捨てないで!お米のとぎ汁でキレイになる裏技4選!

  • 作成日:2015年11月20日
  • 1,888 views

20151120rice
ご飯を炊けばもれなくついてくるお米のとぎ汁。
その使い道といったら掃除や洗い物に使う程度で多くの方は捨ててしまっているのではないでしょうか。

このお米のとぎ汁にはじつは美肌効果のある成分がたっぷり入っているのです。
天然の美容液ともいえるお米のとぎ汁。

これを利用しないなんてもったいない!そんなお米のとぎ汁を使った美容法をご紹介します。

スポンサーリンク

とぎ汁の美容効果

お米のとぎ汁には美肌効果で知られる「米ぬか」とほぼ同じ成分が含まれています。

ビタミンE やビタミンC、ビタミンB1、ミネラル、セラミドといった美肌に必須な成分が豊富なのです。

とぎ汁を使った洗顔

お米のとぎ汁はそのままでは濃く刺激が強いため、1.5倍から2倍のぬるま湯で薄めて使用します。
この薄めたとぎ汁で軽くパシャパシャとパッティングするようにお肌をすすぎます。
普段のクレンジングや洗顔の後に行うのがおすすめです。

お米のとぎ汁にはお肌のターンオーバーを促進する効果があるため、続けているとクスミがとれて明るい肌になっていくのが実感できます。

手作り化粧水の材料に

また米のとぎ汁を使って手作り化粧水を作ることもできます。
美白効果も期待できるこの化粧水。

作り方はとても簡単です。
材料はドラッグストアで売られているグリセリンととぎ汁だけです。グリセリンは保湿効果に優れており多くの化粧水に含まれています。
とぎ汁に対し1.5%ほどを目安に混ぜれば完成です。

しかしながらあまり日持ちしないため少量ずつ作り、4,5日で使い切るようにしてください。

お風呂に入れて

全身の保湿にはお米のとぎ汁を湯船に入れて入浴します。
とてもシンプルな美容法ですが、とぎ汁の成分が身体のすみずみまで行き渡りしっとりとしたお肌に。

乾燥による肌荒れにお悩みの方はぜひ試してみてください。

とぎ汁でパック

洗顔のあとはとぎ汁を利用したパックでふっくらモチ肌になりましょう。

とぎ汁パックのやり方

1.お米のとぎ汁を少量コップにとり、冷蔵庫で一晩置きます。

2.コップの中から水分を取り除き、底に溜まったクリーム状の沈殿物を取り出します。

3.普段通りの洗顔をした後このクリーム状のとぎ汁をお肌に伸ばし、5分ほど経ったらぬるま湯でよくすすぎます。

最後に

いつも捨てていたお米のとぎ汁にこんな利用法があったなんて驚きますよね。
わざわざ高い化粧品を購入しなくてもとぎ汁はお米を炊けば必ず手に入るものですから、コスパも抜群です。

お米のとぎ汁を使った美容法、今日から早速試してみたいですね。

関連キーワード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • Pick UP

serenをフォロー