最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題100円!+人気部位が1箇所50円均一!!

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

中学生の脇毛処理でベストな方法は?ワキ毛で悩む娘へのアドバイス!

中学生に入ると、第二次性徴期が始まって脇毛が生えてくるようになります。
とくに女の子はそんな体の変化に戸惑って、人知れず脇毛に悩んでいるかもしれません。

そんな女の子をもつお母さんも、どんな風に対処したらいいのか考えてしまいますよね。

思春期というデリケートな時期だけに、お母さんがどう対応してあげるかがとても大切になってきます。
大事な娘さんが何も知らずに間違った自己処理を続けてしてしまうと、あとから後悔することになりかねません。

ここでお母さんはどう対応し、中学生の脇毛処理はどうするべきなのか、しっかりと学んでおきましょう。

スポンサーリンク

注意!中学生の脇毛処理で注意すべきポイント

中学生になると、ほとんどの女の子に脇毛が生え始めます。
今までは生えていなかったものなので、本人としては気になってしまうのも当然です。
さらに思春期だけに、なかには体の成長に抵抗を感じる子もいます。

すると見た目だけの問題ではなく、気持ち的に「脇毛をなくしたい!」と考えてしまいがちになるのも納得ですよね。

金銭的理由からこっそり自己処理を開始する

しかし思春期のなかで親への反抗心や独立心が芽生えている子は、母親にも相談しにくいと思っている側面もあります。

自分で何とかしようと考えてしまうと、中学生では金銭的な問題にぶつかってしまうので安易な自己処理に走りがちです。
カミソリ毛抜きなど、家にあるものでムダ毛をなくそうとする中学生がとても多くなります。
カミソリや毛抜きなら処理のやり方も単純で、相談などしなくても一人でできてしまいますからね。

スポンサーリンク

脇毛処理に注意点がいっぱい

ところが何の知識もなく、そういった安易な自己処理をするのはとても危険です。

中学生くらいの年齢の肌は、まだとてもデリケート。
普通の大人の肌よりも、トラブルのリスクがとても高くなっています。

なぜデリケートかというと、大人と違って細胞分裂がとても盛んなので、つねに新しい皮膚が表面にきているからです。
新しい皮膚は繊細でより傷つきやすく、ちょっとした刺激でも肌トラブルが起きやすくなっています。

そんな肌に安易な自己処理をすると、ブツブツの状態になってしまったり、黒ずみになってしまったりと、大人になってからも治らないような肌状態になりかねません。
また、カミソリという刃物を使用する以上、間違って大変なケガを負ってしまう可能性だってあります。

大事なお子さんがのちのち後悔しないように、お母さんが上手にリードしてあげましょう。

子どもが脇毛に悩んでいる!親の対応解説

中学生くらいの女の子は、なかなか脇毛の話なんてできません。
自分自身に脇毛が生えてきたときのことを覚えていますか。
なかなか友達にも母親にも話せなかったと思いませんか。

そうです、思春期という年頃は脇毛を「恥ずかしいもの」と考えてしまいます。
見た目ではなく、脇毛そのものが成長の一端として恥ずかしいのです。

するととても仲がいい母娘でも、相談しにくくなってしまうんです。
決してお母さんが信頼されていないわけではありません。
思春期特有の感情なんです。

では、どんなふうに対応していけばいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

自分の経験談を打ち明ける

脇毛に悩んでいても、母親にも相談できないケースが多くあります。
だからお母さんはまず、子供と話し合える雰囲気作りから始めましょう。

いきなりおもむろに「脇毛について」話し始めるのではなく、子供が抵抗なく話ができるような雰囲気を作ってください。
最近会話が少なくなっていたなら、数日かけてでも子供との会話を日常的なものとしておきましょう。

そして会話がうまくできそうな雰囲気になったら、最初に自分の体験談から話すことが大事。
自分も最初は戸惑った」「処理したくて悩んでいた」など、子供も同調できるようにしてあげてください。
お母さんも同じだったんだ、自分だけじゃないんだと安心することで、子供も母親に相談しやすくなります。

自己処理の危険性を教える

子供と脇毛の話ができるようになったら、最初に自己処理の危険性を教える必要があります。
もしも一人で自己処理をしていたなら、すぐに止めさせなければいけません。

中学生というデリケートな肌に安易な自己処理を続けてしまうと、将来的に肌がどうなってしまうのか。
「水着を着たときに恥ずかしい思いをする」「ファッションを選べなくなる」など、具体的な例をあげるといいでしょう。
脇の下が汚くなったときのイメージをもたせて、自己処理って怖いんだ!としっかり認識させてあげてください。

正しい脇毛処理の知識を伝える

ではどうやって脇毛を処理するべきなのか。
子供に正しい脇毛処理の知識を伝えましょう。

どんな自己処理は危険で、どんな自己処理なら安全なのかを教えてあげます。
お母さんももちろん協力するから、安全な方法できれいに処理しようねと声をかけてあげてください。
お母さんが味方してくれるということで、子供はとても安心できるし、正しい処理方法にスムーズにチャレンジできるようになります。

中学生にオススメの脇毛処理方法

脇毛の処理には、さまざまな方法があります。
その中でどの処理方法が中学生に適しているのか、理由も含めて詳しくみていきましょう。

子供に質問されたとき、詳しく教えておきたいときに役立ててくださいね。

毛抜き・カミソリ

毛抜きやカミソリは、一番手軽な処理方法といえます。

毛抜きやカミソリなら家に置いてある場合が多く、置いてある場所さえわかれば、子供が勝手に持ち出して自己処理に使うこともできます。
そのため、子供が一人で自己処理を始めている場合は、毛抜きかカミソリがほとんどです。

絶対NG!発見したら毛抜きやカミソリによる処理をやめさせよう

手軽である一方、自己処理の中でも、毛抜きやカミソリは絶対にNGの方法です。

毛抜きでムダ毛を抜いていると、肌にボツボツができてしまったり、埋没毛(毛が皮膚の中に埋もれて黒くなる)になる可能性がかなり高くなります。
こういった肌トラブルは改善も難しく、大人になってからもボツボツに悩んでいる人もたくさんいるんです。

カミソリでの処理も、脇の下を黒くする原因になります。
カミソリの肌への刺激はメラニンの生成を過剰にし、黒ずみをつくってしまうからです。
脇の下の黒ずみも、大人になってから悩みの種になってしまいます。

こういった肌トラブルは大人の肌でも起きやすいですが、中学生の肌ともなればもっとリスクが高くなります。
毛抜きやカミソリといった安易な処理は、絶対にしないように促してあげてください。

脱毛クリーム・抑毛ローション

薬剤を使用して肌表面のムダ毛を溶かす脱毛クリーム(除毛クリームとも言います)。
毛のタンパク質を溶かして、毛を取り去る仕組みになっています。

同じく薬剤を使用して、抑毛効果を促す抑毛ローション
商品にもよりますが、毛が生えるスピードを遅らせる天然成分を配合しているものが多いです。
ユーザーによって効果に違いを感じる場合が多いようです。

脱毛クリームはドラッグストアでも手軽に手に入りますが、抑毛ローションはまず店頭では取り扱っていません。
抑毛ローションを入手したい場合は、ネット通販が主流になります。

比較的安心?薬剤による肌トラブルには気を付けよう

どちらも薬剤を使用するので、カミソリや毛抜きのように肌を傷つける心配はありません。
中学生でも比較的安心して使用できる脇毛処理方法です。

しかし毛を溶かすほど強力な薬剤を使用するわけですので、かぶれや赤みといった肌トラブルの可能性もあります。
必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

また、脱毛クリームも抑毛ローションも、それなりにコストがかかります。
親の援助が必要になるので、使用させたいときにはお母さんが用意してあげるといいでしょう。

脱毛ワックス

脱毛ワックスはワックスを肌に塗布し、ペーパーを押さえて一気に剥がす脱毛方法です。

毛根まで引き抜くので、つぎの毛が生えてくるまでのスパンが長いというメリットがあります。
ただしコツが必要で、ハードルの高い脱毛方法です。

痛みが強い!中学生の使用は控えよう

上手に脱毛するのが難しく、お母さんが手伝ってあげる必要もある脱毛ワックス。

それだけではなく、広範囲を一気に毛抜きで引き抜くような脱毛方法ですから、かなりの痛みもともなうので、中学生向きとはいえない脱毛方法です。

さらに毛抜きと同じように、ボツボツ埋没毛といった肌トラブルを起こす可能性もあるので、中学生には選択しないほうがいいといえます。

電気シェーバー

専用の電気シェーバーを使用してのムダ毛処理。

メンテナンスをきちんとしていけば数年単位で使用もできます。
1台入手しておけば、いつでも手軽に使用することができるのもうれしいポイント。

中学生にもオススメ!電気シェーバーで脇毛処理できる

女性向けボディ用シェーバーなら、肌へのダメージを極力減らすように設計されています。
中学生の肌でも安心して使用できる処理方法です。

脱毛クリームや抑毛ローションのように、継続的に購入する必要はありません。
コストパフォーマンスも高い脱毛方法といえますね。

サロン・クリニック

サロンやクリニックで、プロに脱毛してもらえば安心です。

施術を行っていくごとにムダ毛は薄くなっていくので、やがてはムダ毛の処理もいらなくなります。
ムダ毛がなくなれば、もう肌に負担をかける心配もありません。

中学生の脇毛の悩みは脱毛で解決?!

まだピカピカの中学生の肌なら、肌リスクが少ない脱毛方法がおすすめです。
脇毛を脱毛して処理を不要にしてしまえば、きれいな肌のまま大人になることができます。

だたし中学生はまだ発育途上中です。
つまりまだ毛が生えそろっているわけではなく、これから生えてくる毛もあるということ。
一旦脱毛が終了しても、その後に生えてくる毛があればまた脱毛する必要がでてしまいます。

しかし脱毛をしておくのと、していないのでは見た目も大きく違い、思春期の精神的な負担も違ってきます。
その後の脱毛も念頭に入れるという条件付きでいいなら、中学生に一番選択してあげたい脱毛方法です。

中学生に電気シェーバーがオススメな理由

カミソリはムダ毛だけでなく、肌の表層まで削り取ってしまいます。
その点電気シェーバーなら、外刃と内刃という二重構造になっていて、外刃がとらえた毛を内刃がカットする仕組みになっています。
そのためカットされる部分の肌は、直接内刃に触れないようになっているんです。

つまりカミソリのように肌を傷つける心配はありません。
中学生のデリケートな肌にも安心な処置方法です。

電気シェーバーは危険が少ない

電気シェーバーなら、カミソリのように誤って肌を切ってしまう心配もありません。

子供がふと思いついて一人で処理してしまっても、事故が起きることもないので安心です。

電気シェーバーはコスパがいい

継続的に購入が必要な脱毛方法と比べると、コストも安くすませることができます。

電池タイプ 1000円~5000円程度
充電式タイプ 3000円~7000円程度

メーカーによって価格にバラつきがありますが、やはり有名メーカーが安心です。
ほかの脱毛方法と比べればコスパはいいので、ここはケチらずに口コミなどを参考にしながらいいものを買ってあげてください。

使用後は保湿を忘れずにしよう

電気シェーバーは肌ダメージが少ないといっても、やはり中学生のデリケートな肌は多少ダメージを受けています。
肌にシェーバーをあてた後は、必ずその部分に保湿をするように教えてあげてください。

保湿用のローションやクリームを買っておいてあげましょう。

中学生にもオススメな脱毛方法

お母さんも脱毛したいと思っていたなら、母娘で脱毛するのもいいですね!
サロンやクリニックで一人で脱毛となると怖いけど、お母さんと一緒なら子供だって心強いはずです。

ほかにも家庭用脱毛器で一緒に脱毛するという手もあります。
1台あたりの価格は高いけど、2人で使うとなればお得感もたっぷり!

一緒に脱毛することで、母娘のコミュニケーションにもなってくれます。

では、「中学生でも通えるサロンやクリニック」、「おすすめの家庭用脱毛器」をご紹介しましょう。

中学生におすすめのサロンはディオーネ

じつは中学生でも通えるサロンというのは少ないのです。
やはりまだ肌がデリケートだということで、肌トラブルのリスクも高いからです。

そんななか、ディオーネはなんと3歳から脱毛可能
ハイパースキン」という新発想のマシンを使用しているので、どんな肌質にも対応できてしまうからです。
敏感肌でも脱毛できるこのマシンでなら、中学生の肌だって安心して脱毛できてしまいます。

  • ディオーネの対応一覧
脇脱毛の価格 ・6回:15,000円

・12回:14,000円

・追加1回:2,000円

保証 ・6回コース:1年の保証期間あり

・12回コース:3年の保証期間あり

16歳未満(中学生以下) ・毎回同伴が必要(※3歳から可能)
16歳以上(高校生) ・18歳以下…カウンセリング時に親の同伴が必要

・19歳以下…カウンセリング時に親の同意書が必要

同意書の入手先 ・各店舗

ディオーネのマシンは、痛みがないことでも有名です。
痛みに弱い子供でも、怖がらずに通えるのもうれしいポイントですね。

>>ディオーネ公式サイト

中学生も通えるクリニックは湘南美容外科


中学生でも脱毛可能なクリニックとなると、サロンよりももっと数が少なくなります。
それでも施術可能としてくれているのは、湘南美容外科

医療機関なので医師に相談しながら脱毛を進めていけるし、万が一の肌トラブルにもしっかりと対応してもらえます。
しかも湘南美容外科では、クリニックとしては破格で脇毛を脱毛できてしまいます!

  • 湘南美容外科の対応一覧
脇脱毛の価格 ・5回:1,000円

・無制限:3,300円

※新規開院記念価格キャンペーン中なので安い!

保証 ・安心返金制度

※解約手数料なしで残りの回数分を返金してもらえます。

16歳未満(中学生以下) ・来院当日の親の同伴が必要

・同意書+親権者と本人の顔写真付き身分証を持参

※利用は可能だけど、16歳以上からをすすめています。

16歳以上(高校生) ・来院当日の親の同伴が必要

・同意書+親権者と本人の顔写真付き身分証を持参

同意書の入手先 ・各クリニックかダウンロードも可能

>>湘南美容外科公式サイト
クリニックでのレーザー脱毛は、サロンでの光脱毛よりも効果が高く、しっかりと脱毛することができます(永久脱毛になります)。
その反面、施術時の痛みも強いので子供が怖がってしまうというリスクがあります。
サロンよりも施術回数は少なくて済むので(通常で5、6回程度)、なんとか通えるならクリニックのほうが確実にムダ毛処理ができます。

  • サロンとクリニックの脱毛回数の目安
サロン 12回~16回
クリニック 5回~6回

回数が少ないほうが、同伴するお母さんの負担も少なくなります。

家庭用脱毛器ならケノンがオススメ!

参考URL:Amazon
家庭用脱毛器ならサロンやクリニックに通う必要もなく、おうちで楽々脱毛できてしまいます。
でも、「家庭用脱毛器で効果はあるの?」と思ってしまいますよね。
しかし最強の家庭用脱毛器といわれている、ケノンなら安心です!

サロンとほとんど変わらない出力で、サロンなみの脱毛効果だと発売以来の大ヒット!
カートリッジ一つで、最大2万発も照射が可能なのでコスパも最強。
最初についてくるカートリッジだけでも、母娘2人ならほとんど脱毛可能です。

  • ケノン情報詳細
本体価格 98,000円⇒69,900円
基本セット 本体(ピンクorホワイトorゴールドorブラック)

ラージカートリッジ

電源ケーブル

取扱説明書(保証書付き)

ケース

現在のおまけ エクストララージカートリッジ

(レビューを書いて)ストロングカートリッジ

※おまけの内容は2週間程度で随時変わります。

もしもカートリッジが足りなくなっても、1つ10,000円以下で追加購入できるから安心です。

エクストララージカートリッジ×1 9,800円
エクストララージカートリッジ×2 18,000円
エクストララージカートリッジ×3 24,000円
ラージカートリッジ×1 7,700円
ラージカートリッジ×2 15,300円
ラージカートリッジ×3 23,300円

※カートリッジは1度に3個までしか購入できません。

ケノンは人気の脱毛器なので、ヤフオクなどでも新品や中古品が販売されています。
しかしケノンでは、購入履歴のある人だけが追加のカートリッジを購入できるシステムになっています。
つまりヤフオクなどでケノンを入手した場合、追加でカートリッジを購入できないので注意が必要です。

ケノンは公式サイト以外に、楽天yahooショッピングAmazonに出店しています。
この4つのいずれかで購入すれば、購入履歴が残ることになります。

母娘で脇毛処理を考えよう


一昔前の自分たちの思春期時代に比べたら、脱毛方法の選択肢がとても増えています
サロンやクリニックでの脱毛も、かなり身近になってきました。

思春期時代の脱毛に失敗して、脇の下がコンプレックスになっているお母さん。
子供に同じような失敗はして欲しくありませんよね。

せっかく脱毛の選択肢が広くなっている今、母娘で脱毛を考えて、未来の娘さんの肌を守ってあげてくださいね。

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

スポンサーリンク

関連記事

親子で読みたい中学生の脱毛事情!サロンでの脱毛も一般的かも?

中学生でも悩みのタネになってしまうムダ毛。 ムダ毛があったり、毛が濃かったりするだけでも同級生からからかわれることが、いじめの原因になってしまうこともあるそうです。 そのため、近年では中学生の頃から脱毛を行っている女性が …

続きを読む

早く始めれば後悔しない!脱毛は学生のうちが絶対お得

女性なら遅かれ早かれ、誰でもムダ毛に悩まされるものです。 とくに成長期の中学生から高校生のころには、生え始めたムダ毛にコンプレックスを持つ人も少なくないはずです。 学生の皆さん、脱毛を始めるなら今ですよ! なぜなら学生の …

続きを読む

子供でも脱毛して大丈夫?子供の脱毛が当たり前の時代に!

「脱毛は大人になってからするもの」という考えが根付いていたムダ毛処理。 ママ世代では、子供の頃にムダ毛が気になりつつも我慢してきた方が多いと思います。 学生時代は自己処理をし、大人になってからサロンに行った方がほとんどで …

続きを読む

高校生でも脱毛したい!おすすめの脱毛サロンを徹底比較!

「夏服になるとワキの毛がチクチクになっていないか…」 「スカートで生足も見えるし…」 「何度自己処理してもすぐに生えてくる…」 そんな学生時代のムダ毛の悩みはつきませんよね? ムダ毛処理というと、カミソリや毛抜きで自己処 …

続きを読む