような面積のある部分には、エクストラカートリッジがおすすめ。
1度に照射する回数を少なくできるので、効率的に進められます。

しかし、「カートリッジを交換するのが面倒」「エクストラカートリッジを使用する部位が他にない…」という方は標準タイプのラージカートリッジで足全体をまとめて脱毛しても良いでしょう。

ケノンで照射する際の頻度やレベルは、足とほとんど変わりません。

しかしカートリッジは、標準タイプのラージカートリッジを使うことをおすすめします。
腕は足に比べると細いため、照射面接の広いエクストラカートリッジでは照射漏れが発生します。

少しずつハンドピースをスライドさせ、丁寧にレーザーを当てるようにてください。

脱毛サロンでも特に人気の部位として知られる「脇」。
ケノンは、脇毛のような太くて硬い毛にもしっかりと反応します。

照射レベルはやや高めに設定し、照射力の強いストロングカートリッジで脱毛しましょう!

とはいえ、レベル9以上になると、人によっては痛みを感じます。
また敏感肌の人は肌荒れを起こす可能性があるため、注意が必要。

どの部位にも共通して言えることですが、まずはレベル1~3で試し打ちをし、少しずつレベルを上げていきましょう!

脇のように剛毛な部位は、効果を得るためにいきなり高いレベルで照射しがちですが、自身の肌質を考えて、可能な範囲でレベルを調整してくださいね。

>>ケノンは脇毛にも効果がある?正しい使い方と疑問点を分かりやすく解説!

背中

自分では目が届きにくい場所ですが、背中には柔らかい産毛がふさふさと生えています。

ケノンはこのような産毛も無くし、「美しい後ろ姿に仕上げてくれる」と評判です。

しかし、腕や足に生える硬毛と比べると毛が細いため、フラッシュが反応しづらいです。

そのため効果を感じづらい傾向にあります。
違いが出始めるまでには、ある程度の回数が必要なため、根気強く照射を続けることが大切です。

また自身で脱毛する場合は、見えづらい部位のため、照射漏れ重ね打ちを起こす可能性があります。

そのため、できる限り家族に手伝ってもらったほうがムラなくキレイに照射できます。
もし自身で照射する場合は、合わせ鏡を使いながら、丁寧に脱毛しましょう。

>>ケノンで背中を脱毛するレベル・やり方は?ニキビ・産毛に効果はある?

Vライン

自己処理が難しいVラインも、ケノンならきちんと整えられます。

「ゴワゴワの毛でも効果はあるの?」「デリケートゾーンに照射して大丈夫…?」なんて不安を感じる方もいるかもしれませんが、適切に使用すれば、高い脱毛効果が得られます。

しかし、以下の点には注意が必要です。

IOゾーンには照射しない!

ケノンの公式ホームページでは、Vゾーンの照射のみ推奨しています。
薄い粘膜のあるIOゾーンには照射しないようにしてください。

ネットの体験レビューなどでは「IOゾーンに照射して効果があった」といった感想を目にすることがありますが、安全性は保証できません。

行う場合はあくまで自己責任です。
粘膜のため痛みを感じやすく、セルフだと見えづらい部位ですので、ケノンよりもエステサロンで脱毛したほうが良いでしょう。

しかし「Vゾーンのみ整えたい」という方は、家庭で手軽にできるケノンがおすすめ!
他人にデリケートゾーンを見られるのが嫌…という場合も安心です。

>>ケノンはVIOに効果がある?やり方・レベル・回数を徹底調査!

ケノンは剛毛にも効果アリ!


ケノンは剛毛な方にも効果があります!

というのも、ケノンは「フラッシュ脱毛」によって、ムダ毛をなくしているからです。
フラッシュ脱毛は、皮膚のメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えることで毛の成長を妨げ ます。

そのため産毛のような細くて薄い毛には反応しづらく、ある程度の太さがないと効果が出づらい仕組みになっているのです。

「カミソリで剃っても翌日には毛がチクチクと生えてくる…」なんて方も、ケノンを使えばそんなことで悩む必要はなくなります!

また、あくまで肌質と相談しながらにはなりますが、可能な範囲で照射レベルを高くすることで、より高い脱毛効果を実感できます。

脱毛後の保湿に抑毛ローションを使うのも良いでしょう。

>>ケノンは剛毛にも効果がある?

ケノンは男性の髭(ヒゲ)や胸毛にも使える!


ケノンを使用しているのは女性だけではありません。
実際にユーザーの約4割は男性で、髭(ヒゲ)や胸毛の脱毛にも使用しています。

気になるのは「効果」ですが、ケノンは、ヒゲや胸毛にもしっかりと反応して、成長を弱めてくれます。

先ほどもご紹介したように、ケノンはフラッシュ脱毛です。
皮膚の黒い部分、つまりメラニン色素に反応するため、太くて硬い毛にも効果を発揮するのです。

ケノンでヒゲを脱毛する際の注意点

ケノンでヒゲを脱毛する際には、いくつか気を付けるべきポイントがあります。
これからご紹介する内容を知って、効果的にムダ毛をなくしましょう!

ストロングカートリッジを使用する

ケノンのカートリッジは数種類ありますが、ヒゲの場合は、最も出力が強いストロングカートリッジを使いましょう!

「出力が強い」と言われると不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしご安心ください。

こちらのカートリッジは、肌へのダメージを抑えられるように、特殊なフィルターが用いられています。
そのため、必要以上に刺激を与えることはありません。

なお、ストロングカートリッジは、販売しているサイトにもよりますが、基本的に別売りです。

標準タイプのラージカートリッジでは、充分な効果を得られないことが多いので、注意しましょう。

照射前後のクーリングはしっかりと行う

どの部位にも共通して言えることですが、照射前後のクーリング(冷却)はしっかりと行いましょう。

特にひげの場合、デリケートな顔が照射部位となります。
事前のクーリングを怠ると、湿疹や火傷などのトラブルにつながりますので、充分に気をつけてくださいね。

照射は1ショットで!

ケノンには「連続ショット」という機能が備えられていますが、ヒゲ脱毛の際には1ショット(1回)が最もおすすめ。

「連続ショット」とは、肌への負担を下げるための機能です。
1回、3回、6回…と数字が大きくなるほど、照射力が弱まります。

もう少し具体的に説明すると、仮にレベル8で照射し、そのパワーが10だった場合…
1回:パワー10のまま照射
3回:パワー3~4で分散して照射
となります。

つまり、照射パワーを一度に使うか、分散させるかという点が異なるのです。

ヒゲは全身の毛のなかでも、毛根が深く、生命力が強いと言われています。
そのため、より脱毛効果のある1回での照射がおすすめ!

もちろん個人の肌質や、痛みの感じ方と相談しながらになりますが、基本的にはヒゲ脱毛で連続ショットを使用する必要はないでしょう。

ヒゲ脱毛で効果を実感するまでの回数は?

ヒゲは、サロン脱毛でも効果があらわれにくいと言われている部位です。

ところが、実際にケノンでヒゲ脱毛を行った人は、4~5回目ほどで効果を実感し、10~15回目くらいには「ほぼ生えてこなくなった!」と感じています。

その一方で、「全く効果がない…」と悩む人がいるのも事実…。

結論から言うと、ヒゲの場合、全員が全員すぐに効果を実感できるわけではありません。

長年、顔中の青ひげに悩まされているような方だと、効果が出るまでに長い期間がかかります。

そのため、「高額な費用がかかっても良いから、なるべく短い期間でジョリジョリ肌から解放されたい…!」という方は、脱毛サロンかクリニックで処理してもらうことをおすすめします。

ケノンで脱毛する際には、根気強く、継続的に脱毛していくことが大切なのです。

ケノンで胸毛を脱毛する際の注意点

ヒゲと同じく、お悩みの男性が多い胸毛。
「男らしくて好き!」という女性もいますが、コンプレックスに感じている方も多い模様。

しかし、ケノンならきちんと効果を実感できます。
これからご紹介する内容に沿って脱毛しましょう!

使用カートリッジは、ラージ or ストロング

カートリッジは、標準のラージでも、照射力の高いストロングでも、どちらでも構いません。
実際に「胸毛脱毛をして効果が出た!」という方は、ラージカートリッジで行っている場合が多いです。

照射レベルは乳輪を除いて高めに設定

胸毛を脱毛するときは、照射レベルを高めの8~10程度に設定しましょう!

もちろん、照射レベルは肌質によって異なるため、一律に「このレベル!」とは言い難いのですが、他の部位と比べて少し高めに設定することがポイントです。

ただし、乳輪まわりは要注意!
痛みが強く、デリケートな部位のため、照射レベルを少し低く設定しましょう!

>>ケノンは胸毛に脱毛効果があるの?使い方やレベルを徹底調査!

ケノンの美顔カートリッジの効果を検証!


ケノンは家庭用脱毛器でありながら、美顔器としても大活躍してくれます!

機器の先端にあるカートリッジを「スキンケアカートリッジ」に付け替えれば、美容皮膚科の「フォトフェイシャル」と同じような美容効果を得られるのです。

フォトフェイシャルとは?

「フォトフェイシャル」と聞いて、あまりピンとこない方もいるかもしれませんね。
こちらは美容皮膚科などで行えるレーザー治療のこと。

IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる光を照射することで、シミやそばかす、ニキビ跡など、様々な肌トラブルを改善へと導きます。

そのため、多くの女性に大人気の施術です。

しかし、美容皮膚科でフォトフェイシャルを行うと、1回あたり1万円弱かかります。
また、定期的に通院する必要があるため、忙しくてなかなか時間が取れない人には、結構な負担になってしまいます。

そこでおすすめなのが、ケノンの美顔モード(スキンケアカートリッジ)です。
フォトフェイシャルと同じく、肌のターンオーバーを促進し、様々なトラブルに働きかけてくれるので、自宅で手軽に美肌を手に入れることができます。

美顔モードってほんとに効果ある?気になる口コミは?

しかし、果たして本当に美顔モード(スキンケアカートリッジ)で効果を実感できるのでしょうか…!?

また効果を感じた人は何回くらい照射したのでしょうか?
口コミをチェックしてみましょう!

■ほうれい線が目立たなくなった!
2~3回照射しただけですが、ほうれい線が目立たなくなったなと感じました。肌の弾力も実感でき、化粧ノリも良くなりました。シミは完全には消えていませんが、以前と比べると薄くなったような気がします。(37歳/主婦)
■ニキビ跡が薄くなった!
ニキビ跡の色素沈着を消したくて、定期的に美容皮膚科に通っていました。効果は実感できたものの、とにかく料金が高くて通い続けるのをやめようかどうしようか悩んでいました。ケノンは脱毛もできてスキンケアもできると聞き、効果については半信半疑で購入したのですが、5回ほど照射を終えて、頬の赤みが少し薄くなったのを実感しています。やはり、美容皮膚科のレーザーのほうが美肌効果は高いですが、お金が前よりかからなくなって、金銭的な負担が減ったので満足しています。コスパで考えると良いです。(26歳/会社員)
■モッチリ肌で毛穴が目立たなくなった!
ケノンのスキンケアモードで照射をし始めて、半年ほど経ちました。思春期を過ぎた頃から、毛穴が開いたみかんのような肌がコンプレックスで、何度も化粧水やクリームを変えていました。現在10回ほど照射し、毛穴の開きが劇的に改善されたというわけではありませんが、前よりも目立たなくなったという印象はあります。1回目に使用した翌日にはいつもより肌がモッチリしていたので、弾力ができて毛穴が目立たなくなったのかなと思います。(31歳/接客)

美顔カートリッジを使用した人からは、数回程度の照射で効果を実感したという声が多くあがっています。

1回照射しただけでも、翌日から肌のハリを実感するなど、早期に違いを感じる人が多い模様。

しかし、使い始めてすぐに、シミやニキビ跡などのトラブルが劇的に改善されたというわけでは無さそうです。
何度も繰り返し使用することで、少しずつ状態が良くなっていくため、長期に渡って続けることが大切ですね。

>>ケノンの美顔器は効果がある?使い方やポイントを徹底解説!

ケノンの効果的な使い方


家庭用脱毛器として大人気のケノンですが、より脱毛効果を高めるために、知っておきたいポイントをご紹介します!

脱毛前の自己処理に注意!

まず押さえておきたいことが、脱毛前の自己処理です!
ケノンで照射する前には、必ずカミソリ、もしくは電気シェーバーで自己処理を行ってください。

普段、毛抜きで処理をしているという方は要注意!

ケノンは皮下の毛根に作用して脱毛する仕組みです。
そのため、毛抜きで毛根から抜き取ってしまうと、脱毛効果が得られません。

またカミソリで処理する場合も以下の点に注意しましょう。

■処理は照射の前日までに行う
■毛の流れに沿って剃る

カミソリで処理すると肌を痛めてしまいます。
そのため、自己処理の直後に照射すると、人によっては炎症を起こしてしまうことがあるのです。

また、ケノンの光が最も効果的に働くのは、毛先が1mmほど残った状態です。

フラッシュ式の脱毛器は、皮膚のメラニン色素(黒い部分)に反応します。
そのため、毛先が見えない状態よりも1mmほど出ている状態の方が、高い脱毛効果を得られます。

「毛の流れに沿って剃る」という注意点も、理由としては同じです。
逆剃りだと肌へのダメージが大きくなるうえ、深剃りで光が反応する部分がなくなってしまうからです。

冷却(クーリング)は絶対に怠らない!

続いて、注意したいことが脱毛前の冷却(クーリング)です!

この過程を省いて照射すると、脱毛効果云々の前に、火傷の原因になってしまうため、充分に注意してください。

なお、ケノンには保冷剤が2個、付属品としてついてきます。

もちろんこちらの付属品を使用してクーリングを行っても構わないのですが、表面積が小さく固いため、冷やしづらいです…。

おすすめは、発熱時に使用する大きな保冷剤。
「冷やし枕」や「アイスノン」と呼ばれているものです。

できれば「冷凍してもやわらかい保冷剤」が望ましいです。

固くなる保冷剤だと、肌に密着する部分が少なくなってしまうため、やわらかい形状を維持できる保冷剤がベスト!

「少し痛いかも」と感じるまでしっかりと冷やすのがコツです。

またクーリングの際には、水滴が肌に付着するため、ふき取るためのタオルも準備しておきましょう。

決して、肌に水滴がついたまま照射しないようにしてくださいね!

適した頻度で照射する

脱毛効果を最大化するために大切なことが、適切な頻度で使用を続けることです。

早く脱毛効果を実感したいからといって、数日に1回のペースで照射しても何の意味もありません。

適切な頻度は「2週間に1度」
毛の生えかわるサイクル(毛周期)に合わせて照射しましょう。

しっかり保湿する

照射後は、ボディクリームなどでしっかりと保湿してください。
脱毛後の肌はとても乾燥しています。
きちんとケアをしないと、埋没毛の原因になることも…。

次回の照射で効果的に脱毛するためにも、肌コンディションはしっかり整えておきましょう!

>>ケノンの効果的な使い方を大公開!コツをマスターして脱毛しよう

脱毛効果は抜群!ケノンで全身ツルスベ肌に…

ケノンは自宅にいながら「理想のツルスベ肌」が手に入る夢のような道具です。
ヒゲや胸毛のような剛毛にも働きかけ、男女問わず「高い脱毛効果を感じられる」と注目されています。

しかし、適切に使用しなければ効果を実感することはできません。

それどころか、肌トラブルや火傷の原因になってしまうこともあります。

脱毛前には必ず注意事項を確認し、自分の肌質や毛質なども見極めながら、最適な方法で使用してくださいね!

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

ケノンで埋没毛を解消・予防できる?ケノンの埋没毛対策を解説!

家庭用脱毛器のケノンは、「埋没毛」にも効果があるといわれています。 埋没毛の原因は、カミソリや毛抜きを使った自己処理。 ポツポツと黒い点になってしまったり、処理をするのが面倒ですよね。 しかし、ケノンを使えば肌にダメージ …

続きを読む

家庭用脱毛器の先駆け商品「イーモリジュ」について、あなたは知ってますか?

参照:イーモリジュ公式サイト 女性であれば、誰しも一度はムダ毛の悩みに直面したことがありますよね? 近年は脱毛サロンも、リーズナブルな料金で施術ができるようになりました。 しかし、「通う手間がかかる」「脱毛完了まで期間が …

続きを読む

男性の尻毛もケノン脱毛でツルツルに?!やり方を徹底解説!

ケノンで「尻毛を脱毛したい!」と考える男性は多いです。 尻毛をクリニックやサロンで脱毛するのは、男性でも「恥ずかしい…」ですよね。 しかし、「ケノンで尻毛をキレイに脱毛できるのか?」気になるところ。 この記事では、男性が …

続きを読む

ケノンはほくろには使えない!? 知っておくべき注意点

女性にとって、ムダ毛のお手入れは欠かせませんよね? 近年は脱毛サロンもリーズナブルで通いやすくなりましたが、自宅で、さらに自分でムダ毛処理をしたいと思う人も多いです。 そこで注目されているのが家庭用脱毛器ですが、特に人気 …

続きを読む

中古ケノンはコスパ最強?!リスク・カートリッジ・買取まで解説

ケノンは高額商品のため、「中古で安く買いたい!」と考える人は多いです。 中古の使用感が気にならないのであれば、新品より格安で手に入る中古のケノンは見逃せないですよね。 しかし、中古品にはリスクがつきもの。 衛生面だけでな …

続きを読む