ぶつぶつの原因は脱毛?ぶつぶつ肌の原因と改善方法を解説!

ムダ毛を脱毛したあとに、「肌がぶつぶつになった!」という経験はないでしょうか。
せっかくムダ毛がなくなったのに、肌がブツブツしているとお世辞にもキレイな肌とは言えないですよね。
そこで、脱毛後や自己処理後に起こる肌のぶつぶつについて、原因対策を徹底解説します!
また、すでにあるブツブツ肌についても改善方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛後にブツブツができるのはなぜ?対策はある?

脱毛後に見られるぶつぶつは、脱毛が原因の炎症である事が多いです。
さらに、脱毛前からのぶつぶつは、ニキビ病気といった場合も。

さらに、光脱毛やレーザー脱毛後にぶつぶつができることがあります。
こちらでは、「脱毛後にぶつぶつができる原因と対処法」をご紹介します。

「光脱毛」後のぶつぶつの原因

脱毛後は肌が敏感で傷つきやすく、「ぶつぶつ」ができやすい状態。
なぜ脱毛後にぶつぶつができやすいのか?」、その原因と対処法を詳しくみていきましょう。

赤いぶつぶつ

通常、光脱毛やレーザー脱毛の後、赤いぶつぶつができるのは、照射レベルや雑菌と関係があります。
脱毛器で照射するときにレベルや出力を上げすぎると毛根周りが火傷する可能性があるからです。

照射するのは「毛根を焼く」のが目的ですが、その力が強すぎたのです。
そして、照射による火傷が治りかけたとき、赤いぶつぶつになるという事です。

通常のやけどと同じで、適切に処置をして数日間は様子を見ましょう。
また、ぶつぶつがかゆい場合はじんましんの場合もあります。
じんましんは、脱毛直後からかゆみがあるのが特徴です。
もしやけどなら、直後には赤いぶつぶつは出ないで数時間以上経ってからぶつぶつになりヒリヒリしてくるのが特徴です。

  • 赤いブツブツの原因
    火傷が原因 照射後、数時間経ってから、ぶつぶつになりヒリヒリとする
    じんましんが原因 脱毛直後からかゆみがある

黒いぶつぶつ

脱毛が終わった毛穴から抜け切れずに残った毛、それが先端がチリヂリになって毛穴に残っている場合「剃り残し」や「埋もれ毛」として「黒いぶつぶつ・プツプツ」に見えます。
これは毛が抜けかかっているため、放っておいても毛周期の2週間以内に自然に抜け落ちますので、大丈夫です。
また、埋もれ毛の「黒いぶつぶつ」は足やワキなどにできやすいといわれます。
足やワキは毛が濃いうえに、目立つところですよね。
しかし、この埋もれ毛も放っておいて問題ありません。

「医療レーザー脱毛」後のぶつぶつの原因

医療レーザーは効果が早く、刺激も強いといわれます。
そのため、肌によってはぶつぶつが出てしまうこともあります。

赤いぶつぶつ

クリニックで脱毛するときに使われるレーザー脱毛で毛根をやっつけたときに毛穴に雑菌が入ってできるのが赤いぶつぶつで、ひとつの炎症です。
このぶつぶつは、2、3日ほどで自然に消えます。

また、レーザー脱毛後1週間しても消えない赤いぶつぶつの原因は毛嚢炎の可能性があります。
毛嚢炎とは、毛穴に雑菌が入ったことが原因のひどい炎症で、赤いぶつぶつのままの場合もあれば、悪化して膿みになることも。

赤いぶつぶつが出る、出ないは人それぞれ、個人差もありますが、光脱毛よりも強いタイプの脱毛方法になりますので、繊細な毛穴に負担をかけているという事には変わりありません。
また、永久脱毛の場合、さらにダメージや負担が大きいといわれます。

黒いぶつぶつ

脱毛しきれず残った毛が毛穴に残っている場合の「縮れ毛」や「埋もれ毛」は「黒いぶつぶつ・プツプツ」に見えます。
これはほどなく抜けるため、放っておいて大丈夫です。
遅くてもその後2週間の「毛周期」の間に自然に抜け落ちます。

また、このような「黒いぶつぶつ」は足やワキなどにできやすくなっています。
この埋もれ毛もカミソリなどでこすったりせず、自然に取れるまで放っておくのがおすすめです。
無理に取ろうとして肌が傷つくとかえって黒ずんだりすることにもなりかねず、意味がありません。

脱毛前後の「赤・黒のぶつぶつ」を改善する方法


それでは次に、ぶつぶつを改善する方法を解説します。

自宅でのセルフケアについて

尿素入りのクリームで保湿を毎日行ったり雑菌の繁殖を避けること以外でも、ぶつぶつに負担がかからない生活をすることが大切といわれています。

ムダ毛や産毛の処理は後のアフターケアを怠らないのが大切

処理後の肌は刺激を浴びて敏感になったり乾燥しています。
そのまま放っておくと、肌トラブルの原因に。
除毛や脱毛の後には必ず保湿を心がけたいものです。
また、処理にかかわらず、普段から保湿を欠かさないことで、処理のときの肌もより乾燥が防げます。

専用の美白クリームで黒いぶつぶつが消える

Vゾーンなど黒いぶつぶつになりやすい部位に塗って黒ずみを抑える専用のクリームがあります。
クリームに保湿作用もあり、炎症を起こしかけた肌もきれいにできます。
肌が潤って、トラブルや乾燥に対処しようと大量に放出されるメラニンを抑え、黒ずみや黒いぶつぶつになるのを防ぐ効果があります。

「家庭用脱毛器」もおすすめ!

カミソリや毛抜きがダメならどうすればよいのでしょう。
おすすめは、ケノンなど家庭用脱毛器による脱毛です。
また、電気シェーバーでカットや除毛をするのもおすすめです。
カミソリや毛抜きと違って、肌に触れずに毛だけを処理できるのでおすすめです。

自己処理が原因でできるぶつぶつ

カミソリによるムダ毛処理は、手軽で素早くムダ毛処理ができるので、一番簡単な方法として挑戦したことがある人も多いと思います。

しかし、カミソリは肌の一部で肌に密着している角質をはがす・削るといった行為になるため、肌トラブルが新たに起きてしまったり、元々あるぶつぶつや乾燥などの肌トラブルが余計にひどくなるという事がいわれています。

角質が角栓として毛穴に詰まったところを、カミソリや締め付けた下着などで摩擦・刺激して乾燥を招き、乾燥した肌は黒ずんだり肌荒れやぶつぶつ、黒ずみや赤みといった肌トラブルを起こします。

カミソリはお肌の敵!ぶつぶつの原因は2種類ある

いずれにせよ、こうしてカミソリを使用することで、角質まで剃り落とすので、肌への刺激となります。

そして、肌の乾燥を引き起こし、黒っぽくなったり、赤いかゆみを伴うぶつぶつが生じます。

「黒いぶつぶつ」の原因

黒いぶつぶつ・ぷつぷつができる原因は、メラニンが乾燥と戦い、角質がはがされるためです。
思い出してみてください。
カミソリで処理した後の刃に、ムダ毛とは別の白っぽいものがくっついていませんか?
それが角質・角栓です。
毛だけを剃っているのではなく、カミソリは間違いなく肌を削り、傷つけてしまっています。

「赤いぶつぶつ」の原因

人によっては剃り残しを防ぎ、再処理の手間を省こうとして何度もぞりぞりとカミソリを肌に押し付けるようにして毛剃りをする人も。
そして、皮膚が薄くなり赤いぶつぶつもできてしまうのです。

毛抜きでぶつぶつができることもある

毛抜きによる処理もぶつぶつの原因です。
毛抜き行為によって、毛根に生えている毛を無理やり引っ張るため肌への負担や刺激になり、ぶつぶつなどの症状が起こります。
また、ワックス脱毛テープ脱毛という方法もありますが、はがすときにはやはり角質がはがれて肌に負担がかかります。

自己処理後の「赤・黒のぶつぶつ」を改善する方法

処理の2、3日前に角質ケアするのがおすすめです。
肌にやさしい成分が入ったゴマージュやピーリング剤で角質やざらつきをとれるので、ムダ毛の処理の時にはがしたり削ったり、また引っ張ったりせずに肌への負担が少なくて済みます。

ケアなので、角栓を取ろうとしてごしごし強くこするのではなく、たっぷりふわふわの泡で優しくマッサージするようにしましょう。
洗浄剤自体も、肌に負担がかかりにくいものがおすすめです。
そして、処理後の仕上がった肌もなめらかになります。

生理前、生理中のムダ毛処理は控える

生理の期間は肌が一番敏感になる時期といわれます。
生理期間中にムダ毛を処理すると肌トラブルが起きやすくなります。
この肌の敏感な時期は処理を避けた方が無難です。

ムダ毛処理は関係ない?元々あるぶつぶつの原因と対処法

あせも」や「アトピー」など、元々ある皮膚疾患やぶつぶつは、皮膚科で薬を処方してもらう必要がありますが、薬だけに頼らずに自分でできる事もあります。

ムダ毛処理は関係ない?元々あるぶつぶつ例

よく見られるぶつぶつをご紹介します。

光線過敏症

アトピー性皮膚炎もともとアトピーの人は、紫外線でぶつぶつや湿疹が発生することがあります。

光線過敏症

皮膚が日光で刺激され、赤いぶつぶつやかゆみなどの症状が起こる皮膚病です。
日光が原因ではなく、薬物が原因であることも。
症状が現れる前に何かの塗り薬を塗ったり飲み薬を飲んだりした場合、可能性としては当てはまります。

あせも

を多くかいた後に出る小さな赤い発疹で、かゆみをともないます。

マラセチア毛包炎

ぶつぶつに赤い光沢があるといわれます。
軽いかゆみがあり、見た目がニキビに似ているのが特徴です。
症状が重くなると白く膿んでくるのもニキビと同じです。

これは、カビが原因です。
常在菌「マラセチア」は湿気や皮脂を好み、夏に症状を訴える人が多くなります。

【部位別】ターンオーバーが原因のぶつぶつ改善法

代謝やターンオーバーの不良で、角質が蓄積してぶつぶつや肌トラブルになることもあります。
ぶつぶつができやすいのは二の腕ですが、改善方法をご紹介します。

二の腕

二の腕のぶつぶつの場合、治療する塗り薬は市販されています。
ぶつぶつの部位によりますが二の腕は皮膚が薄いので薬は低刺激のものがおすすめです。

塗り薬の成分としては、古い角質を柔らかくする効果がある「尿素」が配合されているものが多いようです。
また、グリチルリチン酸モノアンモニウムが配合されています。
こちらはぶつぶつが赤く炎症になっている状態や赤み、炎症を抑える効果があるといわれます。
その他、血行よくし、肌の代謝を促進するトコフェロール酢酸エステルも配合されています。(※1)

ただ、注意点として、尿素が配合されているものがおすすめではありますが、配分が多すぎるものは要注意です。
なぜなら、二の腕の肌は薄いので、薬で刺激して逆効果になる場合もあるんです。
そこに注意して、尿素配合が適度な割合のものにしましょう。
配合率が低いものなら、年齢の低い1歳児にも使用できるほど優れた薬です。

足にできた黒いぶつぶつの多くが、間違ったケアが原因です。
また、しっかりケアをしているという人も、実は間違っていることも多いといわれます。
そして、間違った方法とは、自己処理をする事、改善方法は、ずばり、自己処理をやめる事なんです。

正しくない方法で自己処理をして炎症を起こしてしまった肌や埋もれ毛を自分で出そうとする行為によって毛穴のつまりが余計に悪化してしまします。

ぜひ、家庭用脱毛器などで正しく行ってください。

角質除去により改善する方法

余分な角質は、脱毛やムダ毛処理の邪魔になり肌を傷つける原因になります。
おすすめの除去法をご紹介します。

トレチノイン療法

トレチノインにはピーリング効果があります。
これを肌に塗布して角質を取り除きます。

ケミカルピーリング

ピーリング剤に含まれているグリコール酸やサリチル酸などのフルーツ酸をが皮膚のターンオーバーを促します
肌の古い角質を除去するための治療で、サロンなどに何度か通う必要があるものの、その他の処方された塗り薬よりも、治療効果が高いといわれています。

脱毛と同時に治療

サロンで行われる光脱毛には、美顔効果としてくすみを改善したり毛穴を引き締める効果もあるといわれます。
毛穴に詰まっている古い角質をきれいに落としてから光脱毛をすれば、ぶつぶつが消え肌がつるつるなめらかになる効果が期待できます。
期間は2年ほどかかるといわれますが、サロンのプロの手で理想の肌になることも可能です。
通うのは大変なのでもっと短期間でムダ毛を手軽に脱毛したい人にはクリニックでのレーザー医療脱毛がおすすめです。
ただし注意点として、エステサロンや脱毛サロンではぶつぶつが消えません。
医療脱毛でしか、脱毛と同時にぶつぶつや毛孔性苔癬の治療できないという特徴があります。

レーザーとピーリングの併用

レーザーとピーリングの併用で治療する方法もあります。
より効果的に治療できるかもしれません。
クリニックで相談するのがおすすめです。

ぶつぶつ改善に大切なのは肌に負担をかけないこと!

ぶつぶつの原因は様々でしたが、ケアの方法は自宅でできる事もあり、基本的には、肌に負担がかからないように生活するという事が大切です。
また、科学的な治療方法で、ぶつぶつを治すためのさまざまな方法がありますので、自己判断で終わらせず、皮膚科を受診してみてくださいね。

(※1)…スキンケア大学:参考URL

最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン
初月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題+選べる全身脱毛1回】
詳細はコチラ
12か月無料で全身脱毛
詳細はコチラ
→全サロンのキャンペーンを確認!

脱毛するなら「10月がおトク」な理由とは?激安で“脱毛完了”する(秘)裏技…

脱毛は「秋から冬」に行うのが一番お得だって知ってましたか?今回は、「いま、脱毛するのが一番オトクな理由」について紹介します。

【話題沸騰中】洗うだけで脱毛できる!?SNSで話題の脱毛石鹸ランキング!

「脱毛石鹸ってどんな効果があるの?」 「どの脱毛石鹸を選べば良いか分からない…」 この記事では話題沸騰中の『脱毛石鹸』の効果を徹底調査し、ランキング形式でまとめました!

脱毛サロン選びで失敗しないために!部位ごとのキャンペーンを確認!

脱毛サロン選びで失敗しないために、部位ごとのキャンペーンを紹介します!

関連記事

【Oライン脱毛まとめ】恥ずかしいの?痛みや回数まで解説

Oラインは、ふだん自分でムダ毛を意識する機会が少ない部分ですが、じつはしっかりと生えています。 お尻まわりは自己処理が難しく危険なため、キレイに仕上げるには脱毛がオススメです。 見た目的な問題に限らず、不衛生になりやすい …

続きを読む

Iライン脱毛は濡れる?恥ずかしい?痛みや範囲など徹底解説

Iラインのムダ毛処理を後回しにしていませんか? 普段は気にならないIラインですが、いざというときに彼氏からは丸見えの部分です。 Iラインの自己処理は難しく黒ずみを悪化させてしまうため、脱毛がオススメです。 とはいえ、Iラ …

続きを読む

Vライン脱毛の疑問解消!形・痛み・回数・自己処理など解説

Vライン脱毛は、恥ずかしさや痛みなど、不安が多い部分です。 また、Vラインはひとから見えない部分のため、 「どんな形にすればよいの?」 「どこまで処理したほうがいいの?」 と悩みやすい場所です。 そこで今回は、Vラインの …

続きを読む

光脱毛の種類は?サロンで脱毛を考える時に知りたいポイント

フラッシュ脱毛にはいろいろな種類があります。 フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれるものは主にエステサロンや脱毛専門のサロンで使わる脱毛方法です。 長い歴史を持っているものもありますが、中にはまだ使い始まったばかりのものもあり …

続きを読む

妊娠中の脱毛がNGの理由を調査!胎児への影響・リスクは?

サロンやクリニックでの脱毛はムダ毛の自己処理を軽減できて、とても便利です。 しかし、1年~3年程度かけて脱毛する人もいるくらい、時間もかかります。 そのため、女性の中には「もしその間に妊娠してしまったら・・・」という悩み …

続きを読む