最新】脱毛サロン人気ランキング

サロン キャンペーン

全身脱毛サロンで最安&広範囲の脱毛
全身脱毛が初月0円

>>詳細はコチラ


少部位脱毛ならミュゼ!キャンペーンも通常料金も格安♪
ワキV通い放題+人気箇所200円

>>詳細はコチラ


3歳からOK!敏感肌でも脱毛可能!360度可能な顔脱毛が売り♪
顔脱毛1回体験3,240円

>>詳細はコチラ

>>どうしてこのランキング?気になる方はサロンランキングへ

ケノンはほくろには使えない!? 知っておくべき注意点


女性にとって、ムダ毛のお手入れは欠かせませんよね?

近年は脱毛サロンもリーズナブルで通いやすくなりましたが、自宅で、さらに自分でムダ毛処理をしたいと思う人も多いです。
そこで注目されているのが家庭用脱毛器ですが、特に人気があるのが「ケノン」です。

ケノンは家電量販店などでは販売していないにも関わらず、家庭用脱毛器としては、ダントツ一位の販売実績があります。
手軽さだけでなく、脱毛の効果でも高い評価があるのがケノンですが、いざケノンを使用する際に気になることが…
それは、「ケノンはほくろに使用できるのか?」ということです。

誰でも体のどこかに、ほくろの一つや二つはあるものです。
「自分は人よりほくろが多いけれど、ケノンは使えるの?」」「ほくろにケノンを使用したらダメって本当?」など、誰もが気になることを、ここではご紹介します。
ケノン使用前の人も、すでに使用している人も、役に立つ情報があるはずですよ。

ほくろとケノンの関係


ケノンを使用するうえで、ほくろは避けて通ることができない存在です。
ここではケノンの特徴を紹介しつつ、ほくろのある部分にもケノンを使用することができるのか、使用するとどうなるのか、などを見てみましょう。

ほくろがあってもケノンは使用できる?

基本的に、ケノンはほくろに使用できません。
ケノンがほくろの部分に過剰反応して、大変なことになります。
その理由は、以下にご説明します。

ケノンで脱毛ができる仕組みと、ほくろに過剰反応する理由

そもそも、なぜケノンは脱毛効果があるのか、その仕組みを簡単にご説明します。
ケノンは光脱毛という脱毛方法で、カートリッジから特殊な光が出力されるのが特徴です。
その光は黒い部分(メラニン)に反応して、毛根にダメージを与えます。

それを何度も繰り返すことで、毛の再生が抑えられ、脱毛することができるのです。
つまり、「毛に反応する」というよりは、「黒い部分や黒い色素に反応する」ということです。

ほくろも黒い部分に変わりないので、もちろんケノンが反応します。
さらに、ほくろはメラニンの塊なので、直接ほくろに照射することで過剰に反応してしまうのです。

そのため、ほくろにケノンは使用できません。

ケノンの脱毛効果についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をチェック!

ほくろの部分にケノンを使用すると一体どうなる?

直接ほくろにケノンを照射すると、以下のような症状が出る可能性があります。
・肌荒れ
・やけど
・シミや跡に残る

ケノンの出力レベルにもよりますが、たかがほくろ、と侮れません。
人によっては、2週間以上もやけどで赤く腫れていた、という報告もあります。

ケノンを使って火傷するのが心配な方は以下の記事も参考にしてください。

薄いほくろなら使用可能?

ほくろというのは、一つ一つ大きさや色の濃さが違います。
「薄いほくろや、茶色のほくろなら、ケノンも使用できるのでは?」と思っているあなた!
確かにケノンは黒い部分に反応するので、色が薄い部分には反応も弱いです。

とはいえ、ほくろはメラニンが表面化している部分なので、決しておすすめはできません。
「どうしてもやりたい!」というのであれば、照射レベルを1から始めて、様子を見るのもアリです。

実際にほくろの部分にケノンを使用した人の口コミ

実際にほくろの部分にケノンを使用した人の口コミをご紹介します。
良い口コミ、悪い口コミの両方があるので、参考にしてみて下さい。

【良い口コミ】
・ほくろが以前よりも薄くなった
・ケノンを直接ほくろに照射しても、痛みなど特になかった

【悪い口コミ】
・ほくろのある部分に今まで3回使用したが、何となくほくろが黒くなってきた
・ほくろが焦げた
・ほくろの部分に直接照射して、赤くなった

上記の口コミは、あくまでも個人の意見です。
感じ方は人によって異なるので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

美顔器としてのケノンは、ほくろにも使用できるのか?

ケノンが大人気なのは、カートリッジを変えることで美顔器にもなるからです。
美顔器としてのケノンは、シミやそばかすをはじめ、ニキビ跡やほうれい線にも効果があります。
美顔器としても優秀なケノンですが、ここでもやはり気になるのはほくろの存在です。

「美顔モードの時にも、ほくろの部分は使用できないの?」と気になる人も多いでしょう。
残念ながらその答えは、「使用不可」です。

脱毛器としてのケノンは、黒い部分に反応することで脱毛の効果があります。
一方、美顔器としてのケノンは、<美顔用の波長>という違いはあれど、光を照射することには変わりありません。
特殊な光は黒い部分に反応するので、ほくろには使用できないのです。
使用する際は、ほくろを避けて使いましょう。

ケノンを使用すると、ほくろが増えるのは本当?


ケノンの口コミ情報を見ていると、「ケノンを使用してほくろが増えた」という意見がチラホラあります。
「ケノンで脱毛したいけれど、ほくろが増えるのは困る」と不安に思っている人もいますよね?
ケノンの使用と、ほくろの増加の関係について見てみましょう。

ケノンの特徴と、ほくろが増える原因について

「ケノンを使用することでほくろが増えるのか?」というと、実際はその可能性はきわめて低いです。

ケノンは光脱毛なので、脱毛しながら逆にシミを薄くする効果が期待できます。
ケノンで使用しているIPLという脱毛方法は、本来はシミの治療に使用される光の種類です。
そのため、カートリッジを美顔モードにすると、光エステの効果もあるのです。

「ほくろが増えた」という人には、他にも原因があると考えられます。
例えば以下のようなことも、ほくろができる原因になります。

  • 紫外線による、お肌へのストレスや刺激
  • ホルモンバランスの変化
  • 加齢による自然な現象

今のところ、ケノンを使用することでほくろが増えると、はっきり証明されたわけではありません。
神経質になって心配する必要はなさそうです。

ほくろから生えている毛の処理方法は?

ほくろからムダ毛が生えていること、ありますよね?
特に大きくて色が濃いほくろからは、太くて濃い毛が生えてくる傾向があります。

ケノンで直接ほくろの部分を脱毛できないなら、ほくろから生えてくる毛はどのように処理すべきでしょうか?
方法としては、(1)カミソリで剃る(2)毛抜きで抜くのどちらかになります。

「せっかくケノンで脱毛するのだから、ほくろのムダ毛も一緒に処理したい」と思う気持ちも分かりますが、そこは我慢です。
ほくろが焦げたり、皮膚トラブルを起こすよりは、面倒でもほくろの部分だけムダ毛処理をする方がいいですよ。

ほくろのある部分でもケノンを使用するためには


ほくろがあっても、ケノンを使用したいという人は多いはずです。
そこで、ほくろがあってもケノンを使用するためのアイテムや、注意事項をまとめてみました。

ほくろを保護するためのおすすめアイテム4選

ほくろのある部分でも、ほくろを保護することでケノンを使用することができます。
つまり、ほくろの部分を隠してしまうのです。
ほくろを保護するアイテムとして、以下の4つのアイテムがあります。

 

メリット デメリット
医療用テープや絆創膏 ・肌の弱い人でも安心して使用できる ・ほくろのサイズに合わせて、自分でカットする手間がかかる
文具用シール ・100円ショップでも購入できる

・1袋に大量に入っているのでコスパがいい

・粘着力が弱いので、はがれやすい

・黒い色のシールは逆効果になるので、使用する色選びが重要

修正液 ・きちんと塗れば、確実にほくろを保護できる

・白色での保護がおすすめなので安心

・使用後に落とすのが大変
コンシーラー ・手持ちのアイテムを使用すれば、購入する手間も費用も省ける ・化粧品なので、落とすためにクレンジングが必要

・高いので、保護用としてはもったいない

各アイテムに、メリットとデメリットがあります。
面倒に感じるかもしれませんが、上記のようなアイテムを使用することで、ほくろの上からでもケノンを使用することができます。

ほくろのある部分にケノンを使用する際の照射レベルは?

ほくろを保護した上でケノンを使用する際ですが、注意すべきはケノンの照射レベルです。
おすすめは、照射レベルを「低」→「高」に徐々に上げることです。

特に最初はレベルを安全な「1」から使用することをおすすめします。

なぜなら、万が一ほくろを保護しきれていない場合、ケノンからの光がほくろに届いてやけどする可能性があります。
そのため、照射レベルを「低」から始め、少しでも痛みや違和感があれば使用を中止することをおすすめします。

きちんとほくろを保護していれば、保護アイテムの上からケノンを使用しても、痛みはほとんどありませんよ。

保冷材は必須アイテム

脱毛サロンでも、施術前後に脱毛箇所を冷やすことは常識です。
脱毛器によって一瞬ですが肌に高熱を当てるため、やけどを防ぐためのケアとして行っています。

家庭用脱毛器は手軽に使用できるというメリットがありますが、慣れてくると保冷剤の使用を面倒に思う人もいます。
そして、ケノンの使用に慣れた人ほど、保冷材の使用を怠っているケースが多いです。

しかし、ケノンの脱毛効果はプロも認めるほどです。
肌を守るためにも、保冷材は欠かすことができません。

ケノンでほくろのある部分を使用する時は、必ず使用前後に保冷剤を当てましょう。
そうすることで、ほくろをやけどから守ることにもつながります。

ケノンを安全に使用するためには、ほくろの保護が必須

いかがでしたか?
ケノンの特徴を踏まえて、ケノンとほくろの関係を見てきました。

色々な口コミがありますが、ケノンを直接ほくろに使用しない方が安全です。
ほくろの部分もケノンを使用したいのならば、ほくろの保護は欠かせません。
ケノン本体についている説明書にも、「ほくろには使用しないように」という内容が記載されています。

とはいえ、ケノンの口コミの中には、「実際にほくろに使用しても問題なかった」という人もいます。
ここで言えるのは、ほくろへのケノンの使用は、「自己責任ならできるけれど、基本はNG」ということです。

つまり、ほくろのある部分に直接ケノンを使用して、何かしらのトラブルがあったとしても、全て自己責任になってしまいます。
もしかしたら、ほくろの部分が消えない傷跡になる可能性もあるのです。

その点をよく認識し、リスクを考えた上で、ケノンを使用することをおすすめします。

ケノンの公式サイト

ユーザー満足度額!
脱毛サロン人気ランキング

今売れてる脱毛器『ケノン』のベストな購入方法とは?

自宅で処理する人に大人気のケノン!お得に購入する方法を教えます!

安くお得に脱毛するために!部位ごとサロン別のキャンペーンを確認!

ミュゼ、キレイモどこが一番お得?部位ごとサロン別のキャンペーンを紹介します!

関連記事

ケノンで埋没毛を解消・予防できる?ケノンの埋没毛対策を解説!

家庭用脱毛器のケノンは、「埋没毛」にも効果があるといわれています。 埋没毛の原因は、カミソリや毛抜きを使った自己処理。 ポツポツと黒い点になってしまったり、処理をするのが面倒ですよね。 しかし、ケノンを使えば肌にダメージ …

続きを読む

家庭用脱毛器の先駆け商品「イーモリジュ」について、あなたは知ってますか?

参照:イーモリジュ公式サイト 女性であれば、誰しも一度はムダ毛の悩みに直面したことがありますよね? 近年は脱毛サロンも、リーズナブルな料金で施術ができるようになりました。 しかし、「通う手間がかかる」「脱毛完了まで期間が …

続きを読む

男性の尻毛もケノン脱毛でツルツルに?!やり方を徹底解説!

ケノンで「尻毛を脱毛したい!」と考える男性は多いです。 尻毛をクリニックやサロンで脱毛するのは、男性でも「恥ずかしい…」ですよね。 しかし、「ケノンで尻毛をキレイに脱毛できるのか?」気になるところ。 この記事では、男性が …

続きを読む

中古ケノンはコスパ最強?!リスク・カートリッジ・買取まで解説

ケノンは高額商品のため、「中古で安く買いたい!」と考える人は多いです。 中古の使用感が気にならないのであれば、新品より格安で手に入る中古のケノンは見逃せないですよね。 しかし、中古品にはリスクがつきもの。 衛生面だけでな …

続きを読む

ケノン購入はAmazonが安心・簡単?!サイト比較まで調査!

ケノンを購入できる通販サイトとしてAmazonがあります。 「さあ、ケノンを購入しよう」という段階になったとき、「あれ?どこで購入できるの?」と疑問に思ったあなた! じつは、ケノンの購入先は、ごく限られており、多くありま …

続きを読む